いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ドラマPDたちがストライキを迷った理由
去る2月23日MBCは“文化放送視聴者皆さんに感謝申し上げます”という題名の広告を中央日刊紙に掲載した。 内容はこうした。 “労組の不法ストライキで一部放送で支障をきたしているけれど、大多数プログラムは正常に放送されている。 特にドラマ視聴率最上位を記録している<太陽を抱いた月>(太陽抱月)視聴者たちに感謝申し上げる。”

ところでこの広告がかえってドラマPDらを刺激した。 2月27日ドラマPD 51人の中で49人が声明を発表した。 “ストライキ動力を落とそうとする見せ掛けの形にドラマが利用されることはできない”としてストライキ支持意思を明らかにしたのだ。 3月7日から<太陽抱月>キム・ドフンPD,<武神>キム・ジンミンPD,<神々の晩餐>イ・ドンユンPD,<今日と同じようにせよ>キム・テジンPDがストライキに合流して出た。 火方危機に置かれた<年の中月>はスペシャル放送で代替された(いったい編成以後キム・ドフンPDは製作に復帰した)。 三作品はPDが陥った空白を職務部長が埋めた。

ドラマPDが放送中である作品をたたんでストライキに参加するのもまれなことだ。 外注製作社との契約関係、大規模製作陣など製作条件の特殊性のためだ。 ドラマPDが悩んだ問題の中の一つが‘スタッフのメシの種’だ。 スタッフは外注製作社や放送会社と契約をして非正規職で仕事をする。 あるドラマPDは“ドラマ一つを製作するのにスタッフが約50人参加する。 PDがストライキに参加するという理由で50人、すなわち50世帯の生計をけり飛ばしにくい”と話した。 予算規模もドラマPDには悩み事であった。 ストライキでドラマが欠放することになれば、装備賃借料支給、スタッフ人件費問題など状況が複雑になる。 あるドラマPDは“俳優らのスケジュールに対しても責任を負わなければならない”と話した。

ドラマは製作するまで短く数ヶ月で長くて数年までかかる。 ストライキに参加中のあるドラマPDは“放送を作るのは忍耐と時間を必要とする。 一度こんがらかれば復旧するのが難しい。 それが最も大きい悩みだった”と話した。

[時事IN 235号 2012-03-19 09:17:49]  元記事はこちらから

ss20120319-12.jpg

※キムドフンPDは戻ってドラマ完成させてくれたけど今後MBCどうなるのかな。ザキングはイジェギュPDもうMBCの人じゃないから影響ないのかな。余力が出たらストライキ現状調べてみよう。
別窓 | [太陽抱月]制作関連記事 | コメント:0 | top↑
<<キム・ミンソ“太陽抱月ポギョン、自殺決心した決定的場面” (インタビュー) | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ソン・ジェリム"'太陽抱月'人気、負担に受け入れること"[インタビュー]>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。