いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
キャスティングに死んでキャスティングに生きる…その激しい戦争
※自動翻訳まま帰宅後に加工します~

俳優らに作品は運命とも同じだ。 どんな作品に会うかにより俳優人生が完全に変わる。 今日も市中には数多くのドラマと映画シノプシスが回るが、良い作品を選ぶのは俳優や所属会社に与えられた最も大きい宿題であり任務だ。 蓋を開けられる前までは作品の成否を分からないからキャスティングを囲んで激しい神経戦と表情作戦が広がる。

今年上半期テレビ劇場を強打したドラマ‘年を抱いた月’. 視聴率40%を渡して爆発的な反応を得たが、初めからキャスティングが易しかったことではない。 男主人公イフォン駅に国内男性青春スターの所属会社大部分にシノプシスが入ったが、ジャンルやキャラクターに負担を感じる俳優が多かった。

結局原作小説を注視したキム・スヒョンが所属会社の反対にも出演に固執してイフォン駅を‘争奪’した。

事実このドラマに一番最初にキャスティングされた俳優はムン・グニョンだった。 女主人公ホ・ヨンウ駅の提案を受けたが、民話公州(王女)駅にさらに魅力を感じたと分かった。 放送関係者では“ムン・グニョンが民話公州(王女)役を担う場合、作品の全体的なストーリーや構成の変更が避けられないから製作会社で負担を感じたし、ムン・グニョンの出演が不発になった。”という話が伝えられる。

この頃20代俳優新トロイカ時代を開いたキム・スヒョン、イ・ジェフン、ユ・アインなど三人の俳優のキャスティングにからまったストーリーもおもしろい。 イ・ジェフンが熱演した映画‘固持(告知、高地)前’のシン・イルヨン大尉役にはキム・スヒョンも共に嘱望されたがキム・スヒョンがドラマ‘進呈し’に出演したせいで失敗に終わったし、7月封切りする映画‘泥棒がはいる’はイ・ジェフンにもキャスティング提案が入ったが撮影日程などが合わなくて結局キム・スヒョンが出演することになった。 また‘成均館(ソンギュングァン)スキャンダル’を通じてスターダムに上がったユ・アインは昨年‘公州(王女)の男’と‘年を抱いた月’の男主人公で連続出演提案を受けたが、後続作でまた再び史劇をするのに負担を感じて出演を固辞した。

事実俳優がキャスティング問題において最も悩むのがすぐにキャラクターだ。 この頃は放送会社で青田買い式で人気スターを捉えるために俳優が願うキャラクターに合わせたドラマを提案する場合もあるが、これは少なくない副作用を産む。

最近ある地上波放送会社のドラマは主演俳優キャスティングが不発になりながら編成が取り消しになった。 出演に関心を見せたトップスターC氏がキャラクターとストーリーが気に入らないとし作家に修正に再修正を要求して出演放棄意思を明らかにしたのだ。 キャスティング問題で結局ドラマ編成まで取り消しになったのだ。

相手俳優も作品の出演を決める大きい要素だ。 最近地上波ミニシリーズにキャスティングされたアイドル スターのまた他のC氏は相手役で議論された女優が自身より年上なのに負担を感じて出演を固辞したし、ドラマ復帰を狙った女優L氏は以前に交際した恋人が相手役で嘱望されるとすぐに結局出演をあきらめた。 相手役で特定俳優に固執して出演が失敗に終わる場合もある。

この頃俳優は対戦表まで問い詰めながら同時間帯放映される競争作にも神経を多く使う。 ある地上波放送会社のドラマ局長は“同時間帯どんな作品とつくかを見回しながら表情作戦を広げる俳優や所属会社が多い。”としながら“出演に慎重を期するのは理解するが、演技力に正面突破してみようとする俳優らの努力が惜しいのが事実”と話した。

[ソウル新聞19面4段 2012-04-23 02:33] 元記事はこちらから
別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
<<イ・ジュンギは俳優であろうか? 歌手であろうか? 歌発表する俳優ら | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 3,40代男もたくさん観た'建築学概論'...興行記録また書いた>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。