いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘太陽抱月’チン・スワン作家、俳優に伝える最後の話(インタビュー)
MBC '太陽を抱いた月'(太陽抱月/脚本チン・スワン/演出キム・ドフン、イ・ソンジュン)はキャラクター一つ一つが全部生きて息をした。 これを表現する俳優らおかげも大きかったし毎度予想できなかった新しい姿が視聴者たちを驚かせた。 チン・スワン作家は3月16日午後ソウル江南区、瑞草洞パン・エンターテインメント社屋で進行されたインタビューで俳優らに対する多様な話を解きほぐした。

ss20120318-19.jpg


先立ってチン・スワン作家はイフォン役を担ったキム・スヒョンに対して"ヨ・チング フォンでキム・スヒョン フォンで移る初回は子役に対する残影があまりにもたくさん残った状態であり人々がまださよならを告げる準備にならない状態で成人フォンが出てきたことだった。 力がパク入っているとあのようにしなくてもかまわないのにとても緊張しているんだね考えらだよ"として"実際に子役がとてもよくして退場して成人俳優がとても緊張したようだった。 幸いトーン調節にすぐに入った。 肩に力抜いて意外に私より視聴者たちがさらに早く受け入れてくれた"と説明した。

ホ・ヨヌであり巫女月役を担ったハン・ガイン キャスティング論議に対しては"脚色には常にキャスティング論議がついてきて基本的に小説で読んだ時各自考えたイメージがある"として"それと離反されるキャスティングになった時その拒否感はより大きいこともある。 静かになるという信念を持って待った。 上手ならばヨヌと見えるという気がしたし今でも同じで他のヨヌは今想像が行かない"と明らかにした。

イフォン役を担ったキム・スヒョンに対しては"ヨ・チング フォンでキム・スヒョン フォンで移る初回は子役に対する残影があまりにもたくさん残った状態であり人々がまださよならを告げる準備にならない状態で成人フォンが出てきたことだった。 力がパク入っているとあのようにしなくてもかまわないのにとても緊張しているんだね考えらだよ"として"実際に子役がとてもよくして退場して成人俳優がとても緊張したようだった。 幸いトーン調節にすぐに入った。 肩に力抜いて意外に私より視聴者たちがさらにはやく受け入れてくれた"と説明した。

陽明君役を担ったチョン・イルはどうだったのだろうか。 "チョン・イルは'イケメンラーメン屋'が終わってすぐに入って大いに心配したよ。 人見知りが激しくて個人的に俳優らと親しく過ごす方ではないがチョン・イルはキャラクター悩みが多いと会えてキャラクターに対する話を交わそうといった。 会ってみるとかなり真剣だったよ。 引き受けた役割に対して真剣で'美男ラーメン屋'で抜け出せなかった状態でとても時間が短くないだろうか心配も多かった"

引き続きチン・スワン作家はチョン・イルに対して"ある線まで見られなければならないかを分かる。 瞬間にじみ出なければならないあどけなさやディテールな部分らを非常に悩んでくれて有難かった。 ただし負担になるかと思ってその時は計算せずに演技してくれといった。 計算することがとても多くの人物だから計算すれば分からないと思ったよ"として"難しい渦中で最善を尽くす姿が見えた。 まだその人物から抜け出さなかった状態で感情没頭するのが容易でないが最善を尽くす姿が美しかった"と話した。

悲劇的愛の主人公中殿ユンボキョン役キム・ミンソもまた、チン・スワン作家を感動させた。 チン・スワン作家は"中殿はキャラクター中弁別点が感じられるキャラクターの中の一つだ。 私が本当にフォンを好むことなのか権力のために好むことなのか台本練習の時から話したよ"として"作家としてこのように行けと話をしてくれておいてこそ正しいがその判断を定めてくれれば演技が出てこないと思ったよ。 ところでキム・ミン本棚後ほど得た結論は'そのどれも関係がない'であった"と明らかにした。

"キム・ミンソは賢い俳優だ。 演技する時も見ればフォンを好きな心と幼い時期の嫉妬が複合的に混ざったのにそんなことをよく見せた。 個人的に良くて本当によく表現して有難かったのがお母さんが女の子を連れてきて座らせておくから'お父さんが私を捨てるかも知れなくて'と話して子供を見つめる目つきだ。 地文では'不安な目つきと見て'だったがそれでない複雑微妙な目つきがよく出てきてくれた"

