いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
イ・ジェフン"'ファッション王'は私に幸運の作品でしょう" [インタビュー]
昨年映画'番人'と'高地戦'でスクリーンで猛活躍を広げて新人賞6冠王というタイトルを握ったイ・ジェフンが今年はドラマ'ファッション王'の主演チョン・ジェヒョクでテレビ劇場まで征服した。

劇中ファッショングループ財閥2世チョン・ジェヒョク役割を受け持ったイ・ジェフンは愛とこと二つとものがさないために孤軍奮闘する時では野望があふれて、時には痛ましいキャラクターを成功的に演技して視聴者の挨拶の実績を確かにとった。

最近ソウル江南区、狎鴎亭洞に位置したあるカフェで向き合ったイ・ジェフンはチョン・ジェヒョクの艶がない姿よりは'建築学概論'のやわらかいスンミンの姿に近かった。 彼は'ファッション王'撮影はつらいスケジュールで大変だったが、反面自身をもう少し大衆に知らせた有難い作品だと評価した。

ss20120609-7.jpg ss20120609-8.jpg


-4ヶ月間進行してきた'ファッション王'撮影を終えた所感を聞きたい。

▲初めてミニシリーズ主役を演じた作品だと'ファッション王'撮影はイ・ジェフンという俳優にいて作品の意義が大きくて多くのことを学ぶことができる時間だった。 TVを通じて演技するという自信でも心配した部分らを克服できる時間だった。 映画にさらになじんだのが事実だが、'ファッション王'を通じて視聴者に私の姿を知らせてドラマ呼吸を習うことができる時間だった。

-体力的に非常に大変ではなかったか。

▲それが最も大きい問題であった。 '建築学概論'と'占いら'を共に撮っている時だ。 色々な作品を一緒にすることと心配が多かった。 それでも覚悟はしていた(笑い)。 監督様が多い俳優とスタッフに容易でないことと話した。 睡眠寝ないながら台本も覚えてして成功的に終えることができたようだ。

-チョン・ジェヒョクの魅力は何だと考えるか。

▲成功に対する野心と愛の間で葛藤するという人物というもの自体が魅力的だった。 ジェヒョクの家背景でも生きてきた姿も外形的には魅力だったが、自身のことと愛において葛藤する姿を演技するならばおもしろいことで挑戦したいという考えが大きかった。

-'ファッション王'は視聴率面で大きく成功を収めることができなかった。

▲初めに始めた視聴率と似ているように終えた。 視聴者たちがさらに見られたらもう少し良かったはずなのにそれでも初めに視聴して下さった視聴者が最後まで見守って下さって感謝したし、そこに力を得て最後まで最善を尽くすことができた。

-'ファッション王'は主人公カン・ヨンゴル(ユ・アイン扮)が銃に撃たれて死ぬことで結末を迎えた。 犯人がチョン・ジェヒョクという意見が多い。

▲私が最後に演技した姿ではカン・ヨンゴルを殺すほどのニュアンスや動機がなかった。 結果的にジェヒョクは一路からは失敗した人だが、愛するカヨン(シン・セギョン扮)を最後まで救って私のそばに置いたとのことだけでも感謝しただろう。 ジェヒョクはカヨンが英傑を見たくなかったという話に感動をしたし、本人の人生を補償を受ける感じを受けたようだ。 それでヨンゴルに復讐することにした考えはなかったようだ。 ヨンゴルの死に関する推測を起こしながら開かれた可能性を含んだ設定は悪くないようだ。

-映画撮影をたくさんしてきた。 ドラマに対する負担感はなかったか。

▲私は映画だけする俳優でもなくて初めて演技を始めた時舞台演技から始めた。 以前には連続ドラマを通じてブラウン管に私が出てくる姿を確認したりもした。 私はブラウン管を通じて私の姿を視聴者に紹介してあげたかった。 'ファッション王'を通じて成し遂げることができて私には幸運であるようだ。 映画でもドラマでも片側に偏ればそこで抜け出ることができなくて一本気の行ってなったようだ。 タイミングが良かったようだ。 体力的に大変な過程であったのに結果的に見た時は上手にする選択という気がしたよ。 大きく演技に対して負担がいなかったが、作品に対する負担であるようだ。 視聴者にさらに気楽でなじむ人に近付くように願ったがそうなったら良いようだ。

-チョン・ジェヒョクという人物はお金も多くて結局愛も占めたが、一方では最もかわいそうな人物という評価が多かった。 本人の考えはどうなのか。

▲チョン・ジェヒョクの求愛をイ・カヨンが受け入れない時ジェヒョクとして最も傷になって大変な瞬間でなかったのだろうか? その瞬間が一番哀れに感じられなかったようだ。 4名(イ・ジェフン、ユ・アイン、シン・セギョン、ユリ)の人物全部愛に傷つく瞬間が自身が最もこの世でみすぼらしくて醜かったし哀れだと考えたことだ。

