いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'太陽抱月'チョン・イル"死ぬことよりさらに悲しかったのは…"[インタビュー]
俳優チョン・イル(25)。 どういうわけか保護本能を刺激したこの男はいつのまにか光る価値に命を賭けることができるサン男になっていた。 MBC ’太陽を抱いた月’(以下’太陽抱月’)の自由な魂、陽明と共にチョン・イルは精一杯変身したし、一歩成長した。

製作段階から差し迫るように始まった’太陽抱月’はキャスティング過程も簡単でなかった。 陽明役に最終落下点なったチョン・イルの場合、出演提案を受けた当時tvN ’美男ラーメン屋’に真っ最中没頭していた。

集中力が優れることに噂になったチョン・イルだが、ラーメン屋を抜け出してしばらく息を継ぐ隙間ができれば’太陽抱月’を思い出させたりした。 今までしてみられなかった挑戦という側面が強く作用した。

ss20120319-19.jpg ss20120319-20.jpg


ドラマ撮影を全部終えて毎日経済スタートゥデイと会ったチョン・イルは"’太陽抱月’の陽明は挑戦だったキャラクターであった"と話した。 今までチョン・イルを修飾してきた明るくてやわらかいイメージを少し暗くて重くさせる最初の試みとしても過言ではないこと。

"原作でとてもかわいそうな人に出てくるが、ドラマでは両面性があったのです。 私がしてとても暗いだけではなく、明るい友人だが暗い面もあるんだねするのを見せてあげたい欲が出ましたよ。 "

キャラクターに対する確信が捕えられなくて出演を迷ったりもしたが、そのようなチョン・イルを捉えてくれたのはキム・ドフンPDとチン・スワン作家であった。

"監督様と呼吸がとてもよく合いました。 監督様が几帳面な方なのに、私もそうですね。 そのような部分で特によく合いました。"撮影末、キムPDは本紙とのインタビューでチョン・イルに対して"執念と根性が普通でない"と絶賛することもした。

太陽になれないもう一つの太陽、陽明は全てのものをすべて持った弟フォン(キム・スヒョン扮)に決して譲りたくなかった女性ヨヌ(ハン・ガイン扮)まで与えなければならない悲しい運命を持って生まれたこれであった。 そのような陽明を演技して最もうれしくて、悲しかった瞬間はいつだったのだろうか。

"一番楽しかった時はヨヌと物差しチャンバラ遊びをする時でした。 撮影自体も楽しかったが陽明が最もしてみたくて、描いたことそのような瞬間ではないか考えます。 反面一番悲しかったのはどうしても死ぬ時でしたよ。 ところで事実私の立場では、そんなに悲しい場面というわけではありません。"

意外であった。 それなら陽明イルが挙げた最も悲しかった場面はどんな大きなところだったか? "フォンと刃物を互いにねらいながら誤解して王の女を連れていったことは謀逆と話す場面です。 事実陽明は守ってもらいに行ったことだったが 愛する弟と愛する女性の間でとても葛藤して痛く感じる姿が痛く感じられました。"

それでも何といっても陽明のインパクトが最も生き返った場面は最終回反乱軍を制圧して壮烈に戦死するシーンだった。 流血が散り乱れた陽明の最後の瞬間、’死んでこそ生きる男’チョン・イルの演技力’ポテン’は結局さく烈した。 原作そのままの結末で陽明は死んだがチョン・イルははじめて生き返った。

チョン・イルは"愛する弟を描いて女性を守ろうとしたし、全てのものを甘受して死ぬことと考えるから。 撮影前から心の準備をしていたがインパクトがとても強かった"と撮影当時を思い出させた。 キム・スヒョン、ソン・ジェリムと一緒にした運命の場面に対しては"本当に呼吸がよく合ったということを新たに感じた"と話した。

当時場面でチョン・イルはもちろん、キム・スヒョンは涙腺がさく烈したようにした。 本当に死んでいくように赤く充血したまま流れる陽明の涙とそのような陽明を無力に眺めて悲しむフォンの涙にテレビ劇場はそれこそ涙洪水になった。 チョン・イルは"スヒョンと私が涙が二人とも多いようだ"として一歩遅れて陪侍時笑った。

陽明の御霊を慰労するために酒一杯飲んだかと尋ねるとすぐにやはり笑って首を縦に振るチョン・イル。 今この瞬間、陽明には"今は幸福という言葉が似合う人になったら良いだろう。 これ以上痛く感じずに、現世でも冥土でも幸せに"という言葉を伝えたいんだ。

’太陽抱月’は終わったがチョン・イルはもう開始だ。 2007年MBCシチュエーションコメディ’思いっきりハイキック’ですい星のように浮び上がったスターだったが今は真の演技者で位置づけるための土台を黙黙と確かめている。 もしかしたら’太陽抱月’はチョン・イルの去る4年余りの時間が与えたプレゼントなのかもしれない。

"’ハイキック’が常に荷札のように付いて回ったが、今回また他の私の代表作ができたようです。 準備期間が短くて不安だったのは事実だが与えられた状況の中で最善を尽くしたし、今回の作品を通じて一段階成長したようで気分が良いです。"

その間明るくて元気な感じがチョン・イルを説明する主要なイメージだったら、これからはより強く男らしい感じが出るキャラクターにも挑戦してみたいという抱負を遺憾なく表わす。

"’ラーメン屋’を通じては安らかな香りが私は俳優になりたかったが、今はその香りがもう少し濃くなったようです。 安らかさを置いて行かないけれど、今はどんなキャラクターが私とよく似合って少しは分かりそうです。"陽明という’ミッション’を成功的に成しとげた彼がまた会う作品とキャラクターをあえて特定イメージで限定作る理由はこれ以上ないように見える。

"’太陽抱月’で称賛をたくさん受けて、そうなのか自信ができることはしたんですけれど、まだ私が演技が上手だという考えにはなりません。 私は努力しなくてはいけない人だから。 瞬間毎与えられた時間に最善を尽くすならば良い姿をお見せすることができるだろうと考えます。"

そのようなチョン・イルはもう本格的に’太陽抱月’をまた見るのに突入した。 その間忙しい日程のためにまともにモニターできない部分をチェックするためとのことだ。 いつか会うようになるチョン・イルの次の作品で、もしかしたら驚くほどのまた、一度の成長を見せはしないかと思ったさわやかな予感がする。

[毎日経済 2012-03-19 10:01:02] 元記事はこちらから

ss20120319-21.jpg ss20120319-22.jpg
別窓 | [太陽抱月]終映後インタビュー | コメント:0 | top↑
<<チョン・イル"'太陽抱月',チュ・ウォンでなく私の作品" (インタビュー①)  [マイデイリー1/2] | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | チョン・イル“太陽抱月陽明死ななければならなかった理由” (インタビュー)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。