キム・ジェウン役を担ったソン・ジェリムは原作からより比重が小さくなって原作ファンたちから怨まれることもした。 チン・スワン作家もこの事実を分からなくはないはず。 チン・スワン作家は"ソン・ジェリムはウンがメロ角にあったがメロ角から抜け出してこういう迂余曲折を体験した。 原作を読んでみたとすれば自分がどれくらい素晴らしい役なのかも知っていただろう"と口を開いた。

"それにもかかわらず、ソン・ジェリムは自身に与えられた役割に対してとても幸せに仕事をする俳優だ。 個人的にはよく知らずに台本練習の時だけ見たが撮影現場スケッチを見ればソン・ジェリムは顔に不満がなくて肯定的なエネルギーが見えたよ。 実際にそうだというとそれが見えた。 幸せに仕事をする俳優で気分が良くなる俳優"

罪を犯して罪悪感に震えるミナ王女役を担ったナム・ポラも新しい発見という評価を得た。 チン・スワン作家は"ナム・ポラは最後に完全に感動させた。 フォンと対立シーンで本当に最善を尽くしているんだね。 渾身の力をすべてしているんだねという感じがした"として"吸入力が活気だよ。 ミナというキャラクターは中間にキャラクター自体がひっくり返されるのにこの時期を乱れなくよく耐えたよ。 そうするうちによくさく烈させる内面空白があったし幼い俳優なのに感情ワン劇調節をできる俳優であるようだ"と打ち明けた。

'太陽を抱いた月'から抜いておくことはできない人物はこれだけでない。 大王大妃ユン氏キム・ヨンエ、ト巫女チャン氏チョン・ミソン、ユンデヒョンキム・ウンス、商船内官ヒョンソンは満杯になった気を吹きだして視聴者たちを圧倒した。 チン・スワン作家は"私がどのようにその方らをいうか"として無限尊敬の念を表わした。

"初めから最後までほとんど心配をしなかった。 少なくても満たして下さるという安心があった。 '地文をこんなにまでディテールに使えば気分が悪がられるのだ'という気がするほど信頼があった。 事実幼い時期が長くて大いに心配した。 大人たちが中心をたくさん捉えてくれなければなければならないと考えて意図的にキム・ヨンエ、キム・ウンス先生が対話する姿を初めてのシーンでした。 本当に吸入力があった。 子役らもとても上手にしたが大人たちが中心をよく捉えて下さってシナジー効果があった"

チン・スワン作家は'フォンバラギ'と呼ばれて劇の面白みを増したチョン・ウンピョの話も漏らさなかった。 チン・スワン作家は"ちょうど吹き荒れさえすれば見る人も苦しい。 中間に休んでいく場面がなければならなくて美しくて完成された人物が出てくる渦中に空の隈もあって息の根ひらくことができる人物がなければならない"として"計画だけは進行できなかったがヒョンソン、ホン・ギュテ、ユン・スチャンなど人物がコミック要素をよく表現した"と説明した。

一方驚異的なほどの人気を呼んで話から俳優らまで全てのものが話題を集めた'太陽抱月'は去る3月15日放送された最終回で全国視聴率42.2%(AGBニールセンメディアリサーチ基準)を記録して自らの最高視聴率を更新した。 チン・スワン作家それだけでなくすべての視聴者たちに長らく記憶に残る作品になった。

[ニュースエン 2012-03-18 11:29:26] 元記事はこちらから

※スヒョンくんへのコメントが繰り返されてるんですがまあいいか。イルくんて人見知りなんですね、でも仲間と一緒に立派にやり遂げました。わたしにとっても長く記憶に残る作品になるでしょう^^

宮と茶母には敵わないですけどね~。
別窓 | [太陽抱月]終映後インタビュー | コメント:0 | top↑
<<[焦点]ブランニュー史劇胎動、ファクションさえ拒否した'太陽抱月' | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | キム・スヒョン放映終了所感“‘太陽抱月’そのどの時より楽しくて幸せな時間”>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。