いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
イ・ジェフンに仕事が良いのか、愛が良いのか尋ねると…
仕事の福が一度まともにさく烈した。 去年受けた各種映画祭新人賞だけ6個。 映画‘番人’と‘高地戦’に続き今年には‘建築学概論’まで3連続ホームランを飛ばした俳優イ・ジェフン(27)。

最近SBSドラマ‘ファッション王’を終えた彼が世界日報本社を訪問してドラマ初めての挑戦に対する所感と近況などを聞かせた。

この頃忠武路と汝矣島で最も上手く行く俳優の中のひとりで選ばれる彼は果たして‘仕事と愛’の中どんなものをさらに重要だと考えるだろうか。 特に‘ファッション王’で愛する女性カヨン(シン・セギョン扮)のために自身の全てのものを捨てて舞い上がれたチョン・ジェヒョクを演技した彼だったので気がかりなことはより一層大きかった。

これと関連してある質問にイ・ジェフンは少しの間のためらいもなく“愛よりは仕事”と答えた。 “事実ドラマのためにこういう質問をたくさん受けた”という彼は“それで一人で考えてみた。 私は現在誰かを好んだり愛に陥った状態ではない”と話した。

引き続き“私は明らかに仕事が優先の人だ。 異性との愛と仕事の中の一つを選択しろと言うなら仕事を選択するだろう”ときっぱり話した。

ところで彼の話には意外な‘反転’が隠されていた。 イ・ジェフンはすぐに“そんな私が仕事を捨ててまで愛することができる女性に会うならばどうだろうか。そのような愛に出会うことも人生において大きな幸せになるようだ”と内心を表わした。

映画‘建築学概論’、ドラマ‘ファッション王’まで休まないで駆け付けた彼は今秋新しい映画‘占いら’の封切りも控えている。 久しぶりに蜜味のような休息を取っている彼は近い将来新しい作品でごあいさつするとしてファンたちに挨拶を伝えた。

[世界日報 2012-06-15 18:03] 元記事はこちらから

ss20120617-12.jpg

※愛より仕事と即答しちゃうイジェフンもステキだけどその反転に超萌え~(爆)。
別窓 | [イジェフン]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<キム・スヒョン映画'隠密に偉大に'チョン・ジェホン監督突然下車 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | チョ・インソンのマスクにパク・ヘイルの目つきを持った新人俳優イ・ジェフン>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。