いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
[2012年放送関係者①]大衆をひきつけた放送3社ドラマ フォーカス
放送関係者最大話題期間は年末授賞式が布陣している12月。 2012年の最後の月を送っている現在の大衆を笑って泣くようにさせた、数多くの人々をひきつけた放送3社ドラマのフォーカスは何か。

◇ KBS '烏鵲橋(オジャッキョ)','棚ぼた','セヨンが'家族劇の大勢

今年の一年KBSドラマは週末劇が最高強勢を成し遂げた。 昨年から始めて今年2月放映終了した'烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟'は最後の放送36.3%(AGBニールセン、全国気分/以下洞である)を記録して有終の美をおさめた。 前作'愛を信じます'もやはり20%後半台の視聴率を記録して大人気をおさめたが旋風的な人気の開始は'烏鵲橋の兄弟'だった。

2011年KBS演技大賞で男女新人演技賞を始め優秀演技賞、作家賞など何と6冠王を記録した'烏鵲橋の兄弟'はその人気を引き続き維持してKBS週末ドラマの旋風的な人気の出口を開いた。

本格的なKBS家族劇大勢を占めたことは'棚ぼたのあなた'(以下棚ぼた)。 いわゆる'シーワールド'を向かったキャリアウーマン チャ・ユンヒ(キム・ナムジュ扮)の孤軍奮闘を描いたこの作品は多少陳腐になる素材を愉快でコミカルに解きほぐして視聴者たちの熱烈な支持を受けた。

特にキャリアウーマンで生きていく女性たちの社会的苦難をつねって家族の愛を描くと同時に個性あふれるキャラクターに各種カメオ出演でコミック要素まで武装したことは家族ドラマというジャンル内'棚ぼた'二種類は最も大きいポイントになった。

その結果'棚ぼた'は9月9日最終回放送を45.3%という視聴率で終えて名実工業が'国民ドラマ'隊列に上って2012年最高のドラマと指折り数えられた。

その後に続いて現在の放映中の'私の娘ソヨン'という劇序盤'ノングルダン'の牙城をつなぐことができないという憂慮を踏んで視聴率上昇の勢いを記録して人気を呼んでいる。

自身を冷遇した娘イ・ソヨン(イ・ボヨン扮)に対するイ・サムジェ(チョン・ホジン扮)の涙ぐましい'父性愛'を描いた家族劇'私の娘ソヨン'という初回19.3%で去る2日32.6%視聴率を記録、2012年KBS週末ドラマの牙城を継続している。

これでKBSは'烏鵲橋の兄弟'-'棚ぼたのあなた'-'私の娘ソヨン'で2012年一年中家族ドラマを平定した。

◇ SBS 'サラリーマン楚漢志'から'ドラマの帝王'まで'ジャンル的新鮮で'

SBSは2012年新鮮で多様な素材を持って視聴者たちを探した。 'サラリーマン楚漢志'から現在の放映作'ドラマの帝王'まで。 いわゆる'明らかなジャンル'に限定されていたドラマに嫌気を感じたような大衆に多少実験的ということができる2012年SBSドラマは新鮮さをプレゼントするのはもちろんで古いドラマの素材を一歩導いたと見られる。

先に1月放送された'サラリーマン楚漢志'は新薬開発を置いて大企業間に広がる暗闘と競争を入れたことで、大韓民国サラリーマンの哀歓と成功を入れると同時に中国歴史小説'楚漢志'中うんざりしなさい末期ハンウとユバンの話を借用して目を引いた。 単純な権力暗闘と主人公の成功ストーリーに終わることができる話を'楚漢志'と構成しながら風変わりな興味を誘発したこと。

2012年ドラマを話しながら省けない作品があると'追跡者THE CHASER'(以下追跡者)。 幼い娘を失ったあるお父さんが真実を暴く過程で巨大な権力と向き合うことになるという映画的ストーリーがブラウン管に移されながら手に汗握る緊張感を誘発した。

特にトップスターないしアイドルが主をなす最近放送界のトレンドを果敢に抜け出してソン・ヒョンジュ、キム・サンジュン、パク・グニョンなど中堅演技者が主軸を成した'追跡者'は硬いストーリーとともに彼らの内面空白が光を放ちながら'名品ドラマ'の派閥を形成した。

