いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'建築学概論' 300万人..長期興行'ウンギョ'が峠
イ・ヨンジュ監督の'建築学概論'が28日ぶりに300万人を突破した。

19日栄進委映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによれば'建築学概論'は18日3万2698人を動員、301万 3228人を記録した。 先月22日封切りして28日だけだ。

建築学概論'のこのような成果は注目するに値する。

メロ映画はロマンチックコメディとは違って興行上限線が300万人だと挙げられる程興行が難しいジャンルだ。 反復観覧が少ないのみならず季節的な影響もたくさん受ける。 '建築学概論'は劇場オフシーズンの3月に封切りしたのにかかわらず、興行新記録をたてている。 これは'建築学概論'が初恋を描いてみるということ同じメロを入れたためと見える。

'建築学概論'は封切り5週差をむかえて相変らず平日3万人内外観客が探している。 このような傾向ならばメロ映画歴代2位の'君は私の運命'(307万人)を近い将来越えて歴代1位の'私たちの幸せな時間'(313万人)突破が無難なものと見られる。

'建築学概論'は配給を受け持っているロッテエンターテインメントが来る26日'ウンギョ'を配給する時までは現在のスクリーン数をずっと維持すると予想される。 ロッテエンターテインメントは'建築学概論'が着実に観客を集めているから'ウンギョ'とスクリーン数を調節しなければならない幸せな苦悶に陥った。

ただし26日にはハリウッド ブロックバスター'オベンジョス'が封切りするのが変数だ。 全体スクリーンの相当数を占めることが火を見るように明らかなためだ。

果たして'建築学概論'が歴代メロ映画1位に上がった後どこまで興行追求ができるのか見守ることだ。

[スターニュース 2012-04-19 07:05] 元記事はこちらから

ss20120422-2.jpg

※ちょっと前の記事なものですでに歴代1位となりましたが(笑)。
ウンギョはそうはいっても成人映画、今日でちょうど公開から1ヶ月の建築学概論にはまだまだがんばっていただきたく~。ロッテで日本語字幕つけてくれないかな・・・。


ということで洗脳するくらいにこれでもかと建築学記事をアップしたせいで気になっている方もいらっしゃると思われ(爆)あらため予告編を下にしまいます~。今日はお仕事につきあとは夜に~。


メイン予告編


あ、また泣けてきた(>_<)

건축학개론 '기억의 습작' MV '記憶の習作'(キムドンリュル)


多くの方に一日も早く見ていただきたいです~;;
別窓 | [イジェフン]映画関連 | コメント:0 | top↑
<<16部? 20部? でこぼこミニシリーズ、こういうことでは連続ドラマなるところ… | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | "建築学概論"メロ映画新しい歴史...韓国映画2編カンヌ映画祭招請>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。