いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
俳優キム・ナムギル、ドキュメンタリー映画‘アンサンブル’で生涯初めての製作者挑戦
‘悪い男’で良く知られた俳優キム・ナムギルが今度は映画製作者に変身して目を引く。

所属会社にスタージェイエンターテインメントによれば去る7月14日招集解除以後画報撮影と次期作を検討中だったキム・ナムギルはドキュメンタリー映画‘アンサンブル’の製作者に出た。

キム・ナムギルが製作に参加した‘アンサンブル’は次世代クラシック音楽家の話で音楽を通じて大衆との疎通を成し遂げるために努力してきた過程とその過程でできた現実のジレンマを美しい映像と感動的な演奏で解きほぐしたフェイク ドキュメンタリー映画だ。

所属会社によればキム・ナムギルは偶然な機会に映画のモチーフになったソウル大分党病院のヒーリングコンサートの話とこれらが集まることになった契機、演奏者の一人一人の履歴に接することになったし、この映画を通じてクラシック演奏者らと大衆が疎通の窓が開かれることができたと思ってこれらの話を映画で製作する決心をたてた。

映画は‘アンサンブル’という題名で見えるようにそれぞれ違う楽器を演奏する演奏者と演奏者の間で、また、音楽と音楽の中で、演奏者と聴衆との関係で起きる疎通、それが互いにどのように‘アンサンブル’を成し遂げて行くのかその過程を各演奏者のインタビューと公演実況等を通すと見せてくれる。

製作会社側は“演奏者の表情と音楽、演奏場面などを一つでものがさないために7台のカメラを動員して撮影するなど感動と生々しさをそのまま伝達するために努力した”と伝えた。

キム・ナムギルは“本業は俳優だが俳優としてスクリーンの後現場に立って演出家や製作現場を眺めるのも演技の勉強に多くの役に立つと考える”としながら“今後も機会が与えられるならば製作にずっと参加したい”と伝えた。

一方‘アンサンブル’は来る8月12日から開かれる第8回提川(チェチョン)国際音楽映画祭競争部門に招請されて先公開される予定だ。

[ヘラルド経済 2012-08-02 08:26] 元記事はこちらから

※いよいよマスコミの前に姿を現すのでしょうか~、映画も楽しみ^^
別窓 | [ナムギル]ドラマ・映画記事 | コメント:0 | top↑
<<カムバック キム・ナムギル、映画製作者で12日観客と初めての出会い | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | キム・ナムギル、'朝鮮119'で史劇復帰するか>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。