いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
[カメオペ記者の紙上ツイッター]映画‘北村方向’でスクリーン カムバックした俳優キム・ウィソン
・ベトナムで事業して帰ってきて・・・今回引き受けた役も前職俳優

俳優キム・ウィソン(45)がまた走る。 来る9月8日開封されるホン・サンス監督の12回目長編<北村方向>を筆頭に。 キム・ウィソンはホン監督のデビュー作<豚が井戸に陥った日>(1996)の主人公。 <北村方向>では‘ベトナムで事業して帰ってきた前職俳優’役を担った。 彼は実際にベトナムで事業をして帰ってきた。 約10年ぶりに。 キム・ウィソンがまた使う出馬表. ‘終る時までは終わりでない!’

キム・ウィソンはソウル大経営学科84年度入学生だ。 1980~90年代演劇俳優出身映画俳優1世代と指折り数えられる。 1987年大学演劇・仮面劇班出身で構成された劇団‘天地淵’を筆頭に‘ハクジョン’ ‘漢陽レパートリー’ ‘漢江’ ‘煙雨舞台’等で活動したし、映画<ママに恋人ができました> <サイの角のように一人で行け> <豚が井戸に陥った日> <どしゃ降り汁> <バリー・ケイト>等で脚光を浴びた。 1997年第2回釜山国際映画祭開幕式司会を担当するなど90年代中後半最高の俳優と指折り数えられた。

ss20120407-7.jpg ss20120407-8.jpg ss20120407-9.jpg


-いつ来られたんですか
-昨年夏に来ました

-離れたのはいつです
-2001年です

-演技が嫌いになったんですか
-そんなことなく俳優としての私に対して懐疑感が聞きました。 もう一歩出ることができなくて、停滞と、かえってできないという考えになって。 それで他の意味のあることをしたかったです。

勉強でも何でも違った道を模索している間知人の紹介でベトナムを探した。 韓流ブームが起きるのを確認、2002年から韓国映画配給業を始めた。

-何便配給したんですか
-<日が西から昇るならば>等三,四編をしました

-成果は
-初めには大丈夫である方であったのにますます版権が高くなって映画市場が予想ぐらい活性化されなくて難しくなりましたよ

-TVドラマもお作りになったが
-ドラマ韓流ブームが起きるのに合わせてTV側に方向を定めましたよ。 韓国こと買ってねじることより最初からその国コンテンツを作ることと。

韓国ドラマが好きな理由など市場調査を先にした。 韓国作家に脚本を任せるなど韓国のドラマ製作ノウハウと現地人材の接続を試みた。 シチュエーションコメディ<愛の花篭>と60分物100部作ドラマ<無二ウン大海>(上手の香り)等をお目見えした。

-<無二ウン大海>はすごかったんですよ
-ベトナムで60分物100部作ドラマは<無二ウン大海>が初めてです。 同時録音、室内スタジオ撮影、ミュージックビデオ スタイルの予告篇なども。 最高の地上波全国放送局HTVで放送、外形的に大きい成功を収めました。 最高視聴率を記録して広告受注実績もかなり高かったんですよ

-後続作は
-<無二ウン大海>の場合、3年間準備して2年間放送したが法的・制度的問題に苦しめられながら後続作は企画段階に中断しました。

代わりに<飛んで>等演劇二編を出した。 演出・製作して出演もしながら全面的にぶつかった。 観客らと直接対面しながら面白味とやりがいを感じた。 だが、外国人という限界と審議など制度的問題に心身が疲れた。 “この努力ならばどこでも何でもできる”という考えにあらゆる事をたたんで帰国行飛行機に乗った。

-ホン・サンス監督と連絡して過ごしたんですか
-いいえ、一度も連絡したことないです。 映画はDVDで漏らさなくて見たが

-<北村方向>出演は
-親友がクォン・ヘヒョです。 ヘヒョと通話するのにホン監督様と酒飲んでいてさらにですね。 その時監督様にまた会ったし冬に一つ入ると言いながら共にしようといいましたがその作品がまさに<北村方向>です。

