いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'ファッション王',ドラマがキスシーンだけでなるんですか?
キスシーンでドラマ等数を付けることができるならばこのドラマが断然1等であろう。 一回に必ず一度のキスシーンは登場させることに約束でもしたようなドラマ、まさにSBS月火ドラマ'ファッション王'だ。

'ファッション王'は当初ユ・アイン-シン・セギョン-イ・ジェフン-クォン・ユリなどブラウン管とスクリーン、舞台を牛耳る20代青春俳優らの出演で話題になった。 しかし今の'ファッション王'は青春俳優らの若さと美しさを抵当捉えて80年代にでも見るそうなやぼったいメロドラマに浪費しているような感じだ。 70年代を背景にした'光と影'も'ファッション王'のようにやぼったくはない。

もちろん'ファッション王'はハンサムで美しい俳優がいっぱい出てくる柄と色合きれいなドラマであることは確実だ。 しかし劇中人物らの葛藤と愛は60年代ドラマを停滞するようだ。 東大門を背景に若者たちの愛と成功、野望を描くという当初の企画意図はすでに劇中で探せない。 劇中で4人の人物がすることは嫉妬と執着、キスしかない。

特に過度なキスシーン乱発は没入を難しくする。 血気旺盛な若者たちがお互いの愛を確認しようと思う時キスはとても役に立つ道具だが'ファッション王'では激しくてもひどすぎる。

今の'ファッション王'は君の人物の欲望と愛が交差するとても重要な時点に立っている。 ヨンゴル(ユ・アイン扮)はあらゆる事をすべて持ったようだが事実は何もないアンナ(クォン・ユリ扮)に憐憫を感じながらもジェヒョク(イ・ジェフン扮)を押し倒すためにアンナを利用する。 反面カヨン(シン・セギョン扮)にキスするジェヒョクを見て怒りをこらえることができなくてテーブルを壊す。 ジェヒョクもやはりカヨンを自身のために利用しながらもカヨンの境遇に憐憫を感じて、カヨンもやはりヨンゴルが好きだがジェヒョクの好意もやはり拒むことができない。 愛と欲望の交差路に立っている4人の俳優を亡ぼすのは他でもない'ファッション王'のキスシーンだ。

今は逆に俳優らを信じたくなる。 ユ・アイン、シン・セギョン、イ・ジェフン、クォン・ユリ、この4名の俳優はいったい何を見て'ファッション王'を選択したのだろうか。 これらは'ファッション王'を通じて果たして何を見せてあげたいのか。 いわゆる上手く行く20代俳優が'ファッション王'をうらやましがった理由を、'ファッション王'はキスシーンでないまた他の何かで直接証明しなければならない時だ。

[ジョイニュース24 2012-04-10 13:33] 元記事はこちらから

ss20120410-1.jpg

※別にわたしはキス祭りでも構わないけど・・・(爆)。
でもお茶の間で家族と一緒に見るには差し障りがあるかも~とVODやスマホで見たら視聴率には反映しないんですよね(>_<)

別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<‘フォン病’キム・スヒョン日本攻略始動夏シングル発売 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | “芸術があって人生を耐えることができて”>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。