いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
一時イ・ヨンエ精魂を込めた'建築学概論'の9年イバラの道
3月22日封切り後一度もボックスオフィス1位を奪われないでいる映画'建築学概論'(イ・ヨンジュ監督、ミョンフィルム製作)にも間違いなくイバラの道はあった。 一時韓国最高の映画製作会社であったサイダスFNHチャ・スンジェ代表も解くことが出来ない難題がまさに'建築学概論'だった。

7日200万観客を突破したこの興行作は9年間イ・ヨンジュ監督の机引出しでホコリをかぶっていたしミョンフィルムに会ってはじめて封印が解けることになったわけだ。

延世大建築学と出身のイ・ヨンジュ監督は劇中スンミン(オム・テウン)のように卒業後建築設計事務所で3年間勤めた平凡な建築人だった。 だが短い人生、したいことをして生きようという考えに果敢に辞表を投げて映画演出部で第2の人生を生きることになる。 この時、会った人が大学先輩ポン・ジュノ監督だった。

イ・ヨンジュ監督はポン監督の'殺人の思い出'演出部で映画工程と現場の雰囲気を習ったし当時暇が出来る時ごとにシナリオを執筆したがその中一つが'建築学概論'だった。

当時'殺人の思い出'を製作して利用主義格別な筆力を発見したチャ・スンジェ代表は彼に部屋を一つ来週高監督デビューを準備させた。 だが、新人監督に資本とスターはそれほど大きい好感を見せなかった。

当時この映画に最も関心を見せた俳優はイ・ヨンエであった。 イ・ヨンジュ監督とサイダスFNH家族は'イ・ヨンエが本をよく読んだ'といううわさに希望を持って彼女の決定を四六時中待った。 だが、結果は'次に'。 気をおとしたチャ代表も"後ほどまたしてみよう"として建築プロジェクトをたたむことになる。

以後イ・ヨンジュ監督は'ポン・ジュノ演出部は口ボンできない'という忠武路の呪いを勝ち抜いて紆余曲折の末シネワールドで恐怖物'不信地獄'でデビューすることになった。 他のジャンルに比べて相対的に少ない予算が必要とされる恐怖物は新人俳優と監督らの入門コースで脚光を浴びるジャンル。 当時'不信地獄'という題名はポン・ジュノ監督が直接アイディアを提供されてくれたが結果的に興行に役に立たなかった。

'不信地獄'は好評に比べてお客さんが入らなかったしイ・ヨンジュ監督はまた苦難の時間を過ごして'建築学概論'を触ってまた触った。 一時'クォン・サンウがささって投資がなる'という言葉が回ったし、大韓民国トップスター中'建築学概論'を分からない人がないほど回って回った汚れがついたシナリオがまさに'建築'だった。

'建築学概論'はバンテージホールディングス、'GOGO70'の製作会社ポギョンサを経て結局ミョンフィルム シム・ジェミョン代表手で光を見ることになった。 シム・ジェミョン代表は"メロは特に俳優キャスティングが大変なジャンルなのに'建築'も容易ではなかった"としながら"シラノ恋愛操作団で縁を結んだオム・テウン氏がさっさと出演を決めてくれて製作に弾力がつくことができた"と話した。 イ・ジェフン、スジが加勢した2人1役も15年差で広がった主人公らの時差のためにできた設定という説明。

'建築学概論'が歩いてきたイバラの道を思い出させれば監督立場では200万観客も満腹でないだろうが、このように少なくない観客らに良い映画に広く知られるという事実だけでも胸がいっぱいではないだろうか。

[TVリポート 2012-04-07 16:09] 元記事はこちらから

ss20120409-16.jpg

※タイミングってあるんだなあ、たぶんきっと今だからこのキャストだからより響いたんだと思う。タイトルも硬くてわけわからなさが逆にいいし。日本公開の暁には間違っても初恋よなんちゃら~みたいな甘甘邦題がつかないことを祈ります(爆)。
別窓 | [イジェフン]映画関連 | コメント:0 | top↑
<<[放送関係者気象図]子役俳優"私の年ですか? シッ!" | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 国民初恋スジ、ところで97%不足するとは…>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。