いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ポン・テギュ、"20代に痛く感じる程後悔したから私がいる"
[インタビュー]'20代のトンネル'...そんなに良いことではないがそんなに悪いことだけでもなくて

カート・コバーンの話が切実に近づいた。 人生の最後の舞台で"私を愛すると話してくれ"として絶叫に近く叫んだ舞台の上のコバーンの姿に共に涙流したという彼であった。 カート・コバーンその表情が彼の顔のどこかに隠されていた。

江南のあるカフェで会ったポン・テギュにすぐ安否を渡した。 安否だがその間映画とドラマ皆で活動がまばらだったのにに対する問いも付け加えたところ。 重いこともある質問に"意味深い時間だった"と答えた。 その短い返事には多くの考えと悩み29の跡が含んでいるようにした。

ss20120325-10.jpg ss20120325-11.jpg


"28、29までは我を忘れて駆け付けた時間でした。 適切なタイミングに休むことになったことでしょう。 かえって私よりは私の周囲の方が'大丈夫なのか'と度々尋ねられると私もこんがらかりましたよ。 私は大丈夫なのか?"

映画<青春クラブ>はポン・テギュそのままの姿が濃厚に溶けていると見ることができた。 なので29青春らの成長痛に対する映画は当時30だったポン・テギュの一部とも同じだったのだ。

夢と現実での葛藤...分かるのでさらに痛かった

映画は2010年製作された以後封切りするまで2年がかかった。 その間ポン・テギュにも変化があったのでいつからか演劇とミュージカルにまい進していたのだ。 その間自身に重ねてかぶせられていた固定されたイメージを脱離したい考えがあった。 ここに個人的な痛みも体験した。 父親の死亡と腰負傷の再発だった。

2年というのは時間を逆に回してみる感じではなかっただろうか。 当時年齢30、今はいつのまにか20代のトンネルを過ぎたが映画の中で彼が演技した人物の'ヒップホップくんで'ソチャンデのようにポン・テギュもやはり成長痛を体験しているようだった。

"俳優としての夢があって現実はまた違って、夢があれば幸せなことのようだが現実は厳しいですね。 夢と現実の中で何を追うべきか悩むでしょう。 なぜか妥協すれば負けるようだし夢を紫泥漠然として結局選択の問題だが現実的な選択をしようとすれば未練のために夢を捨てることができないのではないか考えました。 ところでその時期を体験してみるとどちらか一方も重要ではなかったんですよ。 すでに心では夢が重要だと結論を出しておいて現実と向き合うと大変なことでしょう。

いっそ20代は恐れでもないでしょう。 30代には何か中途半端に知ってさらに恐ろしいようです。 分別がつかなければなければならないと考えるのは社会化されながらできた錯覚でないかという考えもしました。 '私はもう皆知っている'これが危険だということを知りましたよ。"

これ以上決めつけないで判断しないことにしたんだ。 彼の表現の通りならば'疲れる20代'であった。 そして彼は後悔するといった。 20代の時行き過ぎてきた仕事に対しての話だ。 "それで30代があるでしょう"自責と悩みの時間を過ごした後できる言葉だった。 20代の長いトンネルをそっくり過ぎた以後ポン・テギュの確約は'最後まで気にすること'であった。

"何10年生きた夫婦も性格の相違で分かれてするのに最後まで気しなければなりません。 これから何の仕事をすることになろうがそれが一番重要だと考えます。 この程度なら皆知る? どのようにそうします。 何10年をしても把握さえならないのがおびただしいんだけど。

今ですか? 以前より良くはないけれど悪くもありません。 過去に私だけができたキャラクターがあったとすれば今は違います。 成長痛を体験しているようです。 多分他の子役俳優出身方々もそうするでしょう。 人々認識に子役俳優というイメージがありそこに閉じ込められていて病気の乞食ではないかと考えます。"

自然人ポン・テギュ、俳優ポン・テギュが遠くなかったら...

散歩しながら考えを整理すること、酒でなくお茶飲むこと。 ポン・テギュが普段好むものなどだった。 映画は本当に気楽な時に見るんです。 ある瞬間自身も知らないうちに分析をすることになると。 それでそれよりはドキュメンタリーが好きなのだ。 '愛','同行' '30才' '既存の市場'このような主題を食い込むドキュメンタリーでインスピレーションを得ると言っていたポン・テギュであった。

人と人生に対する関心は彼の豊富な感性的気質から出る方だった。 俳優の生活を送る前ポン・テギュは絵に対する夢を持っていた少年だった。 普段にも練習場に自身の感性を描くことで放ったりするという彼は今まで最も後悔した瞬間で美術をあきらめた高等学校3学年時期をついた。

"高3の時に腕が折れてあきらめたんです。 ご存知だがそれで俳優をすることになりました。 それをあきらめないでその時いっそ俳優仕事をしながらも最後まで美術に対する欲を置かずに大学に望むクァを入ることをする考えます。 十分にすることができたはずなのに... とてもはやく勝負を出したことでないのかと思うんです。"

当時の選択に対する学習であったか。 俳優としてこれから盛んにいろいろなキャラクターをしたい時なのにポン・テギュは特別な計画はないとし淡々と話した。

"かえって性急になりましたよ。 いろいろな状況と時期が合致するべきだとすることができるものなどでしょう。 与えられる作品に最善を尽くしたいです。 俳優として計画よりも私は自然人ポン・テギュと俳優ポン・テギュと距離感が遠くなかったらいいですね。 20代の時はそのギャップがとても遠くて逃して行くのがとても多かったです。

そのギャップを狭めてもう少し日常的に生きたいです。 どんな計画にしばられなくなるつもりですよ。 '30代に考えるものなど','30代に享受したいものなど'こうしたのがどんな地点らを定めておくこと同じだが計画のとおりならなければ受け入れるのが難しくなると大きく開いておいて生きたいです。"

[オーマイニュース 2012-03-21 10:51] 元記事はこちらから

ss20120325-12.jpg ss20120325-13.jpg

※ポンテギュくん話題は本室でちょこちょこ取り上げてたんですが(こちら)さきほどのイヨンフン氏繋がりでこちらにアップ~。ジフニも30代、みんな学び多くあれ!

イウンちゃんとはどうなんかな。。。
別窓 | その他の話題 | コメント:0 | top↑
<<チョンテス、ハ・ジウォンとセルカ公開"やはり優越兄弟姉妹" | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | イ・ヨンフン"男男ベッドシーンはやさしかったが、女優とは…"(インタビュー)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。