いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
劇場街道お茶の間も熱い雰囲気にした、‘原作’熱風時代!
最近映画やドラマなど分野に関係なしで、‘文学作品’原作に根元を置いて新しく再創造されたり映像化される現象が増えて、文の‘映像化’が熱い熱風の中心に立つことになった。

文学作品に基盤を置いた映像作品が雨後の筍生じるのはいつのまにか映画界と放送界で一つのトレンドで席を占めたし、これは原作と映像作品の間が相互補完というねばっこい橋につながったという事実を立証している。 とりわけこれは原作が映像化される程の価値を持っているという事実を反証していたりもする。

また、文の映像化は原作の硬いストーリーテリングに基盤を置いてその上に俳優と映像美などの色々な付随的な要因らを添加するというために失敗する確率は確かに珍しいという長所を持っている。 原作だけでは作っても‘基本’はするためだ。

先立って映画‘ワンドゥギ’、‘るつぼ’、‘火車’等は上のような方式をそのまま従っていて現在の最高の話題作‘ウンギョ’もまたはでに熱風に結集した。 これらは全部封切り当時‘原作’と共に話題になったし実際に‘原作’の名声と人気、力をたくさん借りることもした。

熱風はテレビ劇場も同じことだ。 チョンウングォル作家の‘成均館儒者の毎日(KBS成均館スキャンダル)’、‘太陽を抱いた月(MBC太陽を抱いた月)’、チェ・ムンジョン作家の‘バカママ(SBSバカママ)’、日本小説家秋元康の‘象の背中(JTBCハッピーエンド)’等原作があるドラマは全部放送もなる前から熱い関心を受けた。 一緒に放送前に原作から探してみることがいつのまにか慣例になったし、映像作品の人気が原作につながるのは頻繁にあることだ。

このように原作が映像作品で作られる瞬間、両者には離そうとしても離すことはできない関係が成立する。 映像化された作品が成功を収めれば原作までその光を放つ。 実際に文は映像より大衆に近付く力が減る。 直接探さなければ大きく知らされることが珍しいから光を放つことができなくて死蔵される場合も数多い。 しかし映像化されたら映画とドラマが興行するほど原作も飛ぶように売れる相関関係を維持することになる。

しかし文の映像化が利益だけ持つのではない。 映像作品より原作を先に接したり、原作に大きな感動を受けた方らに映像化は一種の拒否感を呼び起こしたりもする。 原作に接して想像で構築した場面が実際映像化された時、そこから来る虚しさと物足りなさが明確にあって、実際に映像は想像をついて行くことができないためだ。 また、文が映像化される過程で原作を完璧に脚色したり、完璧に充実できないということがジレンマとして作用したりもする。

しかしこういう憂慮の中でも相変らず熱風が続くのは、副作用よりは興行や完成度面で来る純作用がより一層大きいためだ。 この勢いに乗って文の映像化熱風は持続すると見られて、最近素材の枯渇でますます画一化される映画界と放送界で‘原作’は砂漠のオアシスのような役割として作用されることで展望される。

[2012-04-25 18:12] 元記事はこちらから

ss20120429-11.jpg

※映像化が上手くいこうが失敗しようが原作が汚されることはなく作家には印税、書店には活字離れ解消売上げ倍増で大歓迎というところでしょうが製作側は相当な覚悟が必要。太陽抱月も視聴率では国民ドラマと言われますが客観的に原作と比べてしまうと惜しさは否めず~。それでも隠れた純愛小説をドラマ以上の名作と一般大衆に知らしめた功績は大きいです。早く日本でも発売になあれ^^

コミカライズはどうなったんだろう~。
別窓 | [太陽抱月]原作 | コメント:0 | top↑
<<2012年、なぜ相変らず'王子様'が必要だったんだろう? | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | キム・スヒョン症候群、業界の体感温度は?>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。