いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
キム・ミンソ"キム・スヒョンとても憎くてげんこつで殴ってあげたかったんですよ"[インタビュー]
※ネタバレ含まれます

毒気を抱いても彼女の目はいつも悲しかった。 MBC水木ドラマ’太陽を抱いた月’の中殿、ポギョンは女性として上がることができる最高の席の嬌態前の主人だったがそれこそ悲恋の女性だった。

ドラマ放映終了を控えた去る13日、毎日経済スタートゥデイはそのようなポギョンの心を誰よりよく理解して慰めているキム・ミンソに会った。 撮影は全部終わらせたがドラマはまだ終わらなかったせいであろうか。 キム・ミンからは’太陽を抱いた月’中殿の心情をそのまま大事に保管したようにした。

ss20120317-2.jpg ss20120317-3.jpg ss20120317-4.jpg


15日’太陽を抱いた月’最終回分でポギョンは全てのものを下ろして自ら首をくくった。 佗びしいということが多かったためなのか。 とても目を閉じることができなくて息をひきとったポギョンの最後の道はフォンが慰めた。 フォンの手助けにポギョンははじめて楽に寝つくことができた。

ポギョンの自決シーンは当初要諦されていた撮影スケジュールが6日も延ばされて一歩遅れて進行された。 撮影当時の所感を尋ねるとすぐにキム・ミンソは"死ぬ日を待つ間とても苦しかった"と回顧した。

"死にに歩いていくところが本当に悲しかったです。 死ぬ場面を撮るという考えよりはそのまま、フォンに会いに行くという心でした。 みな終わらせて殿下に会ってもう幸福になって。 そのような考え。 私の人生を揺さぶった二人の男がお互いを威嚇して処断しようとする過程で彼らが私をここまで追い出したが、早くこの状況を終了して私が会いたいだけ会うという考えでした。"

キム・ミンソが終了したかったポギョンの状況は壮絶だった。 8年前初恋で始まった王夫フォン(キム・スヒョン扮)との結婚生活(?)は順調ではなかった。 フォンは原因がわからない病気で死んでいった世子嬪ヨヌ(ハン・ガイン扮)に対する懐かしさに捕われて中殿のポギョンを鶏見るようにしたし、その渦中にもポギョンは王室と一族の威厳のために逸脱一度できないまま一日一日を送った。

ポギョンが中殿の席に座ることになったことは彼自身の意志も小さくなかったけれど開始はお父さんユンデヒョン(キム・ウンス扮)と大王大妃(キム・ヨンエ扮)の野心から始まった。 自身のお父さんが極端な選択をしたのを分かりながらもこれを目をとじたポギョンの選択に対してチャン・ノギョン(チョン・ミソン扮)は幇助罪といったが、幼いポギョンの選択は年を繰り返すほど彼女を押さえ付けたしついに8年後、帰ってきたヨヌによって徐々につぶれた夢に残ることになった。

ポギョンで生きる間心気症が私もとても固く出たと思ってムードを高めるとすぐに哀訴が続いた。 もちろんポギョンの立場に立ったキム・ミンソで異議を提起する理由はない。 "愛して、愛されたくて長い間ひまわりで生きてきましたよ。 それでもいくら優しい人でもそんなことを体験すれば腹が立ちます。 ポギョンが’私が黙っているからかますで分かる?’という場面もそうだよ。"

キム・ミンソは"フィードバックが全くないからハつくして溢れでた話"と貯蔵して"ポギョンはそのまま普通の女"と話した。 "人が人の心をつかむために美しい素振りもして優しい素振りもするのにそれが罪になりましょうか。 それでもフォンは’あなたの偽善が嫌いだ’と話します。"

フォンがらだったというエクパジムニョがヨヌと似ていないのを知ることになった瞬間. ポギョンの服を着たキム・ミンソは"フォンがそんなに憎く見えたよ"として"行ってげんこつでさっと殴ってあげたかった"と笑って話した。 放送モニタリングを一緒にしながら’口で’しらじらしくポギョンに惻隠の心を表わしたキム・スヒョンもそんなに憎らしいはずがなかったと。

だが、もちろん、キム・スヒョンはキム・ミンソの二番目行けと言うなら佗びしい強固なパートナーであり同僚であった。 "共に呼吸を合わせる演技者から力をたくさん得る方"というキム・ミンソは"互いにアクションを合わせてみながら対話をして見たらさらに気楽にすることができた"と有り難みを表わした。

ヨヌと向き合った直後、そして黒呪術が水泡と消えた瞬間恐怖に震える姿はキム・ミンソという俳優が視聴者たちの脳裏に深く残った’太陽を抱いた月’名将面の中の一つであった。 "監督様が配慮をたくさんして下さって大きい苦労はしなかった"という彼女は"(劇中)お母さんはリハーサルする時から’私たちの娘どのようにするか’としてわあわあ泣かれた。 先生が確かに受け取って下さったおかげ"と話した。

概して感情を治めるほうだったポギョンだったので、キム・ミンソももこれを細かく表現するのがやさしいだけではなかった。 内面の感情を引き出すことに対して"難しかった"という彼女だが、中殿の内密な感情も、暴風のように固め打ちする感情も完璧に消化した。

自然に演技に対する好評もあふれた。 "我を忘れてとった"と謙虚に話したがキム・ミンソの目つきでは一瞬ポギョンの寂しい心境が相変らず伺えた。

最後にポギョンに一言お願いするとすぐにキム・ミンソは恥ずかしい微笑を浮かべて少し迷って口を開く。 "ポギョン、ごめんね。 守ることができなくて。 私も痛かった。 そちらでは幸せにしなさいね。"

[スタートゥデイ 2012-03-16 08:01:01] 元記事はこちらから

※彼女(ボキョン)が少しも報われず一番切ない気がする。
別窓 | [太陽抱月]終映後インタビュー | コメント:0 | top↑
<<'太陽抱月'キム・ミンソ"ポギョンのためにたくさん痛かったんですよ" | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | '太陽抱月'、このように似ているとは思わなかった>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。