そうであるかと思えばインターネットとスマートフォンの大衆化で現代を生きていくこれらに省けない生活の一部になったサイバー世界を素材にした'幽霊'もある。 サイバー世界と人間関係を置いて孤軍奮闘する内容を描いた'幽霊'は推理ジャンルにオンライン世界という素材を加えて視聴者たちの緊張感を誘発して話題に浮び上がったことがある。

また、現在の放映中の月火ドラマ'ドラマの帝王'は大衆が簡単に接するのが難しい放送界、特にドラマ製作会社を背景にしていて'風変わりな素材'の命脈を継続している。

過去ドラマ'オンエア','彼らが生きる世の中'など間接的にドラマ製作に対する内容を入れた作品が存在したがこのようにドラマ製作を置いた暗闘を描いた作品は初めてであるから最近'ドラマの帝王'は明らかな素材に疲れた視聴者たちの心情をなだめる役割をしている。

◇チョジョンソク、イソンミン...'スター養成所' MBC

2012年MBCはとりわけドラマを通じて新しく注目されるスターを作り出した。 キム・スヒョン、チョジョンソク、イソンミンら。

キム・スヒョンは'クリスマスに雪が降りますか','ジャイアンツ'を通した子役出演以後'ドリームハイ'の中ソンサムドン役に主役を演じて視聴者たちにすでに目で存在を知らせた状況。 だが、彼の代表作品は'太陽を抱く月'だ。 彼は'太陽を抱く月'でその年齢帯演技者の間に当然優れた演技力を持ったことを立証して今年最高のスターで君臨することになった。

また'ザキング トゥハーツ'の中チョジョンソクは助演にもかかわらず深い印象を残して視聴者たちをひきつけた。 劇中大尉ウンシギョンを演じた彼はイジェハ(イ・スンギ扮)を補助すると同時に王女イ・ジェシン(イ・ユンジ扮)とロマンスを形成して女心を揺さぶった。 映画'建築学概論'中ナプトゥギ役割ですでに忠武路の耳目を集中させた彼がお目見えした落ち着いている性格のウンシギョンは風変わりな感じをかもし出してチョジョンソクに対するまた他の発見と指折り数えられる。

'ゴールデンタイム'中イソンミンは2012年最高の発見といえる。 彼は'ザキング トゥハーツ'で国王イ・ジェガン役に出演して既存の身近なおじさんイメージを脱離したのを踏み台で'ゴールデンタイム'のチェ・インヒョク教授役を担って全盛期をむかえた。

純朴で整理されなかった外形のチェ・インヒョク教授が持つカリスマとヒューマニズムにこれを消化したイソンミンの内実ある演技力は視聴者たちをホリックシキミョ新たに注目される俳優に選ばれることになった。

そうであるかと思えばMBCは子役俳優を'スター'で作るのに一助となった。 '太陽を抱く月',週末ドラマ'メイクィン',水木ドラマ'会いたい'等を通してヨ・ジング、キム・ユジョン、キム・ソヒョン、パク・ゴンテが大衆的人気を得ることになったこと。

これらは'成人演技者キラー'と呼ばれるほど幼い年齢にもかかわらず優れた演技力を保有した次世代スターだ。 さらに'子役俳優が引き続き演技してはいけないのか'という話を聞くほど。

既存子役俳優が成人演技者が本格的に登場するのに先立ち話の展開を説明する程度の役割に過ぎなかったことに比較すれば途方もない発見に違いない。 今年子役俳優はMBCの多様な作品を通じて名実共'スター'席を横取りしたしドラマ視聴率を引き上げるのに大きい役割をしている。

[ファイナンシャルニュース 2012-12-06 16:33] 元記事はこちらから

ss20121208-1.jpg ss20121208-2.jpg ss20121208-3.jpg

※各局演技大賞楽しみだなあ。
わたし的予想はKBS「棚ぼた」「カクシタル」、SBSはドラマ界のリアルを描く「ドラマの帝王」は希望、MBCはやっぱ「太陽抱月」かなあと、でも「会いたい」ほか「ザキング」もあったか!悩む~(>_<) というわけで年末はテレビにPCスマホを駆使してリアル視聴忙しい!(爆)


あ、五本指はノーコメント・・・
別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
<<‘太陽抱月’キム・スヒョン、ハン・ガイン、キム・ユジョン、日本NHK特集録画 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 年初ドラマは冷や飯? 依然として強い‘太陽抱月’演技大賞抱くか>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。