いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'ファッション王'シン・セギョンは本当にファムファタール? 一人で主要キャラクター勝手気ままに
シン・セギョンが二人の男と1人の女性をもてあそんでいる。

8日放送されたSBS月火ドラマ‘ファッション王’(脚本イ・ソンミ、演出イ・ミョンウ) 16回ではヨンゴル(ユ・アイン扮)とカヨン(シン・セギョン扮)がお互いの心を確認して本当に恋人に新たに出る過程が描かれた。

だが、これらの愛がますます水面上に浮び上がって熟してますます苦痛を受ける人々がいた。 まさにアンナ(クォン・ユリ扮)とジェヒョク(イ・ジェフン扮)だった。

この二人は各々ヨンゴルとカヨンに対する心を徐々に表わしていただけにヨンゴルとカヨンがお互いを考えれば考えるほどみじめな状況に置かれなければならなかったのだ。

この日放送分ではカヨンとヨンゴルのデート場面にひきつづき公開されて視聴者たちの心を温かくさせた一方いつも理性的で堂々としていたアンナとジェヒョクが愛の前に対応無策で幼稚になる姿が入れられて目を引いた。

先にアンナはこれまでヨンゴルが自身を好きだという漠然とした信頼で彼の工場に足を入れたのを後悔し始めた。 ジェヒョクのお母さんにも堂々と対抗した姿は消えて好きな男が違う女を眺めるとすぐに露骨に自身の心を表わす平凡な女性に転落することになったのだ。

また、ジェヒョクもやはり事業問題でなくひたすらイ・カヨンという女一人を占めるためにヨンゴルに拳を振り回す姿を見せた。

しかしイ・カヨンのために動揺する人物はジェヒョクとアンナだけではなかった。 ヨンゴルもやはりカヨンと心を確認しても彼女がずっとジェヒョクの会社に残っているとすぐに感情的に起伏を見せながら公的な席でも不快さをありのまま表わして視聴者たちの目を引いた。

このように劇中カヨンは一人で二人の男の心を盗むのはもちろん1人の女性の人生まで根こそぎひっくり返している。 その上劇の一つの軸で進行しているチョマダム(チャン・ミヒ扮)との戦いにもカヨンが重要な役割を担当している状態だ。

もちろんラブラインが進行されるために劇の女主人公が中心に立つのは必然的な過程だ。 だが、現在のブラウン管にあらわれているイ・カヨンの姿は会社職員がまき散らすようにこの男あの男にひっついて自身の利益を取るファムファタールそれ以上それ以下でもない。

それだけでなくカヨンはすべてのエピソードで発生する葛藤の核心にありながらもいつも解決はヨンゴルとジェヒョクの対決に依存していていっそ体当たりして壊れる悪女キャラクターがより良いという気がするほどだ。

“時代が変わっただけ表現する方式も違わなければならない”というイ・ミョンウPDの話のようにシン・セギョンが引き受けたイ・カヨン キャラクターはほとんど空前絶後なキャラクターだ。 悪意を持たないでこんなにまで他人に深刻な被害をもたらせる女主人公は‘迷惑キャラクター’という名前で表現することも手にあまるほどだ。

一方シン・セギョンが演技するイ・カヨンは去る放送分でJファッションのデザイン チーム長で昇進した。 だが、会社内職員がカヨンの昇進を納得できないように視聴者たちやはり今回の要人に納得をするのは難しい。

果たしてどんなドラマの視聴者たちが苦労した女主人公が常勝疾走をするのに喜ばないだろうか。 それならいったいなぜ視聴者たちはカヨンの昇進を納得できないのだろうか、そしていったい誰がこういう状況の原因を提供したことだろうか。

[TVデイリー 2012-05-09 06:30] 元記事はこちらから

ss20120509-2.jpg

※無意識なのか計算なのか、同性から嫌われるタイプ~(爆)。
ヨンゴルの不意打ちキスにもされるがままのようでいてちゃっかり腕をまわしたり~、ジェヒョクが可哀想(>_<)

別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<‘ファッション王’シン・セギョンに振られたイ・ジェフンがうれしい理由 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ‘太陽抱月’、11月日本NHK放送‘キム・スヒョン、列島も抱くだろうか?’>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。