-ユリと中盤まで恋人で呼吸した。 ユリの演技はどうだったか。

▲ユリ自身も正劇演技が初めての挑戦に心配が多かったよ。 その友人が悩んで先輩、同僚俳優にシーンと演技に対してたくさん尋ねて確認したよ。 それが見栄えが良かった。 一緒に演技に対して意見を交わして悩んで見たらその友人に対してたくさん習うことになったよ。 演技に対して経験が多くて少なかった'俳優はたくさん尋ねてそれを通じて悟ることができる瞬間が必要だろう'と感じた。 ユリとともにした瞬間が大切だったし、その友人は今回の作品を通じて他の作品で日進月歩する姿で視聴者に近付くようだ。(笑い)

-'ファッション王'は若者たちの成功ストーリーを入れるよりは正統メロに近かった。 キャラクターに対して理解し難い部分があったか。

▲チョン・ジェヒョクが初めて愛した人物はチェ・アンナ(ユリ扮)という人物だった。 アンナとジェヒョクは互いに愛したが家族らの反対があった。 別れた以後にもジェヒョクはアンナに対する愛と憐憫を持っていた。 また、自身のことのためにアンナが必要だった。 ジェヒョクは自身にいきなり訪ねてきて学校日を解決してくれというカヨンの姿にあきれただろう。 ジェヒョクはこういうものを初めて経験したし、そのようなカヨンの姿が一瞬にして入り込んだようだ。 ずっと思い出したしある瞬間にはヨンゴルという人物とカヨンという人が一緒にいることを見て嫉妬して奪い取りたいという欲望もあった。 結局自身が愛する人はカヨンということをドラマ後半に悟ることになった。

-酒を飲んでカヨンを探して愛すると嗚咽するシーンが記憶に残る。 その時どんな感情が聞いたか。

▲基本的に演技をする時リアリティーがたくさん反映されてそれが現実のように感じられればという風を持っている。 財閥2世というオーラや枠組みが明確にあるつもりだが、その中にチョン・ジェヒョクという人物をもう少しリアルに表現したかった。 その瞬間にも愛に対する表現を格好良くすれば良くないかという判断もあったが、それよりはチョン・ジェヒョクという人物が底まで打ったし、これ以上失うこともない状況まで達したということを表現したかった。 地位を忘却して自身を全て表わした。

-シン・セギョンとユリ、二人とメロラインを広げた。 誰と呼吸が最も適当だったか。

▲私がジェヒョクを演技したが、葛藤ができる状況を感じながら表現した。 アンナとカヨンに対する人物がいても葛藤が大きかったようだ。 選択をできなくなったよ。(笑い)実際に二人の友人も優しくて魅力があれば選択が難しい。 しかしドラマのように本当にそのような状況(二人の女性とメロ)に置かれることになれば本当に良いだろう。(笑い)

-俳優は作品を通じて大衆に近付くことが重要だが、実際イ・ジェフンの姿を心配しているファンも多い。 芸能やショープログラム出演計画はないか。

▲ショーや芸能プログラムで出演提案をたくさんしてくれる。 映画やドラマで配役を受けて演技するのではない私の本来の姿を見せるのを人々が好むか心配もなる。 ところで(芸能出演を)することだ。(笑い)計画をしている。 ファンたちが願えば十分にする意向があって、スケジュールを調整している。 私どもの姿を整えないで率直にお見せしようとする考えている。

-'ファッション王'の主演俳優が大部分同じ年頃だ。 これらとたくさん親しくなる機会があったか。

▲かえってそのような時間はたくさんなかった。 とても忙しく移動しながら撮影をしたし、互いに対面して会う瞬間でなければ連絡したり時間をあけてご飯を食べる余裕もなかった。 それがちょっと惜しかった。 ところが一緒に演技した時間は気楽だったし、邪魔になることがなくて自由だった。 俳優が壁があったりそうしないので本当に良かった。 撮影に入る前に俳優らと作品に対して話もして上手くしようとしながら意志をたくさん確かめたようだ。

-ジェヒョクという人物に対する余韻が残るのか。

▲余韻がたくさん残る。 撮影会場にまた出て行かなければならないような気がする。 撮影終わったと好むのは私のスタイルでない。 撮影はつらかったし、終わることだけを望んだりもしたがまた撮影したら良いという気がしたよ。(笑い)

-どんな修飾語を持った俳優になりたいか。

▲良くて肯定的ならばみな良いようだ。 私の作品を心配していて見るべきだとの気がするようにすることができる俳優になりたい。 熱心にして怠惰にならないで最善を尽くすことが私の持分だと考える。 今後も作品活動を継続して良い作品を選択して演技したい。

[OSEN 2012-06-06 09:14] 元記事はこちらから

ss20120609-9.jpg
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<"イ・ジェフンの可能性に対する賭博、正しかったということを証明しなくちゃ" | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [★インタビュー]イ・ジェフン人気実感"この瞬間、常に夢見てきた"①>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。