いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'ファッション王'、演技力というものが爆発した
<ファッション王> 7回SBS月-火夜9時55分

カヨン(シン・セギョン)を見送るジェヒョク(イ・ジェフン)とアンナ(ユリ)を後に従って出たヨンゴル(ユ・アイン)が永遠にアパレルの前で会いながら、<ファッション王>は前により一層複雑にからまる四角関係を予告した。

メロで包装されたこれらの関係に交錯するお互いの視線ぐらい多様な欲望がより増したためだ。 アンナにジェヒョクは愛というよりは“人生の目標”でありヨンゴルはその目標を助けることができる人と同時に変に引かれる男だ。 ヨンゴルにもアンナは一緒にいたい存在だが敵対関係のジェヒョクを揺さぶることができる戦略的武器だ。 また、ジェヒョクにカヨンはお父さんの認められるために必要な手段だが罪悪感を呼び起こす憐憫の対象だ。 出てこなくて近づく英傑に空しさを感じながらもジェヒョクに気を遣うカヨンの感情もやはり単純に愛だと話しにくい程曖昧だ。

愛なのか他の何かわからない4人の男女の複雑な感情はイ・ソンミ-キム・キホ作家の代表作のSBS <バリで起こったこと>でも扱ったことだった。 だが<ファッション王>の君の俳優は<バリで起こったこと>の俳優らとまた他の方式でキャラクターの複雑な感情を消化する。 イ・ジェフンは“能力もないながら熱心にするやつら”を最も嫌いだというお父さんの圧迫、しきりに邪魔になるヨンゴルに対する敵がい心の中でカヨンに対する感情のために紛らわしがるジェヒョクを正確に描き出す。 キャラクターとしてのヨンゴルは成功に執着する理由が不親切に表現されるキャラクターだが、ユ・アインは不安な目つきでみじめな現実と成功に対する欲望の間で揺れるキャラクターを表現する。 シンセギョンは落ち着いて恐れを漬けるがやむを得ずジェヒョクの手を握るカヨンを細かく表現して、ジェヒョクの前で弱気になるアンナを演技するユリの感情船も多様化している。

<ファッション王>が典型的な四角関係メロで始めたがいつのまにか愛のようだ違ったような欲望をいう間、俳優は通俗的な話で繊細な感情らを見つけ出している。 ドラマと俳優全部徐々にスペクトラムを広めていく。 明らかだと思ったこのドラマをこれから見なければならない理由だ。

[10asia 2012-04-10 09:03] 元記事はこちらから

ちっとも繋がらずいまだ7話見られてませんが今日はここまで~;;
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<‘ファッション王’イ・ジェフン、ユ・アイン チジラン男たちいつ頃すばらしくなるか | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ‘フォン病’キム・スヒョン日本攻略始動夏シングル発売>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。