<北村方向>は映画監督だった‘ソンジュン’と周辺人らの話を描いた。 より一層純化された、一層目立っているホン監督映画だけの面白味と主題を満喫することができる。 キム・ウィソンはベトナムで事業をして帰ってきた前職俳優‘チュンウィン’だ。 ソンジュンがデビュー作以後の映画に自身を書かなかったことに対して空しい感情を吐露する人物だ。 キム・ウィソンはユ・ジュンサン・キム・サンジュン・ソン・ソンミ・キム・ボギョンなどと呼吸を合わせた。

-演技力が全く色あせていなかったんですよ
-ありがとうございます。 久しぶりなのに何日か前に撮ってまた撮るようでした。 10年ぶりに体に当たる服を着た私の姿が良くて、自らに寛容になりながらさらに継続しようという気がしたのです

-何日間撮ったんですか
-<北村方向>撮影は全7回送に終わらせました。 私は3度出て行ったし。 現場が暖かかったです。 お母さんの中のように

-準備をたくさんしたんですか
-いいえ、壊れた状態でなければならなくて今より5~6㎏さらに太った姿そのまま出て行きました。 監督様は現場で即発性を重要に思って何かを準備するのを望みません。 台詞も現場で与えてよ。

キム・ウィソンは自身の去る人生に対して“チャプターがある人生”としながら“もう少し良い私、私でない私を探した”となってついた。 実際に彼は熱心に勉強してソウル大に入学した後演劇部を経て劇団に入団、格別な人生を営んだ。 チョン・ジニョンと共に2人劇<トンパリの夢>を全国の工場・学校を巡回して1年の間公演するなど文化運動に先に立って、ストライキ現場を通って、映画俳優で名をはせた後外国で事業家に変身してまた戻ったのだ。

-今後の計画は
-去る4月お父様が亡くなりました。 臨終一日前に私に“おもしろく生きろ”としたのです。 その時より一層確かめました。 演技を継続すると。 それでからだも鍛えて一人で演技練習をしながら絵も描いています

-絵ですか
-アマチュアです。 観念を投影しながら固定観念を捨てるのに良いですよ

-この頃の韓国映画を診断するならば
-<追撃者>等若い監督ら力量がすごいです。 ホン監督映画は何でもしながら楽しみたくて、ポン・ジュノ・チョン・ジュナン…監督映画に必ず参加したいです。

キム・ウィソンは“上手にできる役割を受け持って混信を燃やしたい”と力説した。 “年を取っただけ視野が広くなって、生きてきた人生が溶け込んだ演技を上手にできるという自信が入る”としながら“新人の姿勢で忠実に熱心にする”と念を押した。

‘豚が井戸…’推薦・・・ソン・ガンホ映画デビューさせて

キム・ウィソンは俳優ソン・ガンホを発見した俳優だ。 ソン・ガンホの映画デビュー作は<豚が井戸に陥った日>。 劇団‘煙雨舞台’時期キム・ウィソンがホン・サンス監督に推薦、三流小説家‘ヒョソプ’(キム・ウィソン)の友人で出演した。 キム・ウィソンは“強豪の人生には大きい意味がないこと”としながら“大きい俳優になることと確信したし実際にそうなってうれしい”と明らかにした。

[スポーツ京郷 2011-08-21 22:26] 元記事はこちらから

ss20120407-10.jpg

※わあ、すごい方だったんですね~。
映画タイトルとお名前では関連記事が出てこなかったのが意外。映画の中で先生こそ春風のような、穏やかな存在感で3シーンくらいのわずかな登場ですがすごく印象に残ってます。出演エピソード知りたいなあ。
別窓 | [イジェフン]映画関連 | コメント:0 | top↑
<<'ファッション王' OST '最高の愛',中毒性強いメロディで人気集め (MVあり) | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | '建築学概論'イ・ヨンジュ監督"8年前封切りしたら…" (インタビュー②)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。