いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'建築学概論'イ・ヨンジュ監督"8年前封切りしたら…" (インタビュー②)
映画'不信地獄'(2009)に続き先月22日封切りした'建築学概論'で興行監督に名前をあげたイ・ヨンジュ監督。 彼の映画'建築学概論'が今春メロで劇場街をぎゅっとつかんでいる。

'建築学概論'はイ・ヨンジュ監督が去る2003年'殺人の思い出'演出部を終わらせた後その年草稿を脱稿した作品で、映画化されて観客らにお目見えするまで10年余りの時間がかかった。

長い時間の間製作に難航していたがベールを脱いだ映画に対する評壇と観客らの反応は熱い。 封切り2週差週末160万観客を突破して3~4月劇場街興行の先頭に立っていること。

イ・ヨンジュ監督は"私は映画を撮ったこと自体で感謝する。 シナリオもとても永らく捕まえていたし、製作が大変なこととあきらめたこともあった。 色々な面で脆弱なジャンルでもある。 ミョンフィルム(製作会社)に入ってきてキャスティングになった後製作することになって最もうれしかった。 撮りながらその次に何かがあるならばみなおまけではないかそのように考えた"と明らかにした。

彼が話したおまけは予想外で大きい。 '建築学概論'が観客らの胸一方に席を占めた初恋に対する思い出を呼び覚まして大きな愛を受けていること。 特にこのような現象は映画の中に登場するポケベル、CDプレーヤーなどを使った20代後半~30代観客らに目立っている。

イ・ヨンジュ監督は"30代を狙って企画した話ではなかった。 90年代に私も学生だった。 企画自体はだいぶ自然だった"として"私が2003年に草稿を書いた。 もし2004年に製作したとすれば、今から約8年前封切りしたとすれば、その時は受け入れられなかったのだろうか? 気になる"と話した。

引き続き"興行ということは色々な変数が合わされてなるから何と話をすることができないが話の真正性は相変わらずだったと思う。 今も草稿を書く時や、心がけが変わらなかった"と付け加えた。

10年余り前草稿が書かれた'建築学概論'は今もそうだが当時初恋と建築を編み出したという点で新鮮に近づく。 ここに暖かいながらも淡泊に描かれる主人公らの愛の物語と郷愁を刺激する素材などは観客らのうわさが立って好評受けている。 こういう興行気勢に力づけられて今春メロ映画の興行神話を書くのか成り行きが注目される。

[マイデイリー 2012-04-03 09:24] 元記事はこちらから

ss20120407-6.jpg

※初恋への郷愁はいつの時代誰もが持つ共通項ではありますが、少なくとも2004年に製作されたとしたらイジェフンのスンミンはありえなかったわけでこのヒットも今だから成された運命なのでしょう^^
別窓 | [イジェフン]映画関連 | コメント:0 | top↑
<<[カメオペ記者の紙上ツイッター]映画‘北村方向’でスクリーン カムバックした俳優キム・ウィソン | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | '建築学概論'イ・ヨンジュ監督"スジは感動だった" (インタビュー①)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。