いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ユ・アイン"イ・ジェフンの手に死にたかった" [インタビュー]
俳優ユ・アインは率直だ。 そしてよどみない。 だが無礼でない。 礼儀正しい。 彼を見れば賢いという気がする。 現実的な言葉を解きほぐす過程でも人生にやつれたということよりかえって魅力あるという言葉が飛び出してくるようにさせるユ・アイン。

ドラマ‘ファッション王’カン・ヨンゴルを通じて大衆が隠したかった欲望、そして底辺一つまで全部見せたユ・アイン。 ‘結婚できない男’パク・ヒョンギュ、‘成均館スキャンダル’コロに続き‘ファッション王’カン・ヨンゴルまで。 彼が演技したキャラクターは全部平凡なように平凡でないものなどだった。

6月の開始を南山すそに位置した閑静なところでユ・アインと一緒にした。 続いたインタビューに疲れることもするものの、彼は真剣で愉快に自身の考えを表わした。

ss20120607-3.jpeg


#ユ・アインが話す‘結婚できない男’パク・ヒョンギュ、‘成均館スキャンダル’コロ、‘ファッション王’カン・ヨンゴル

“‘結婚できない男’パク・ヒョンギュは以前にした役に比べて明るくて愉快で平凡な子供であった。 ゆがんで暗くて、日陰にあった役割だけしたユ・アインが今や日の当る場所に出てきたわけだ。 ヒョンギュは普遍的な情緒と外見を持っている。 若くて感覚的だが現実ではお金もなくて成功のために走っていく平凡な青年だった。 だから元気な子供の姿を見せてあげたくて可愛い感じを生かそうと努力した。”

‘結婚できない男’を通じて日の当る場所に上がってきて話すユ・アイン。‘成均館スキャンダル’コロがユ・アインにまた他の折返し点になった。

“コロは漫画の中ファンタジーそのものだ。 女性視聴者たちの幻想を充足させるのに十分な人物だ。コロは原作‘成均館儒者らの毎日’であまりにも人気があった人物だった。 認知度やスター性面で停滞状態を繰り返した私には良い機会であった。 私の中に陥って私を作ることにだけ重点を置いたユ・アインが外側にさらに一歩進んで成長できた配役だった。”

枠にはまったキャラクターを拒否したユ・アイン。 彼はややもすると白馬に乗った王子様キャラクターでだけ記憶されることができたものをコロにユ・アインだけの色をつけた。

“コロは男性的というよりは荒くてやぼったい自然人そのままの姿を現わそうとした。 既存マッチョ キャラクターはよく背が高くてタフガイで代弁されたが、コロは私の自らが多くの変化を与えようとした。 そのままジム・スンナムでないユ・アインが考えるジム・スンナムを表現した。 男らしくて荒くて、その一方で飼い慣らされないような感じ話だ。 それでより良がって下さったようだ。”

純愛的なキャラクターだったものをコロのような魅力的なキャラクターを演技したユ・アイン. だが、彼が次に選択した役は欲望と自己行為に対する不足感で汚された‘ファッション王’カン・ヨンゴルだった。

“ヨンゴルは私が引き受けた役割中最も現実的だ。 コロ以後演技した人物がヨンゴルという点もおもしろいのではないか。 ‘ファッション王’を選択するということにも大きい影響を与えた。 コロとは反対になる人物であるから。 コロがホン壁書に出て社会のために純粋な熱望に走って行ったとすれば、ヨンゴルは多少不純な人物だ。 すごい認識と概念などはなしで、ただお金と成功だけを望んで欲望する。 不運だった過去おかげでさらにゆがんで壊れたキャラクターだ。 直ちに暮らすのが忙しい人物だ。 普通ドラマならば不幸な現実の中でも明るい青年キャラクターに出てきたが、ヨンゴルは違った。 それで良かった。”

ユ・アインはそれなりに自身をヨンゴルと最も似ていたといった。 最も好む人物ではヒョンギュを挙げた。 財閥2世でない平凡な、足長おじさんでない日常の中の姿が良いんだ。

“ヒョンギュ、コロ、そしてカン・ヨンゴル。 三人物の角頂点にはユ・アインがいる。 そのために演技ができたし、俳優ユ・アインで位置づけすることができた。 平凡なヒョンギュが良いならば、ヨンゴルは最も醜い奴だと良い。 醜い子供に注目がさらに行くことのようにね。(笑い)”

