いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
[ミュージカル‘ラ・カージュ’]イ・ミンホ、ミュージカルを抱いた20才の青春
ミュージカル<ラ・カージュ>はラ・カージュ・オ・フォールを背景に特別な性アイデンティティを持った家族の葛藤を愉快に解きほぐした作品だ。 主人公ジョージとエルビン役ぐらい注目をあびたキャスティングはまさにジャン・ミシェル 2AMイ・チャンミンと<太陽を抱いた月>(MBC)のイ・ミンホがジャン。ミシェル役にミュージカル舞台にデビューする。 ‘歌’だけ歌ったイ・チャンミンは演技を、‘演技’だけしたイ・ミンホは歌を習わなければならなかったので全てのものが新しくて見慣れなかったはず。 これらが玉の汗を流して準備してジャン・ミシェルの歌に耳を傾けてみるならば、いつのまにか涼しい秋が足早になっているかも知れない。

“皆が世子の人になっても良い。 ホ・ヨヌ、君だけ私の人になってくれるならば。”この前放映終了したドラマ<太陽を抱いた月>(MBC,以下<太陽抱月>)で幼い陽明君を演技しながら、イ・ミンホは永らく自身を付いて回った‘鼎排’の影をさっさと振り払ってしまった。 一日シチュエーションコメディ<順風産婦人科>(SBS,1998)の鼎排役に他の人々より早く注目されたので幼い年齢にあふれた負担も侮れなかったはず。 “少しずつそのイメージから抜け出しているところであるようです。

20120710-3.jpg 20120710-4.jpg


<太陽抱月>に出演した以後で鼎排という名前より実名にたくさん呼んでくれられましたよ。 ところで私が見てもまだ子供のような姿が残っていることはします。 前に年を取りながらさらに成熟するでしょう。(笑い)”演技したくなくてしばらくさまよった時期もあったとはいうが彼のフィルモグラフィーには隙間がない。 それだけ誠実に活動してきたという話。 その中に目につく作品がある。 すぐに小学校6学年と中学校1学年の時公演した子供ミュージカルがそれ。 “幼かった時は‘ミュージカルというのはこうしたのね’と味だけ見たもののようです。

だが、まだ観客の拍手の声とその時感じた喜びと感動が生々しいです。 <ラ・カージュ>に出演しながらその時その感動をもう一度感じたいです。”カメラの前でする演技になじんで舞台の上、NGなしで生き生きと繰り広げられる‘野生演技’に適応するのがやさしくはないようだ。 “ドラマや映画は感情をさらに重要に思うようです。 どうしてもカメラが照らす姿が限定されているからからだもたくさん動かないことになりますね。

ところでミュージカルは違います。 観客に感情を‘見せる’演技をしなければならないから体で表現しなければならない部分が多いです。”踊って歌うイ・ミンホだなんて、確かに新しいと思うことではある。 そういえば劇中ジャン・ミシェルは20才. イ・ミンホと同い年だ。 同じ年齢のキャラクターを演技するという点でイ・チャンミン、イ・ドンハ(イ・チャンミンとイ・ドンハ(ミュージカル<ポルリンポイブ> <ギリシャ>)イ・ミンホはバラセル駅のトリプル キャスティングだ)よりもう少し有利でないだろうか。 それなら他の俳優らと差別化されるイ・ミンホだけのジャン・ミシェルはどんな色であろうか? “年齢が同じだから20才の荒っぽい感じのジャン・ミシェルを私が最もよく表現できないでしょうか?”慎ましく笑う彼の顔でジャン・ミシェルに対する愛情と自信が感じられる。

いったいジャン・ミシェルからどんな魅力を感じたのか? “極めて平凡な子供です。 ゲイのご両親の下で育ったという家庭環境が他の人々と少し違うことはします。 人々の先入観に臆することもできるだろうがかえってさらに活発で、男らしくて、堂々としたキャラクターです。”明快で整った返事だ。 どうしてもイ・ミンホはジャン・ミシェルを通じて彼自身が最もよく演技できる地点を発見したようだ。 いくつかの子役俳優が体に当たらない成人キャラクターを演技しながら成長痛を体験したりもするのに反して、かなり賢い選択だ。

“まだ私の年齢と似た役割を受け持ちたいです。 この年の感受性で演技できる青春物やキャンパス物が良いと思います。 そのように少しずつ進んでみるならばいつか観客らも自然に成人演技者イ・ミンホで見て頂けないでしょうか?”もしかしたらドラマ<屋根裏部屋の皇太子>(SBS)のソンマンポ役がその開始だったかもしれない。 丁寧に上手くパクカ(ハン・ジミン)を用意する、キメ細かいながらも男らしい姿は明らかに<太陽抱月>の幼い陽明君で一歩進んだことだった。

“<屋根裏部屋の皇太子>に出演しながら成人演技の世界を少なくとも知ることになったようです。 共に演技する先輩らの老練さも習えたし、何より人間関係維持する方法を習いました。 ドラマ放映終了後でずっと連絡する先輩もいて。”最後にミュージカル舞台上のイ・ミンホを馴染まないみんなのために準備した必殺技があるならば素早く紹介してくれとお願いした。 “たくさん飛び回って、声も張り上げて、駄々をこねる姿もお見せするでしょう。 その間私から見られなかった姿であるから本当に新しいでしょう。 期待と心配が半々でしょうに公演見れば私の魅力にすっかりはまられることと大言壮語します。(笑い)”

彼の次期作を待つファンたちにうれしい便りもう一つ。 すぐに映画<ランニングマン>にキャスティングされたこと。 イ・ミンホは<ラ・カージュ>公演が真っ最中である7月中旬頃<ランニングマン>でシン・ハギュンと父子枝幹でいつも予定だ。 勉強も上手にして、戦いも上手にするそれこそ‘厳親’高校生役だ。 “ジャン・ミシェルとまた他のキャラクターなのでどのように演技するべきか心配です。 ミュージカルや映画撮影、どれ一つに粗雑にしてはいけないから負担もなって。 二匹のウサギみな捉えようとしたが二つとものがせばどうするようで。 体力もたくさん育てなければならないようです。 歯を食いしばってしなければならないですね。 私が好んですることだとどれ一つあきらめたくありません。 それで二匹のウサギ、みなつかむつもりですよ。(笑い)”この程度自信ならば彼の舞台を待つほどの価値がある。

[movieweek 2012-07-06 10:06] 元記事はこちらから

※というわけでラ・カージュ観てこようと! 
ミンホくんシンハギュン氏と親子だなんて大活躍だなあ^^

別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
<<'招集解除'キム・ナムギル、復帰申告式はない"作品で会うこと!" | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | チョン・ジヒョン、胸のぞき見するキム・スヒョンに“そんなに好き?”挑発>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。