いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
キム・ヨンフンって誰? ‘発効家族’から‘カクシタル’まで中古新人
KBS 2TV水木ドラマ‘カクシタル’(脚本ユヒョンミ、演出ユン・ソンシク、チャ・ヨンフン)で俳優キム・ナムギルと似た形で話題になっているキム・ヨンフンが八色鳥演技で視聴者たちの目を引いている。

印象深い演技と多様な変身で一気に注目をひきつけたキム・ヨンフンは今年ですでにデビューして10年目の俳優。 今まで出演した映画20編、ドラマ6編で全部端役で登場して大衆にまだ見慣れないが‘カクシタル’を通じて視聴者たちにはっきりと目で存在を知らせている。

キム・ヨンフンは前作JTBC ‘発効家族’で熱演を広げて好評を受けた。 当時キム・ヨンフンは劇中ソン・イルグクの天敵食品財閥2世オ・ヘジュン役を担って厳親魅力と同時にパク・ジニを片思いして純粋な魅力をお目見えした。

ドラマ‘魔王’、‘復活’のパク・チャノン監督と‘発効家族’を通じて呼吸を合わせて演技力をより一層硬く積んだキム・ヨンフンは‘カクシタル’で180度変身してカリスマある演技を消化した。 彼の演技力は去る4日放送された‘カクシタル’ 11回分で光が発した。

独立軍スパイに出てきて帝国軍幹部、ボッチム長寿(?)、モダンンボーイコンセプトとウェイターまで8色調演技を披露して上手な変装の貴裁可されてブラウン管を縫った。 特にイガンド(チュ・ウォン扮)を暗殺しようとしたが拷問室に引きずられて行って拷問にあう場面は視聴者たちの胸を痛くさせた。 撮影当時キム・ヨンフンとチュ・ウォンの演技に鳥肌が立つほどすごかったという後聞だ。

今回も短い出演だったが立派な演技力に強い印象を残したキム・ヨンフン、彼の次の行動が期待される。

[OSEN 2012-07-05 16:48]  元記事はこちらから

ss20120708-1.jpg

※リアル視聴のときブロックノイズがひどくて判別できずだったけど拷問されてたの彼だったんだ~。ナムギル効果で注目キムヨンフン氏活躍の11話は本日13:55からKBS2で再放送! 今日はちゃんと映るといいなあ(>_<)
別窓 | [ナムギル]その他話題 | コメント:0 | top↑
<<‘秘密男女’‘夜王’、編成どこへ行くか‘秘密男女’漂流…‘夜王’ SBSと決別 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | シン・ソンロク側“公益勤務怠慢芸能人、膨らんだ部分あるが...‘陳謝’”>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。