いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
キム・スヒョン'太陽を抱く月'が大切だ、私をひざまずくようにして”
MBC <太陽を抱く月>の強行軍を終えるやいなや休む開くことなく続いた日程に多少疲れるとみられたりしたが依然として年齢よりあどけない顔で明るく笑うキム・スヒョンと向き合って、彼にそのように多くの女心が病んだという事実がなんだか少し現実感なしで感じられることもした。 “~です”と“~である”の間、真剣だが硬直した顔とぶらぶら揺れて自然な身振りの間、キム・スヒョンはその境界に立っていた。

インタビューをする間キム・スヒョンの顔は適切な答えを選んでこれを私の中で精製された文章で表現しようと思う風とそんなことなど関係なく率直に話したい心の間で多少緊張していた。 だが、写真撮影が始まるとすぐに唇をピクピクして首をかしげたりズボンのすそを触ってみる姿がちょっと楽になったように見えた。 “私はちょっと野心家です”と気兼ねなく話していた二十二歳のキム・スヒョンは“会社と熱心に相談してみます”として冗談を言う二十五歳の男になった。 作品の力でなく俳優の力で視聴率を牽引できる、言葉どおりスターになるようにしたフォンを経て彼はどんなものを得てまた、なにかを失ったようにした。 誰にでも当然の成長の結果だ。 すべての成長がそうであるようにその姿がたくさん感心で少し惜しかった。

ss20121212-1.jpg


"太陽を抱く月"で新しい方向性を示すことができる

ものすごく難しくて難しいと思った試験があると仮定してみよう。 それでとても熱心に準備したが実際に受け取った試験用紙が思ったより簡単だったとすれば? 結果的にとにかく試験を亡ぼさなかったし良い成績を受けて称賛を受けたのでなったのか? でなければ何か残念な気がするだろうか? <太陽を抱く月>の最後の回でフォンが笑う姿を見ながらこれがふと気になった。 以前にキム・スヒョンがそうであったように単に子役でなく卓越した解釈と完結性を持つ配役で描き出したヨ・ジングの幼いフォンからバトンを譲り受けて彼が成人フォンで初めて登場した。 彼がとてもたくさん準備したということが分かることができた。 王であると同時に一人の男としてのイフォン。 最も高い席にあるが席に似合った権力は握ることができなかったし、賢く状況を分析するがこれを利用したりひっくり返すにはまだ幼くて剛健なことでできない王。 幼い時期の大きい傷はトラウマになって押さえ付けてそれによって時にはヒステリックで攻撃的面を隠すことができないあまり育たなかった王の稚気が準備されていた。 だが、劇が進行されながらキム・スヒョンのイフォンはますますロマンスの道具で消費されたし彼が準備した色々な顔は十分に示す機会を失った。

“準備をして試験を受けたりするのは以前に入試した記憶が浮び上がるのにその時は別に気持ちは良くなかったようです。 独白も準備して特技も準備して質疑応答こういうものも熱心に準備して行ったが実際に教授様は私を別に心配しておられなかったんですよ。 出てきながら‘ア、はっはと、’このような気持ちでした。 <太陽を抱く月>もドラマが進行される間いろいろな外部的な話が多かったし中間に一週休んだりもしながらちょっと急に終えられた感じもあって突然方向をこちらでねじって流れた感じもありました。 だが、それのために惜しかったと言うことは難しいです。 ‘<太陽を抱く月>のために準備したがここでそれをできなかったよ’という気持ちよりは新しい方向をお見せすることができたからです。 何事実そんなに深刻に考えなかったようです。”

フォンは"蒼天航路"の曹操を参考にした

キム・スヒョンは同じ年頃俳優の間で安定した演技力を認められてきた。 そのような彼にも初めての史劇であり名実共主人公である<太陽を抱く月>のフォンは機会であり挑戦だった。 ファンタジーメロ史劇の中仮想の王。 遥かな先輩たちが先に演技した王ではないので参考できないが比較される危険は少なかった。 だが、原作という避けられない大きな太陽があった。 幸いにもパッと開いた発声、低く落ち着いているが青年らしい清らかさが入り込んでいる声色、そしてささいに見えるが実に一番重要な浮かんで読み取りまで史劇大使の基本が滞貨した彼の初めての台詞は期待以上だった。

“事実はフォンで最初の一言をするまで時間が長くかかりました。 遅れたと考えられるほど。 製作発表会をする時までフォンで一言もしてみられませんでした。 このように時間を多く使いながら悩みもたくさんしてストレスもたくさん受けたが実際に自ら失望するかと思って怖くなることもしましたよ。 ‘まだなのか、まだなのか’といいながらたくさん紛らわしくてちょっと長くかかったが一言いった節始めながら作られたようです。 仮想の王だけに参考にするほどの人物が見られなかったんですよ。 当時SBS <根深い木>が真っ最中放映されていて熱心に見たが、ハン・ソッキュ先輩が出てこられたのではないですか。 見ていればとても吸い込まれていったし、そのおかげでドラマもとてもおもしろくて本当におもしろく見てから思い付く考えが‘私があの演技をできないじゃない’のせました。 あえて真似ることもできなくて出すといってもかまわないのではなくて。 それで原作にだけ集中したりもしていましたが実際に外で表現しなければならない立場なので感じが大いに違いました。 ちょっと広くて果てしなかった時があったがふとマンガ本が一つ浮び上がりました。 <蒼天航路>だと、三国志なのに早朝を主人公で置いて脚色したマンガ本です。 まだ幼くて若い曹操が持っている考え方、政治をする方式のようなものが時には賢くて時には鋭くて時にはあるなしで純粋なフォンの魅力と似ていて力をたくさん受けたようです。”

