いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'私のパバロッティ'イ・ジェフン'彼女'でカン・ソラ落下点
俳優ハン・ソッキュとイ・ジェフンそしてカン・ソラが音楽映画で共に呼吸を合わせることになった。 複数の忠武路関係者によれば三人の俳優は今年の下半期から撮影に入る映画<私のパバロッティ>に出演することに決めた。

映画<私のパバロッティ>は去る2009年SBS <スターキング>を通じて存在を知らせたキム・ホジュン君の話を素材にした作品だ。 当時キム・ホジュン君は驚くべき歌唱力で'高校生パバロッティ'というニックネームを持っていた人物。 放送を通じて彼を指導した教師と彼が経験した話が知らされながら視聴者たちに感動をもあたえた。

忠武路を代表する俳優ハン・ソッキュが早目に出演を決めたのに続きイ・ジェフンもやはり映画<占いら>に続く次期作で出演を定めた状態であった。 ハン・ソッキュは'高校生パバロッティ'を弟子で引き受けて音楽を教える教師でイ・ジェフンは昼間には音楽が好きな学生だが夜には風俗店に通うごろつきで生活する不良高校生役割を受け持った。

2人の俳優が配役を確定したのに続き俳優カン・ソラがもう一つの求心点になる役割で映画に合流した。 カン・ソラは映画で'高校生パバロッティ'のガールフレンド役を担ったもので知らされた。

映画<私のパバロッティ>は声楽を素材にした教師と不良学生がお互いを理解していく過程を入れた作品だ。 実際の話を引いてきたという点でも大きい魅力がある。 キム・ホジュン君は2009年放送当時校内暴力サークルに加入するほど問題児だったが大腸癌で亡くなったおばあさんの遺言により気を引き締めて声楽に専念することにした事実を伝えることもした。

映画製作は<オー! ブラザーズ> <達磨がソウル支え> <美女はつらくて> <国家代表>等を製作したKMカルチャーが引き受けた。 <私のパバロッティ>は<国家代表>以後キム・ヨンファ監督と決別することになったKMカルチャースが2年余りぶりに出した復帰作品になる展望だ。

[オーマイニュース 2012-06-17 14:21] 元記事はこちらから

ss20120618-1.jpg ss20120618-2.jpg

※昨日の記事だったなんて気づかなかった~(>_<) 
ハンソッキュにサニーでカッコよかったカンソラと共演なんて超楽しみ~、でもまたもというかいまさら高校生役というのが気になりますが(笑)。


決まりかと思いきや続きがあって~
別窓 | [イジェフン]映画関連 | コメント:0 | top↑
<<イ・ジェフン“‘私のパバロッティ’出演確定ではない。。肯定的検討中” | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [単独]TOP、チョ・ソンハ スパイ映画'同窓生'キャスティング…7月初めクランクイン>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。