いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'ファッション王'イ・ジェフンのチョン・ジェヒョクだけ生き残った
俳優イ・ジェフンが'ファッション王'で高い人気を謳歌している。

SBS月火ドラマ‘ファッション王’でイ・カヨン(シン・セギョン扮)を愛するチョン・ジェヒョク役を熱演しているイ・ジェフンに対する関心が熱い。 メインカップルはカン・ヨンゴル(ユ・アイン扮)とイ・カヨンだがチョン・ジェヒョクとイ・カヨンを応援する視聴者たちがさらに多いほどイ・ジェフンに対する支持度は予想を跳び越える。

事実チョン・ジェヒョクは愛されるのが難しいキャラクターだ。 ‘ファッション王’に登場する人物中それなりに最も現実的なキャラクターに選ばれるチョン・ジェヒョクは女主人公の周囲をぐるぐる回って一回ずつ助ける‘室長’ではあったが一ケ所その愛情が盲目的で利己的であり‘チジル’する。

また、チョン・ジェヒョクは前恋人のチェ・アンナ(クォン・ユリ扮)には残忍なことこの上なくて秘書と部下らには自分勝手にこれやお父さんの会長には毎度合って叱られて垂れる。 財閥としての威厳を守ろうと努めるのに仕事が心のように解けなくて毎度苦労してカン・ヨンゴルに当てられて‘形陥る’金持ちの家坊ちゃんだ。

だが、チョン・ジェヒョクはイ・カヨンに向かった粘り強い愛により憎くない妨害者になって視聴者たちに愛されている。 カン・ヨンゴルが主人公だが卑劣な一面が浮び上がって確実でない態度で色々な人を掻き回したために視聴者たちに憎しみを買った反面、チョン・ジェヒョクは本来‘悪い奴’だが‘私の女には暖かい’姿とその心のために父親と周囲環境によって圧迫を受けてかえって視聴者たちの同情をかもし出した。

特に、去る5月15日放送された18回で自身の会社を離れたイ・カヨンのために苦しがって結局酒に酔ってパーティ会場に現れて愛の告白をする場面は‘ファッション王’の数多くの傷を寛大に渡すことができるほど切実でまた切なかった。 17回でチェ・アンナに心より謝ったことと一緒に感情を全て表わす時のチョン・ジェヒョクは素晴らしくはないけれど母性本能を刺激して視聴者たちに感動を与える。

もちろん、チョン・ジェヒョクが愛されることができたのは現実と理想の差と愛に対する欠乏などで内的分裂を体験しているチョン・ジェヒョクを非常に効果的に表現するイ・ジェフンの球だ。 イ・ジェフンは序盤、財閥演技が似合わないとし演技力論議に包まれたこととは違って繊細な感情表現でチョン・ジェヒョク キャラクターに生命を吹き込んでいる。 チョン・ジェヒョクは内面の葛藤をひどく片寄っているように表出するキャラクターとその感情が視聴者たちに伝えられにくいがイ・ジェフンの卓越した解釈でチョン・ジェヒョクの人間的な姿をまともに露出させた。

主人公のカン・ヨンゴル キャラクターが共感を得られなかったので、カン・ヨンゴルの成功を邪魔して愛の障害物として作用するサブ主演に残ることができたチョン・ジェヒョクが‘ファッション王’で視聴者たちの感情的共感を引き出した唯一のキャラクターになったとのことは‘ファッション王’としては深刻な欠陥を証明する恥部でもある。 だが、チョン・ジェヒョクとこれを演技するイ・ジェフンがいなかったとすれば‘ファッション王’は通俗的な面白味まで導くことができなかっただろう。 結局‘ファッション王’の真の勝者はイ・ジェフンであるわけだ。

[2012-05-16 12:12] 元記事はこちらから

ss20120516-3.jpg

※真の勝者はイジェフン! アインミアネ~。
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<面白味探した'愛の雨' 'ファッション王',もう少し奮発して下さい | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [スター変遷史]怪物新人でワンソ俳優で...俳優イ・ジェフン>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。