いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'ファッション王'イ・ジェフン演技力論議、誰が生半可に石を投げるか?
イ・ジェフンが時宜外れの演技力論議に包まれた。

去る19日初放送されたSBS月火ドラマ‘ファッション王’で冷たくて冷徹なファッション会社の後継者チョン・ジェヒョク役を担ったイ・ジェフンが演技力に叱責を受けている。

ファッションを素材にして成功に対する執着と愛による葛藤に変わっていく人間像を見せる予定の‘ファッション王’でイ・ジェフンが演技するチョン・ジェヒョクは感情の幅が大きくなくて徹底して冷静なことこの上ない典型的な財閥坊ちゃんだ。

今まで放送なった編ではユ・アインが引き受けた役割カン・ヨンゴルとシン・セギョンが演技するイ・カヨンの多事多難な米国入城期が主に見られた。 イ・ジェフンは国内屈指のファッション会社の後継者として冷たくて認定がない面目とチェ・アンナ(クォン・ユリ扮)と以前に恋人であったという設定程度でだけ登場した。 一言で今まで放送されたイ・ジェフンの姿は‘背景説明’に終わっただけだ。

書いた分量でもインパクトを与えることができる方法、イ・ジェフンがまだチョン・ジェヒョクという役割に完璧に合わないのは事実だ。 優しくて静かな青年のイメージを持っていたイ・ジェフンが突然冷たい財閥家坊ちゃんに変身を試みるとすぐに多くの人々がぎこちなく思っている。

眉毛一方を引き上げたり多少硬直したような歩きぶりなどあまりにも典型的な財閥坊ちゃん演技に視聴者たちがまだ適応できないのだ。 スクリーンで良い演技を見せたことに比べてまだ記憶に残るほどの場面を作ることができないのもイ・ジェフンの演技力が話題に浮び上がった一つの理由になるだろう。

だが‘演技力論議’の骨子のぎこちない表情演技、発音、発声などの部分では全く不足しなかったイ・ジェフンの演技が役が熟さなかったという理由だけで‘演技力論議’というタイトルを付けるには根拠が‘たくさん’不足する。 今まで‘演技力論議’を体験した他の俳優らと比較しても公平性が落ちる。

登場した分量も多くなくても典型的で平面的なキャラクターであるから演技力をお目見えする機会もなかったのに演技力論議がふくらむのは映画‘高地戦’と‘番人’そしてまもなく封切りする‘建築学概論’で好評受けた潜在力を持ったイ・ジェフンとしてはくやしくならざるをえない。

‘惜しい’線で終わる話を‘論議’に拡大するのは望ましくない。 まだまともに活発を広げることもできないイ・ジェフンに苛酷な定規を突きつけるよりはもう少し見守ってあげる時間が必要だ。 ‘見られないほど’でもないが待ってくれることができるではないか。

[レビュースター 2012-03-21 12:41:32] 元記事はこちらから

ss20120323-3.jpg

※そうだそうだ、もう少し見守っていただけると^^

そして映画‘建築学概論’が22日に公開~
別窓 | [ファッション王]関連記事 | コメント:0 | top↑
<<'建築学概論'監督-主演俳優、ソウル、釜山週末ゲリラ舞台挨拶 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ‘ファッション王’イ・ジェフン狂ったように致命的な男、埋められることは惜しくて>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。