昔は確かに恐怖感がありました

4年前、あるドラマの製作発表会でとんでもない泣き声が聞こえた。 名が知られたスターが出演することでもなくて注目する人が多くない青少年ドラマだったので、少しはゆったりとしている雰囲気が漂った室内の空気が突然変わった。 当時KBS <ジャングルフィッシュ>ハンチェダ役に初めて主役を演じた二十一才のキム・スヒョンは“15種類バージョン”でも準備してこれを自信ありげに監督様の前で見せてあげて情熱をつくしたけれど本来画面を通じてみた自身の姿がとても情けなくて恥ずかしくて泣いてしまったといった。 事実キム・スヒョンとのインタビューを期待したのは今彼が最も熱い人だからとは違う。 誰より自分自身に苛酷な定規を押しこんだ、“申し訳ありません。 熱心にします”をずっと繰り返して涙声で話したその時その姿が依然として残っているのか気になったためだ。

“<太陽を抱く月>をしてずっと数多くの難関にあたって挫折したりもしたがそのような気持ちがとても久しぶりでした。 特に放送次の日ならモニターをし終えて最も沈うつになりました。 惜しいのがとても多くて。 事実フォンを演技するのは男らしいということを表現できる、私が表現して出すならばものすごい機会じゃないの。 王として人々を心理的に握って置いてしながら一枚、二手遠く前を見通すことができて先輩である大臣たちを操縦して掌握しなければならなかったのにそうするには私が俳優として持っているエネルギーがまだとても不足するとのことを感じました。 かえって私がしょげて受け入れられたこともあって。 以前にどんなキャラクターを表現するためにいろいろなものを考えることができたのはその時は確かにちょっと恐れがなかったようです。 今はそうにできないようだし。 何でも少しわかることになりながらおじけづき始めるでしょう。 その時が他の見方をすればさらに幸せなようだが今はおじけづいただけ窮極的に私がしようとする演技に一歩でもさらに近く行かなかったようでちょっと満たされたり。 何そのおかげで話もできなくてそうしたが。 ストレスをひどくたくさん受けたし撮影する途中このように挫折したのはまた、初めてだととても広くて果てしなかったです。 それでこの作品が大切なようです。 このようにひざまずくようにして。 (笑い)”

人間としてもっと魅力的な人になりたい

<太陽を抱く月>は驚異的な視聴率を記録したが作品の完成度が視聴率と比例したと見るには難しい。 キャスティング論議からとりわけこした撮影現場とストライキによる欠放事態まであれこれ悪材料が重なったがキム・スヒョンがいたので、作品に対する惜しさにも関わらず彼の顔を見るためにドラマを見た視聴者がいた。 作品の欠陥まで目を閉じたくさせる力、これがまさに‘スター’の力だ。 2010年KBS <ドリームハイ>ソンサムドンを通じて十分な可能性を立証したし、いわゆる‘キムスフォン’と呼ばれた<太陽を抱く月>のフォンを通じて彼はいよいよ演技力が占めて残った一方肩にスターという肩章まで甘かった。 これは彼が自身の名前の上に担わなければならない責任がより一層大きくなったという意味でもある。

“まず今は<太陽を抱く月>で受けた宿題をしなければならないようです。 撮影する終始練磨と修練の時間が必要だと考えたし今しなければならないことを分からないのではないから幸いだと考えます。 事実今は実力がどうであれそんなことより人間としてもう少し魅力的な人になりたいです。 どうしても多く敬って下さって高く上がるだけに視野が狭くなることができるでしょう。 私はこの状況を利用してかえって視野を広げられるように最大限多くの作品を見ようとします。 まだ私を振り返ってみる時間が与えられないでずっと走っている状況だが時間になればはやく整理をしてみたいです。 今は私に合う配役や消化できる演技、そのような形で線を引いておかないようにします。 最大限みな飛びかかってみたい心も少しあって。 挑戦者... ハリケーン? ウホホホ”

