いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'占い師たち'イ・ジェフンに会う
Things By Looking At Him

済州道の広い自然前でイ・ジェフンは言葉がない。 考えて、'表情'と交感するだけだ。 <建築学概論>のはにかむスンミンのようだった日常の感性を取りはらいてロマン時代の淡々とした旅行者で草原を縫う。 'ただ彼を眺めるばかりで知ることが出来る事実'は一つもない。

雨が降る済州はロマンチックだ。 明け方飛行機に上がったイ・ジェフンがホテルに到着する時までだけでもドラマチックな風景は続いた。 そして二時間後霧が晴れた。 睡眠不足のためなのか疲労が霧のように覆われていた彼の顔は隣の家の弟のような第一印象がかえって身近だった。

この頃彼は2013年に封切りする<怒りの倫理学>と<私のパバロッティ>という二編の映画でそれぞれ昼間と夜が二重的なキャラクターで生きる。 その渦中に<建築学概論>と同じ時期に撮影に入り込んで"スマートな退魔師"ソクヒョンを演じた<占い師たち>の封切りを控えていたりもする。

ss20120910-3.jpeg ss20120910-4.jpeg ss20120910-5.jpeg

ss20120910-6.jpeg ss20120910-7.jpeg ss20120910-8.jpeg

ss20120910-9.jpeg ss20120910-10.jpeg ss20120910-11.jpeg

ss20120910-12.jpeg ss20120910-13.jpeg ss20120910-14.jpeg


済州旅行が初めてではなかったんですよ<建築学概論>撮影の時一日程度留まったこと抜いて旅行で打つならば今回が初めてでした。 カートも乗って銃も撃って釣りもしてア、オルレギルも歩いて。 依然として映画を準備する期間なので部屋にある時はシナリオも見たりしました。

今は歩き回るのが容易でないと思いますが調べてみられる方々には挨拶すれば良いから特別な不便なことは感じられません。 普通かなりうれしく挨拶して下さいますね。 そうした点がお互いにエンドルフィンになるのがでないかと思います。

ジェフン氏だけの‘休息方法’はどうであることですか心は常に旅行を夢見ているが今まではスケジュールが許諾していなかったです。 一二日程度休む時は、劇場に行ったり知人たち会えてお茶も飲んでそうしましょう。 もう少し時間があれば長く歩いて通いたいのが願いです。

ジェフン氏記事はいつも‘クランクイン’便りです。 今でもやはり我を忘れて‘走る’スケジュールだと聞きましたハハ。 そうです。 クランクインの便りが多かったです。

今二つ映画を同時に撮影しています。 <怒りの倫理学>は2回目程度残ったし、ハン・ソッキュ先輩と共にする<私のパバロッティ>は今日9回目までとりましたね。 何か熾烈に生きる感じなんです良い機会がありまた、良い人と作業できる時間が用意されるからです。 大変なことは一ケ所心は依然として切実です。
昼間分けるということはないですか。 言葉を慎むというとしましょうか。 人々に会うのは大切な時間であるから先に話しかけたり表現する時も多いです。 ところで集中しなければならない時間には口数が減ります。 笑って騒いで突然雰囲気とらえて再び撮影して、そのように随時変化するのはよくできません。 前後の流れが私には重要ですね。

‘ある隷従’でターニングポイントする時はどんな心でしたか現実でのくんで数えたテイジは希薄だったが心だけはそうではなかったんですよ。 その小さいくんで数えたテイジにからだを任せなければ生きているという感じを受けるのが難しいと思いました。 それで犯したことでしょう。

‘私は必ず成功するのだ’という確信は…. そうですね、不明だったことのようです。 この前ハン・ソッキュ先輩が“俳優四十から”といわれましたよ。 遥かだという気がしたその時‘ア、イ・ジェフンという俳優がその時を準備できるように瞬間毎献身しなくてはいけない’したかったです。

9月末封切りする映画<占い師たち>の話をしてみましょうか。 この作品を選択した契機があるんですか所属会社で製作した映画なので2年間のプリプロドクション過程を自然に見守ってきました。 ストーリーが興味深かったんですよ。 問題は所属会社作品であるだけに出演すること自体が用心深いということでしたよ。 新訂院監督様が内定して映画の色が捕えられる頃参加したいと積極的に話しました。
ジェフン氏が解釈するのに<占い>はどんな映画でしょうかあまりにも独特のキャラクターが集まっていて見たら人物に対する感想が大きいといわなければならないでしょうか。 私が演技した工学博士出身トェマサ ソキョンはスマートな側面が強い反面悪霊に会った後事件を解決しながら慌てて恐れて、片方ではホ当たりらしい姿をたくさん見えます。 そのように対比される姿がこの映画の面白味ではないだろうか考えます。 ゴーグルや悪霊感知機構(?) 同じ装備が印象的です。

クァク・トフン、キム・スロ、カン・イェウォンなどそうそうたる俳優との作業を通じて感じたエネルギーがあるならば、何ですか<シシリー2km> <チャウ>で見ることができるように監督様の指向とスタイルが明らかにはらんでいて、そこに俳優の意気投合もより増しました。 ひとまず独特なことは明らかです。 そして後続作の可能性を思い出させながらストーリーもやりとりして、構想もしましたし。 もちろん映画がうまくいってこそ可能なことでしょう。 たくさん愛されたらいいですね。

現場でアドリブが乱舞したという噂を聞きましたキム・スロ先輩と共にした履いたことのアドリブの饗宴でした。 あまりにも独特で飛ぶキャラクターであるからアドリブを打つことができる機会や余地が多かったんですよ。 私もさらに多く試みようとしましたし。
ジェフン氏はとても‘パルムジク’してちょっとつまらないと思ったイメージ企画します。 予想しなくボクシングをするんだってひょっとしてファイター気質があることですかボクシングは何かを習うという側面で経験してみたかったことです。 また、後ほどボクシング映画を撮ることになるかも知れないということじゃないの。 俳優との職業が良いことは夢見る瞬間が自由に許されるという点です。 ボクシングのほかその他と書道も習いたいです。 楽器を扱えば人生が豊かになるというので一度してみるつもりですよ。

入隊はいつですか早ければ11月初め、遅くとも今年は渡さないつもりです。 1年前から軍入隊を念頭に置いてスケジュールを合わせてきましたよ。 良い作品に会っただけ未練なしで離れて新しく準備して帰ってくるつもりです。

軍入隊を控えた俳優は主に忘れられないための装置を一つ二つ準備したんですよ。 ジェフン氏は。 そのような意味と私が考える0順位は作品であることのようです。 <怒りの倫理学>と<私のパバロッティ>は私が入隊した後に開封されることだから入隊後にも作品でごあいさつすることができそうだよ。

*詳しい内容はエル本紙9月号を参照して下さい

[elle 2012-09-10 09:55] 元記事はこちらから

※入隊って10月25日確定じゃないのか?まだ日本に来てくれる可能性あったりするのかな~;;

超萌え写真満載(>_<) 時間がないんでQ&Aごっちゃのまま翻訳加工はまた夜に~。
別窓 | [イジェフン]映画関連 | コメント:0 | top↑
<<ヨ・ジング、キム・ソヒョン‘太陽抱月’カップル、‘会いたい’で7ヶ月ぶりにランデブー | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [単独]'太陽抱月'ヨ・ジング、'会いたい'でブラウン管カムバック>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。