いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
復古‘愛の雨’、先端‘ファッション王’を越えることができる唯一の方法
[ブログと]チャイミのベッドストーリー

ユ・アインとシン・セギョン主演の<ファッション王>が先週始まりました。 初めての週は好評よりは惜しい部分らに対する指摘が多かったという点で一歩遅れて始める<愛の雨>には機会で近づきます。 70年代と現在を行き来する感性で愛の物語を解いていくこのドラマが成功するための方法はただ一つです。

チャン・グンソクとユナを前面に出した愛の雨は、冬のソナタを越えるだろうか?

<冬のソナタ>の作家と監督が会って<愛の雨>を作るという事実は興味深いです。 もちろん国内よりは日本ファンたちにより一層劇的に近づく理由は日本で大成功をおさめた話の力と共に主人公らに対する好感のためだろう。 日本市場で最も注目されている韓流スターチャン・グンソクと少女時代のユナが登場するドラマという点だけでもすでにすごい話題になっているという話です。

3月季節の変化とともに新しいドラマがあふれ出て視聴者たちの心をときめかせています。 水木ドラマが強力なマッチアップでドキドキするようにするともう月火ドラマにも若い美男俳優らの対立構図で視聴者たちのチャンネル選択権をかろうじてするという点で楽しい悩みが増えるようです。 多様な俳優らと話で正面対決を辞さない彼らの中果たして最後に笑う者が誰になるか気になります。


先週先立って始まった<ファッション王>はファッションという先端のトレンドとともにユ・アイン、シン・セギョン、イ・ジェフンとユリの強大なラインナップを前面に押し出して勢力伸ばしに出ました。 東大門贋物デザイナーが最高のデザイナーになる過程を描いているこのドラマは興味深いです。 問題は初めての週あらわれた問題が意外に大きくて視聴者たちには多くの叱責を受けたという点です。 早い展開は良かったが粗雑な話構造は惜しく近づくほかはありませんでした。 初めての週視聴者たちの心を完全にひきつけたとすれば一歩遅れて始める<愛の雨>にはとても力に余った物事になることもできました。

<ファッション王>が意外に振るわない状況に置かれて、一週遅く始める<愛の雨>は有利な高地で対決できるという点でかえって良い機会をつかんだと見られるようです。 <ファッション王>に失望したこれらのチャンネル選択権は新しく始める<愛の雨>へ向かう可能性が高いためです。 出演俳優がいくら良くても話が魅力的でなかったり粗雑ならば忠誠をつくす視聴者たちが少なくなったという点で結局成否は話の面白味にあるとみることができるでしょう。

問題は<愛の雨>もやはりその判断基準から自由でないという点です。 <冬のソナタ>の作家と監督が会って日本市場のためのドラマを作るという点は弱点であり長所で近づくしかありません。 ユン・ソクホ ディレクター作品に貫く話とイメージが果たしてまた視聴者たちの愛を受けるかは未知数です。 明らかに彼に長所が多いことは事実だが<冬のソナタ>が国内よりは日本で大きな愛を受けたし他の作品らの場合、国内外で大きい反響を起こすことができなかったという点でこの作品やはり期待班憂慮班にならざるをえません。 このような点ではオ・スヨン作家もやはり別段違いません。 二人で会って最高の価値を作り出すという点で二人共に作品を作るという点は興味深いがそれだけ弱点を露出しているという点で不安です。

ご両親世代であった70年代と子供世代の現在を行き来する話は時代を貫く運命的な愛がどれくらい洗練されて感覚的に描かれるかが核心です。 ややもするとかたくなで陳腐な話構造と形式につながるならば視聴者たちの心をとらえることができないからです。 最近ドラマがトレンディながらも物語の力をよく導いて洗練された面白味を満喫するようにするという点で<愛の雨>が視聴者たちの心をとらえることができる力を見せるのか気がかりです。

蓋を開けられなかった状況で期待できる部分はやはり出演俳優らの力だろう。 チャン・グンソクとユナという存在が登場するという点はとても長所になるほかはありません。 チャン・グンソクという絶対強者と男性ファンたちの絶対的支持を受けているユナが出演するという点だけでも十分に魅力的な作品です。 より一層日本市場で絶対的強力な点を持っている組合せという点でも多くの期待をさせます。

チャン・グンソクは<メリは外泊中>以後2年ぶりにドラマ出演をするという点でこの作品に対する期待や負担が大きいようです。 より一層日本での高い認知度とともにそれに符合する成果を出さなければならないという点でやさしい選択や進行ではなかったことという気がします。 ユナとしては2009年<シンデレラマン>以後3年ぶりとかより一層負担感を感じるしかないようです。

チャン・グンソクとユナが1人2役をしているという点で彼らの演技力と呼吸はとても重要なほかにはありません。 二人の縁が丈夫に続いて運命のような愛を濃く表わしてくれなければならないという点で彼らの演技力がどれくらい視聴者たちの胸を揺さぶれるかがカギです。 話の枠組みや形式に大きい変化はないことという点でその愛という感情をこの2人の俳優がどれくらい魅力的に作り出せるかが気がかりです。

最近開封されて大きい人気を得ている<建築学概論>が過去と現在を行き来して初めての愛に対する話を表わして大きい好評を受けているという点も<愛の雨>には得と実に近寄るようです。 同一ではないけれど類似の感情線を継続するという点で視聴者たちには好評で近づくことができるだろうが比較対象が存在するという点では弱点として作用することもできるためです。

復古と現代的感覚をあまねく渉猟して愛という単純な話を興味深く導いていかなければならない<愛の雨>は決して容易ではない作業です。 その作業がどれくらい興味深くてこくのある話の力につながれるかがカギである方法以外にはありません。 既存の少しは陳腐なようなユン・ソクホ監督のスタイルがまた陳腐なことで近づくならば視聴者たちはまた<ファッション王>’で背を向けるしかないという話です。

映画を夢見た幼い時の分別がない非常に楽しいということが現実ではどれくらい力に余ることで近づくのか一生懸命体験して生きていくdramastory2.tistory.comを運営するブロガーです。
引き伸ばしたテープのようにつまらなく文を書く'チャイミ'という名前とは違って愉快な文を書くことを通じて多様な疎通が可能なように努力中です。

[メディアス 2012-03-26 12:10:47] 元記事はこちらから
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<‘建築学概論’オム・テウン捉えたイ・ジェフン逆襲、純真男より魅力的な理由 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 初恋'建築学概論'-'愛の雨',妙に似ていたよ>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。