いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
イ・ジェフン“デビュー6年目、まだ俳優というタイトルが見慣れなくて恥ずかしい”(インタビュー)
去る2007年短編‘夜は彼らだけの時間’を通じて演技者でデビューした後ずっと端役と独立映画界をのぞき込んで映画‘略奪者ら’ ‘友人の間?’、‘キム・ジョンウク探し’ドラマ‘三人姉妹’の出演で演技力を確かめたし、‘番人’と‘高地戦’そして今年前半期メロ熱風を火高温‘建築学概論’を通じて自身の存在を忠武路に刻印させた。 まさに今年でデビュー6年目迎えた俳優イ・ジェフンの話だ。

このようにスクリーンとブラウン管を縦横無尽猛活躍したイ・ジェフンは最近放映終了したSBSドラマ‘ファッション王’を通じて新しい可能性を伺えた。 まだ‘俳優イ・ジェフン’という言葉が見慣れなくて口の外で取り出すこと恥ずかしいというイ・ジェフン。 彼は“誰にでも俳優とのタイトルを気楽で自然に話せる時までまだ行く道が遠い”と話した。 このように演技に対する情熱だけは誰にも遅れをとらないイ・ジェフンは今後どんな姿で私たちを幸せにするのか期待感が生じる俳優だ。

芸能界関係者たちはイ・ジェフンに対して“演技にあって非常に真剣で、集中度が高い”と評価する。 彼を知っている人ならば全く反論の余地がない評価だ。 遠く‘夜は彼らだけの時間’と‘略奪者ら’から近く‘建築学概論’までイ・ジェフンという俳優の要諦は‘真剣さ’だった。

イ・ジェフンの5年間演技人生を支えるようにした力がそれだけだと考えれば誤算だ。 ‘ファッション王’は単純でない複合多面的なキャラクターを消化できるということを証明した作品だ。 この作品でイ・ジェフンは財閥後継者役を担って、成功に対する欲望と、敵がい心、嫉妬、愛情など多様な感情船を行き来する姿で強烈な印象を植え付けてくれた。

やさしくなかった彼の挑戦に対して少なくない人々は憂慮の視線を送ることもした。 “俳優人生にあって‘ファッション王’は良い経験と楽しい思い出であり、重要なフィルモグラフィーに残りそうです。 俳優イ・ジェフンにいてこの大切な経験が大衆にもう少しなじむように近付けるように大きい役割をしたことのようです”と話すイ・ジェフンの話を聞こうとするなら自ずと頭がうなずくことになった。 ソウル 江南にあるカフェで向き合ったイ・ジェフン。彼の孤独で激しい戦いを終わらせた心情、見えなくても見えた。

ss20120609-2.jpg ss20120609-3.jpg


“4ヶ月間の撮影が終るとしばらくぼんやりしていました。 本当に我を忘れて深く陥って撮影した作品でした。 今でも撮影会場に出て行かなければならないような感じです。 無事にドラマを終えることができて幸いだという考えと疲れて大変な時常に力を培ってくれた俳優らとスタッフらが見たいですね。”

イ・ジェフンが演技した‘ファッション王’のチョン・ジェヒョクは持ちたいものをすべて持ったし、必要なことを手中に入れることができる上位0.1%の人生を生きていく人物だ。 だが、チョン・ジェヒョクは両親の行き過ぎた関心と抑圧で支える所一つなく危険でかわいそうな姿も見える。 この過程で愛と成功を置いて激しい競争を広げる姿など複合多面的な面を見せる。 この過程でイ・ジェフンのむなしい目つきは視聴者たちのかわいそうだということをかもし出したし、敵がい心ぎっしり埋まった表情は憐憫を引き出した。 時には愛らしい表情で女性たちの心を揺さぶった。 彼の多様な表現力はチョン・ジェヒョクというキャラクターを生きて息をするようにさせた。

“複合多面的なチョン・ジェヒョク役を担って悩みもたくさんしたし、表現するのが容易でなかったです。 チョン・ジェヒョクだけに感情起伏の差が大きいキャラクターもないと考えます。 だが、一つ主眼点を置いて努力したことはそれぞれの人物らを相手にするチョン・ジェヒョクの姿が各自みな違うようにあらわれることを願いましたよ。 そうするうちにそのどの作品よりさらに集中しようとしたし、チョン・ジェヒョクを表現しようと思う努力より私中にある実際の感情らを大きく拡張させて演技しました。 私が理解できなければ視聴者たちの共感を引き出せないと考えましたよ。 それで自らたくさん説得して理解しました。 簡単に話して演技しながら私もやはりチョン・ジェヒョクという(のは)人物が‘このように生きてきたのでこういう行動をすることができたんだな’と感じたと見られます。”

