いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘太陽を抱いた月’帰ってきたが酷評洗礼、“ストライキ余波で感が落ちたか?”
※最終回当日に出た19話ネタバレ記事

‘太陽を抱いた月’が視聴者に帰ってきたが酷評を受けている。

MBCストライキにより‘太陽を抱いた月’ 19回は一週延期になった去る14日はじめて視聴者に帰ってきた。 だが“ストライキ余波が大きかったのか?” “製作費が不足したのか?” “スポイラーが乱舞した理由であったか?”去る14日放送された19回は40%を越える視聴率を記録して‘全国民的の愛’を受けたドラマと下記には不足した姿だった。

ただ2回だけを残した‘太陽を抱いた月’は放映終了を控えて助演らの生死を描くためにすべての状況を組み入れて合わせようとするようだった。

温陽で血を吐く大王大妃(キム・ヨンエ扮),ヨヌに黒呪術を試みようとするポギョン(キム・ミンソ扮),黒呪術を受け取ろうとするト巫女チャン氏(チョン・ミソン扮),ミナ王女)の悪行を知るヨム(ソン・ジェヒ扮),ヨムの代わりに死を迎えるソル(ユンスンア扮)などの話が劇の大部分を占めた。

助演らの話が劇的装置になれないはず。 かえって劇の展開を緩くさせるだけでなく、最後の反転ポイントになる陽明とフォンの対立まで緊張感を吹き込むことができない状況を招いた。

一週間を待って‘太陽抱月’を見るためにTVの前に集まった視聴者たちの不満は続出した。

* 原作の悲しい場面を‘寝言’演技で?

ソル(ユンスンア扮)がヨム(ソン・ジェヒ扮)のために命を捧げた。 この場面は原作で最も悲しい場面に選ばれてヨムに向かったソルの愛が購読者らに胸深く刻んだ部分で製作スタッフがどのように扱うのかに対する関心も高まったところ。

だが、韓国民俗村の時宜外れのネタバレによってソルの死は視聴者にある程度予告された状態であった。 そうするからなのか? ソルの死は多少粗雑に見えた。 あたかもソルは‘死ぬために’ヨムの前に姿を表わしたようにした。

刺客らの前にソルが自身のために戦っている姿を見つめなければならない念意の姿もとんでもなかった。 ヨムがそこにぽつんと立ってソルの姿を眺めなければならない理由はぴったり一種類。 まさにソルの死を美化させて、それだけ切なく描くためにだったはず。

しかしそれさえもユン・スンアの涙一粒流れない‘寝言演技’のせいで簡単に描かれなかった。 視聴者掲示板にも“ちょっとたくさん粗雑だった。 ソルは死ぬために突然現れたことのようで.. ウンはソルが死ななければならないから後に現れた感じだ”、“原作と本当に違った感じだった”、“なぜヨムがそこ立っているだろう? 笑わせて死ぬこと”、“一つも悲しくなかった場面、かえってチャンシルが泣く時響いた”などの反応を見せている。

* 謀逆合う? 謙虚な規模に緊張感↓

最後の回を残して唯一の緊張感を誘発させることができる装置は長い時間の間フォン(キム・スヒョン扮)を守った陽明(チョン・イル扮)の背信だった。 まだネチズンらの間で彼の背信は後日フォンのために自ら招来したことであることという推測が行き来しているけれど、陽明がフォンに刃物を狙ったので生半可な判断はまだ早い。

この日陽明はユンデヒョン勢力と共にカンダイコン(朝鮮時代王の親臨下に実施する軍事訓練)が開かれる日を偉業日で捉えた。 彼は“クォル安易猟場になって、獲物は金賞になること”としながら意味深長な微笑を浮かべてその間隠して、こらえた怒りを表出してキャラクターの反転を試みた。

だが、ストライキ余波のためであったか? 堂々としていた陽明の反乱は謙虚に行われた。

事前に陽明は“王が宗廟に出て行くために門を出た瞬間が偉業の開始”としながら詳しい計画をたてた。 そしていよいよフォンが宮の外に出て行こうとする瞬間、軍事は押しかけたし大臣たちはお互いに刃物をねらい始めた。

しかしわずか数十人が集まり、お互いに刀を向ける場面を反乱に選ぶには過度に謙虚だった。 フォンと陽明の対立を即刻に表わすことができる場面だったが、二人の葛藤を表出させるには‘反乱’の姿は緊張感を落としてしまうだけだった。 ややもするとフォンの命が危険なこともあるという考えさえしないようにする小心な‘反正‘の開始だった。

視聴者掲示板にも“昨日反乱場面本当に小規模であった”、“刃物狙ってさらにユンデヒョンが刃物振り回す時笑わせた”、“陽明自身甘かったが、従う者があまりないね”、“緊張感ゼロ陽明がフォンを助けるだろう”などの反応を見せた。

‘太陽を抱いた月’最後の回が反転を試みる場面で視聴者たちに劇的緊張感を吹き込むのか、でなければ粗雑な仕上げで視聴者たちの物足りなさと不満が続出する放送に残るのかその成り行きが注目される中で、今夜'太陽を抱いた月'はその待望の幕が降りる予定だ。

[レビュースター 2012-03-15 10:38:26] 元記事はこちらから

※哀しいはずのソルの死が響かなかった理由がなんとなくわかった。。。
別窓 | [太陽抱月]放送中コラム・批評 | コメント:0 | top↑
<<'太陽を抱いた月'、呪術で作った純情メロ史劇 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 太陽抱月放映終了、原作と同じ結末に両極端反応なぜ?>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。