いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
キム・ウンス、"'太陽抱月'ポギョン キャラクター不満ある" [インタビュー]
俳優キム・ウンスがドラマ'太陽を抱いた月'中の娘ポギョン キャラクターに対して惜しい点を打ち明けた。

去る15日鐘訪韓MBCドラマ'太陽を抱いた月'(脚本チン・スワン、演出キム・ドフン)で権力に向かった疾走を止めなくて王イフォン(キム・スヒョン)と対立点をたてたユンデヒョン役のキム・ウンスは"ポギョンのキャラクターには不満がある"と話し始めた。

ss20120323-7.jpeg ss20120323-8.jpg


劇中ポギョン(キム・ミンソ)はお父さんユンデヒョンにより野心家で育って世子嬪の席まで占めるが、王イフォンの愛を得るのについに失敗してお父さんユンデヒョンからも捨てられる悲運の人物で自殺で命を終えた。

キム・ウンスは"ポギョンは幼い時からとても常勝疾走してかわいそうに下落する人物だ。 ポギョンが墜落する落差がどこか、なぜそうなったのか視聴者に'突然'近付くのが必要だったが、弱かった"という考えを伝えた。

引き続きキム・ウンスは"ポギョンはヨヌ(ハン・ガイン)が帰ってきたのを知ることになった後怒って精神疾患を病む形と表現されたよ。 だが、ポギョンは中殿だから内面で漬けるべきであった。 また、そのようなことが起こるほど人々はさらに冷静になる。ヨヌが帰ってきたのを分かった? それでは直ちにヨヌに会うべきではなかったのだろうか"と付け加えた。

ポギョンのキャラクターが嬌態前で恐れを感じて狂っていくのでなく、中殿としてどのように対応するのか考えて、悩んでいなければならないということ。

また、キム・ウンスは"イフォン(キム・スヒョン)はヨヌに再会した時も事実はポギョンを訪ねて行くべきだった。 ところでイフォンは中殿ポギョンを少しも念頭に置かないで簡単に捨てた。 ユンデヒョンの餌のためだと? 説得力が全くない"と話した。

キム・ウンスはポギョンが自殺で生を終わらせたことに対しても"ポギョンがソル(ユンスンア)やチャンシル(ペ・ヌリ)のように底辺人生を経験したとすれば宮廷を出てどこかでよく生きていったことだ。 ポギョンは宮廷で8年しか生きなかった。 ところで自殺までするとは惜しい。 ヨヌとイフォンの幸せな姿にどうすればいいのか分からないポギョンの姿で止まってもかまわなくなるところだった"という考えを明らかにした。

また、キム・ウンスは幼い時からポギョンに叱り飛ばしたことに対して"両親の気持ちだ"として"ユンデヒョンは子供がうまくいけとの気持ちでショーをしたものと考えた。 子供が憎い人がどこにいるか? この頃両親で考えてみれば良い大学に送ろうと'勉強熱心にしなさい'と叱り飛ばすようだ。 子供をかわいがるから怒号も打つことだ。 憎くてそするのでは絶対にない"と笑い作った。

一方キム・ウンスは'太陽を抱いた月'で母方の親戚勢力の首長で権力を得るために手段と方法を分けないユンデヒョン役に登場、強烈な印象を残して多くの好評を受けた。

[TVデイリー 2012-03-23 16:53] 元記事はこちらから

※ボキョンの死は原作通りなんですが(爆)、ユンデヒョンの親心、チンスワン作家様も耳が痛いでしょう(笑)。
別窓 | [太陽抱月]終映後インタビュー | コメント:0 | top↑
<<キム・ウンス"完成台本不在は作家の傲慢さ、いい加減である"一針[インタビュー] | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | '太陽抱月'キム・ウンス、キム・スヒョンを絶賛した理由[インタビュー]>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。