ドラマの中でチョン・ジェヒョクはファッションの本拠長米国でブランドをロンチする人物。お金を?気見るという本当にファッションが良くて事業をするキャラクターだ。 そうするうちにチョン・ジェヒョクはドラマ序盤からランウェーモデルが着そうであるファッショナブルな衣装を着て出て目を引いた。 実際にイ・ジェフンはファッションに対する格別な愛情と感覚を表わした。

“実際に今回の作品をしながらファッションに対する視野がたくさん広くなりましたよ。 特に撮影のためにニューヨークに訪問した時は暇が出来次第売り場に行ってファッション トレンドに対して研究しました。 どうしても世相をたくさん反映しなければならなかったためでしょう。 序盤からドラマが終る時まで多様なスタイルの服を着たが、ファッションが好きなキャラクターという認識を大衆に植え付けて植えました。 いつもシンプルながらもビンテージあるスタイルを好んで着たが作品を通じて多様な服をたくさん着ることになり楽しかったんですよ。 普段服も不自由なくなかったスタイルの服を安らかに着て通う姿を見れば周辺でも驚いて私もやはり珍しいです。”

イ・ジェフンは映画‘建築学概論’でスジとときめきいっぱいであるキスシーンをお目見えした。 引き続き‘ファッション王’ではユリとシン・セギョンとひきつづきキスシーンを演出して目を引いた。 このように‘キス福’さく烈したイ・ジェフンは“自分にもこういう日が来るとしたかったんですよ。 感謝するだけで、とても大きい思い出に残ることのようです”と伝えた。

“キスシーンが美しくよく出てくるために監督様がコントロールをたくさんして下さった。 撮る時は明らかに緊張感が入るが多くのスタッフが見守っていると相手方のためにはやく終わらせるのがお互いに良いです。”

イ・ジェフンは先立って映画‘番人’と‘高地戦’を通じて戦慄が感じられるほどの深度深い繊細な演技を披露したという評価を受けて各鐘映画祭新人男優賞6冠王をさらって忠武路の有望株に浮び上がった。 今年前半期には‘建築学概論’を通じて劇場街にメロ熱風を導くこともした。 これによって‘ファッション王’に出演することになったイ・ジェフンに対する大衆の期待はそのどの時より大きかった。 だが、視聴率は期待よりは低かったし、劇序盤硬直した演技力を指摘受けた。 これに対する彼の考えはどうだろうか。

“単純にこのドラマを見なかった方らに”どうだったのですか?“と話すことは大変だと思います。 反面ドラマを見られた方らならば‘ファッション王’が俳優イ・ジェフンにあって良い選択であったし、意義ある経験をしたと考えられることで信じます。 事実複合多面的なチョン・ジェヒョクを演技することに対して悩みをたくさんしましたよ。 大衆的に私をたくさん調べてみて下さるのは霊化する時とは全く違いましたよ。 小学生から年を取って落ち着いていたおじいさん、おばあさんまで私を知っておられてびっくりしました。 これがドラマの力なのかと思って、イ・ジェフンという俳優が大衆になじむように近付くのに大きい役割をしました。”

イ・ジェフンは大衆にどんな俳優と認識されることを願うだろうか。 “人々に多くの愛を受けるのも重要だが私が出演した作品が長らく大事に保管できる価値があったらいいですね。 合わせて大衆が長い間の時間が過ぎて見た時も‘さらにおもしろくて良かった’で評を下ろされたら申し分なく良いでしょう。 このように作品の中で長らく記憶される俳優になればどれくらい楽しくて幸せです。”

最後に彼は今後引き受けたい配役を具体的に言及した。

“まだ演技を始めてさほどならなくてしてみたい配役が無尽蔵です。 それでも最近一番してみたいジャンルを挙げようとするならアクションが加味された諜報スリラーに挑戦してみたいです。 ハハ。”

イ・ジェフンの微笑に映った演技に対する絶え間ない愛情と情熱は前に繰り広げられる彼の舞台に対する期待感を高めた。

[ヘラルド経済 2012-06-06 08:31] 元記事はこちらから

※ファッション王が終わっての取材ラッシュ、しばらくガマンしてましたインタビュー記事怒涛のアップを続けます~。
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<[★インタビュー]イ・ジェフン人気実感"この瞬間、常に夢見てきた"① | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | イ・ジェフン・ハン・ヒョジュ、愛よりも'3'…コ・ヨンウクは?(動画あり)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。