#ユ・アイン、ヨンゴルを弁護する。

“ヨンゴルに魅力があるか?(笑い)その部分が本当に難しかった。 カン・ヨンゴルはそれにもかかわらず、魅力的であってこそするから。 事実成功的2進できなかった。 十分に魅力的であることはなかったようだ。 その上に自然で活動的なキャラクターにぴょんと走る面もあるが大衆が好むほどの魅力ではなかった。 代わりにヨンゴルには純粋さがある。 彼がする悪いことらも非常に悪意的で悪いことだけではなかった。 ヨンゴルにはチョン・ジェヒョクが全てのものの基準だった。 成功した男の標本だった。 ジェヒョクのようになりたくてあることというか。”

ヨンゴルの欲望は成功にだけ終わらなかった。 彼は劇序盤にはアンナを望んだし、ますますカヨンに執着した。

“ヨンゴルは愛を分からない子だ。 メロ的な感性で見た時カヨンに対するヨンゴルの心は愛がでないと考える。 愛の感情があったといっても愛だと言えない感情であるようだ。 視聴者たちはヨンゴルがカヨンを置いて押し合いすることをすると感じたというのに、私はそのままヨンゴルがカヨンを愛さなくなってみる。 ヨンゴルはただカヨンを惜しんで守りたかったのだ。”

このようなヨンゴルを演技するためにユ・アインはわずかなこと一つまで気を遣った。 だが、無理に何か作り出してはいない。 呼吸から鼻を顔をややしかめてしたり素早く震える台詞トーンまで。 これら全てのものはヨンゴルと同時にユ・アインでもあった。

“ヨンゴルの場合食べる呼吸で息を吸い込んで台詞を始めたりした。 あごを上げて台詞を言ったりぷつんと吐きだすように話をした。 表情も以前作品らよりははるかに多く使った。 ‘ファッション王’カン・ヨンゴルは節制するより誇張されるように見えるようにした。 基本的には私が持っていることから始まる。 どんなものを拡張して遮断するのかを決めてキャラクターを研究する。 ヨンゴルを通じては私の中のヨンゴルを拡大して見せた。 持っていないことを無理に設定しはしない。 動きも語り口にもだ。 ユ・アインの演技は本物から出発する。”

#ファッション、そしてユ・アイン

ドラマ‘ファッション王’は題名からファッションを素材にしたと話していたが、本来ファッションにあっては多いことらを見せることができなかった。 だが、ユ・アインのファッションは劇序盤、そして中後半でますます見る面白みを増した。

“序盤には若干可愛くて過度におしゃれした感じを与えようとした。 わざわざアイテムらを一つずつ加えた。 ヨンゴルの序盤コンセプトは‘一つたす’であった。(笑い)ニット上にメールパンをして、その中にカラーがあるティーシャツを着た。 ここに指輪もそうでジーンズに派手な靴下でいろいろな所にポイントを与えた。”

東大門で仕事をしたカン・ヨンゴルは劇後半部に行くほどお金を手に握ることになって多くの変化を経た。 人に対する態度も、金を使う方法も、愛する姿でも話だ。 そのようなヨンゴルの姿をユ・アインはファッションを通じて常套的でなく解きほぐした。

“ヨンゴルの成功以後ファッションに対して悩みが多かった。 ヨンゴルは金を儲けたりしたが根本から高級な子ではなかった。 事実初めにはシャツにスーツを着るという要求もあった。 ところで嫌いだったよ。 典型的な成功の姿で代弁されるスーツ姿が嫌いで悩んだ。 そうするうちに派手なTシャツを着始めた。 代わりにジンウンほとんど着なかった。 面パンツにスーツパンツを着てそこにシャツの代わりにカラーが強烈なニットや相談を主にマッチした。”

#ヨンゴルの死

‘ファッション王’最終回でヨンゴルは結局死を迎えた。 ヨンゴルの死を置いて意見が入り乱れていた。 ヨンゴルに銃を向けた人が誰なのかに対して多くの視聴者たちが気がかりなことを表わした。 ユ・アインにヨンゴルに銃を向けた人が誰か尋ねる代わりに、誰に殺されたかったのか個人的な意見を聞いた。

“現実的に見た時ジェヒョクが殺した可能性が大きい。 ヨンゴルはジェヒョクに向かって走って行ったし、ジェヒョクが持ったものらに対して欲望した。ヨンゴルにジェヒョクは欲望の表象だった。 成功とお金、全てのものがヨンゴルにはジェヒョクで代弁された。 そのように見た時ヨンゴルはジェヒョクに殺されるのがより良いのではないか考える。 個人的には他のこれらよりイ・ジェフンに殺されたかった。(笑い)”

[TVデイリー 2012-06-02 17:38:33] 元記事はこちらから

※なんかヨンゴルの片思いって感じ(>_<)
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<イ・ジェフン・ハン・ヒョジュ、愛よりも'3'…コ・ヨンウクは?(動画あり) | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | イ・ジェフン"カン・ヨンゴルを殺した犯人がジェヒョク? そうするわけがない" [インタビュー①]>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。