留まることができる場所を探している中

スターのもう一つの宿命は大衆との適切な距離維持だ。 今後ますます多くの人々がキム・スヒョンを気にするだろう。 ブラウン管とスクリーンの中はもちろんカメラの外の顔まで見たがる人々によって望まない瞬間までも大衆に露出することができる。 皆が一挙手一投足を見守る宮廷の中の王のようにね。 キム・スヒョンが以前に似ていたい俳優と挙げたチャン・グンソクはキム・スヒョンに対して“早くついてこい! 私を追い越して! 刺激されるように”と話した。 チャン・グンソクはいくら多くの目が見守っていても自分自身に率直な姿で生きる道を最優先で置いた。 その姿に対する評価は分かれたが少なくとも彼が興味深い存在であることは明らかだ。 “俳優生活をするにあたって野心がちょっと大きく作用するようだ”と率直に話したキム・スヒョンもそうした点で今後の歩みが気になった。 スターができるだけ謙遜が美徳になるこの国で、過去よりはるかに多くの目が見守る道上に立った彼はどんな覚悟をしているだろうか。

“ウーン..。 事実それをまだ決定をできませんでした。 したいことはあります。 綱渡り! 警戒をよく~ (笑い)まだあることが合って違うことを分からなくて部分は会社と熱心に相談してみます。 (笑い)事実今はキム・スヒョンという人間を明らかにするには少し恥ずかしかったり恐れをなすようです。 演技者だけで知らされている状況が嫌いでなくて。 だが、即座にみなあらわれないでしょうか? そうだな、どうなるのか今はよく分かりません。 今のところは世の中に合わせているようです。 私が留まっていることができる席を探しているところです。”

左利きの巻き毛AB型の私がまだ好きだ

インタビュー途中キム・スヒョンが最も大きく笑い出した瞬間は“以前に‘左利きに巻き毛のAB型’である自身が好きだと話しました。 他の人々と少し違った私が良いということだったが依然としてそうしたのですか?”と尋ねた時であった。 彼は分別がなかった時期の日記帳を発見した時のように恥ずかしい顔で大きく笑うと“はい、好みます。 理由を挙げようとするならまだ自分勝手になので好みます”と答えた。 その笑いにインタビューずっと少しずつ積もった物足りなさの重さが減った。 過去キム・スヒョンはあまり削られなかった原石特有のよどみない魅力があるインタビューであった。 角ばった部分が紙面と会って出すテグルルあるいはがたっとがたっとする軽快な声が予想値できない瞬間聞こえてくる楽しみがあった。 だが<太陽を抱く月>の驚異的な成功以後“私を振り返ってみる時間が与えられるがない”気のためなのか多少硬直した彼の身動きは以前より少し重いように見えた。 境界上に立っているのは美しい。 その危険なことは見る人を手のほどこしようもなく魅惑する。 女心を揺るがした男スターの共通点が年齢と関係なく依然として存在する‘少年性’のように。 ふわりと育った男のからだにあまり育たなかった少年の顔を持ったこの二十五歳の青年に私たちが惑わされたこともやはり彼が境界上に立っているためだ。 “綱渡り”をしたいと話をする彼が今をもう少し楽しんだら良いだろう。 まだもう少し危険なまま未完の不安な歩みで列の上を軽く“自分勝手に”飛び回っても良いという話だ。

[10asia 2012-12-12 10:18] 元記事はこちらから

ss20121212-2.jpg ss20121212-3.jpg ss20121212-4.jpg

ss20121212-5.jpg ss20121212-6.jpg

※正直わたし的にドラマは前半子役パートがMAXで、大人に変わった後演技論難や様々な外的要因加わる中よくあそこまで視聴率を伸ばせたなと。ほんとスヒョンくんのチカラが絶大でした。当初24話を20話に確定、後半4話延長説も出たけれどいまさら不可とか(詳しい過去記事はこちら)、MBCのストライキの影響で一週放送が休みで総集編流したりと(参考記事はこちら)残念な思いをしたし、また原作の萌えエピソードの数々がテレビでは刺激的すぎるからか?(爆)削られたり(参考記事はこちら)、本来ならもっと完成度高められたはずだったんじゃという想いが拭えませんでした。でもこの記事読んで、わたしにとってもドラマ"太陽を抱く月"はやっぱり特別で大切な作品なんだとあらためて気づかされました。子役ちゃんはもちろんスヒョンくんのフォンにドキドキしたり、毎週ちょっとしか映らないウンに萌えた日々の気持ちを思い出したり。

あれから一年、いよいよNHKでの放送近づいたところでこんなこと言うのもなんですが、すでにご覧になった方には、驚異的な視聴率の割りになんだこの程度かと思われる方もいるかもしれない。でもそれでこのドラマを記憶から消してしまう前に描ききれなかった部分を原作から補完してみてはいかがでしょう、印象かなり変わると思われます。また未見の方には1月からの放送を原作を先に読んでから見ると、[原作]カテゴリーの記事、原作との違いを嘆く韓国ファンの気持ちを追体験できるかと。あ~また諦め悪く当時の気持ちがよみがえってきた~なんでウンのエピ削ったんだよう;; 


ドラマに物足りなさを感じた方には↓


 

原作おすすめ~^^
別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
<<CJ E&M、100億台大型ミュージカルドラマ出てくる‘韓国版グリー’ | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | KBSスター芸能PD相次いだ離脱、なぜ?>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。