いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'建築学概論'男俳優ら、スクリーン引き続きテレビ劇場も'受付'
映画'建築学概論'俳優らの歩みが目を引いている。

最近350万を突破してメロ映画の興行歴史をまた書いている映画'建築学概論'に出演した俳優が全く同じ時期にテレビ劇場の視聴者たちを訪ねてきながらその開くがスクリーンからブラウン管まで続いている。 映画の中とは全く違う姿でドラマに登場、彼らの変身が注目されている。

映画でスンミン役を担ったオム・テウンはKBS 2TV水木ドラマ'赤道の男'ですさまじい復讐に燃えているキム・ソンウ役を演じて'反転演技'で強烈な印象を残した。 オム・テウンは焦点ない瞳演技をリアルにお目見えして'神懸かりの瞳孔演技'を広げて視覚障害者の役割を完全に消化しながらオム・テウンの'再発見'という話題を産んだ。 これに映画の興行と一緒にドラマやはり同時間帯視聴率1位を記録してスクリーンとブラウン管を行き来して常勝疾走している。

純真な姿の大学生幼いスンミン役を担ったイ・ジェフンもやはりSBS月火ドラマ'ファッション王'で屈指のファッション企業を運営している財閥2世チョン・ジェヒョク役を通じて180度異なる姿を見せて目を引いている。 艶がなくて冷たいながらも純情男の姿を同時に表現、多彩で繊細な感情演技で多様な色を持った俳優に新たに出る姿で最も注目されている若いスターとして認められている。

また、映画'建築学概論'で主演でないことにもかかわらず、深い印象を残した二人の助演俳優らの姿も目につく。

まずチョジョンソクは劇中幼いスンミンの友人ナプトゥキ役を担ってこくのある演技でその存在感を証明やり遂げた。 最近MBC水木ドラマ'ザ・キングトゥハーツ'でまっすぐで意志の強いエリート陸軍士官学校出身大尉であり王室近衛中隊長ウンシギョン役を担って王室王女ジェシン(イ・ユンジ扮)と甘いロマンスを広げながら女性ファンらの心をとらえている。 映画とドラマでは見慣れない名前だがチョジョンソクは'ヘドゥウィク','スプリングアウェイクニング'などでミュージカル界では'チケットパワー'を発揮するトップスター俳優で現在の忠武路と放送界が同時に注目している浮び上がるスターだ。

幼いスンミンの建築と先輩の'厳親'ジェウク役にダンディーな魅力をお目見えして深い印象を残したユヨンソクはSBS新しい週末ドラマ'おいしい人生'を通じて新しい面目を誇示している。 映画の中でスンミンとソヨン(スジ扮)の間を邪魔する恋敵で登場した反面今回のドラマではフンナム医師チェ・ジェヒョク役を担って劇中スンジュ(ユン・ジョンヒ扮)を片思いする多情としらじらしい姿を兼ね備えた魅力的な男に変身した。 馴染み薄い姿に新人で見られるがユヨンソクは2003年映画'オールドボーイ'でユ・ジテの子役でデビューした自ら専門分野が強い俳優だ。 多数の映画とドラマに出演したし、最近ドラマ'深夜病院'で良い演技を見せて柔軟席やはり'ライジング スター'としての可能性を認められている。

このようにある映画に出演した4名の俳優を同時にTVでも見ることができる異例的な光景はかえって映画'建築学概論'の余韻を継続するようでファンたちは幸せさを禁じえずにいる。 また、ある映画に共に出演した俳優が同時にテレビ劇場に登場しながら映画とドラマ皆を興行させることができたし、俳優らもやはり違う姿を同時にお目見えすることができる機会を通じて多様な姿をお目見えすることができる俳優で可能性を証明やり遂げたのだ。 これは皆が'ウィンウィン'という戦略として作用されながら4名の俳優らの次の行動を期待するようにさせている。

[韓国日報 2012-04-30 12:12] 元記事はこちらから

ss20120501-4.jpg

※みんなしてすごい~。
別窓 | [イジェフン]映画関連 | コメント:0 | top↑
<<納得が行く'建築学概論'破竹の勢いなぜ折れないだろうか? | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 'ファッション王',カタルシスがない>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。