いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
イ・ジェフンがホルラギ演劇団支援した理由
俳優イ・ジェフンが今年の年末現役入隊する。 特に彼が一般陸軍でないソウル警察庁傘下にあるふえ演劇団(警察庁広報団)で入隊してその理由に関心が集められている。 イ・ジェフンはなぜホルラギ演劇団を選んだのだろうか。

イ・ジェフンの所属会社のサラムエンターテインメント側は20日午後公式ホームページを通じて“こんにちはサラムエンターテインメントです。 イ・ジェフンは今年の末に現役で軍隊を入隊します。 映画‘私のパバロッティ(仮題)’撮影後軍入隊を準備します”と立場を明らかにした。

彼はこれに先立ち軍入隊と関連して昨年‘高地戦’製作報告会と去る3月‘ファッション王’製作発表会などで今年中に現役入隊するという自身の意向を明らかにしたことがある。 だが、彼がホルラギ演劇団に関心があるという発言はしたことがない。 これにより一層彼の歩みに注目が傾くこと。

ホルラギ演劇団は去る2000年5月創立されて年間150回以上障害者および一人暮しの老人慰問公演子供犯罪予防関連公演戦闘・機動警察自らの事故予防公演青少年ミュージカルなどを舞台にあげた警察唯一の公演団体だ。 そして代表的にチョ・スンウとリュ・スヨンが服務した。

イ・ジェフンがこのようなホルラギ演劇団に関心を見せたことは現在そちらに所属している知人の推薦のためだ。 これを通じて彼が志願する意向を明らかにしたし今年前半期にオーディションを払った。 イ・ジェフンにホルラギ演劇団の活動は軍生活をする間演技に対する流れを失わないようにすることができて引き続き舞台に立つことができるという長所がある。

しかも多少遅れた年齢に演技を始めたイ・ジェフンに軍生活を普通の軍人のように銃を撃って歩哨を立つなどの活動でない慰問公演をしながら軍服務ができるという点がホルラギ演劇団を志願することになった最も大きい動機だと見られる。 軍服務期間は21ヶ月で一般兵士と同じだ。

一方イ・ジェフンは現役入隊前最後の作品で昼間には学生だが夜には組織暴力ごろつきでこの中で生活する高校生の話を扱った‘私のパバロッティ’でハン・ソッキュ、カン・ソラとともに呼吸を合わせる。

[TVリポート 2012-06-20 17:27] 元記事はこちらから

ss20120620-2.jpg

※たしかに、演技のカンも失わず経験も積めて言うことなしだ!
願わくば一般人も観られる公演してくれるといいなあ。

別窓 | [イジェフン]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<イ・ジェフン'番人'初回限定版ブルーレイ発売! | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [単独]イ・ジェフン、ホルラギ演劇団で現役入隊>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。