いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
[インタビュー]イ・ジェフン-ソ・ジュニョン-パク・ジョンミン、スクリーン守る番人を任せようとする
来る3月3日封切りを前にして<番人>は一言で演出、脚本、撮影、編集の調和がまぶしい作品。今回の映画で長編デビューしたユン・ソンヒョン監督は新人というには信じられない手並みでこの冷えて芽鱗青春映画であり成長映画を完成した。

去年釜山国際映画祭ニューコロンツ部門受賞と今年ロッテルダム国際映画祭競争部門進出がそれに対する手厚い補償. そして映画に向かった賞賛で俳優らの名前も監督と共に一番先頭に上がってこそ当然だ。 イ・ジェフン、ソ・ジュニョン、パク・ジョンミンは新人の覇気と若い感受性で<番人>の三人の友人ギテに、ドンユンに、ヒジュンになった。

これに<番人>の三主役を同じ日一時に集めた。 封切りを控えてインタビューのための俳優らの会合は変なことがないはず。 だが、映画を先にみたイならばこれらの遭遇が結構切なくてほほえましいだろう。 <番人>は二つとなく親しく過ごした三高校の友人が自ら友情を廃棄して背を向ける過程を胸が痛く見守る作品. 結局三人の絶縁はある友人の死という破局を産む。

ところがギテ、ドンユン、ヒジュンこのように三人のの友人が光った友情の時期に帰って以前のようにまた互いに肩を歩いた。 顔ごとに純真で開口陣笑いを精一杯浮かしたまま。 今は誤解と変心の誤りをもう二度と犯さないことを、その場ですぐに確約受けたかった。 また、既に前にずっとスクリーンを守る頼もしい番人に残ってもらうを。 三の俳優として覚悟と確約は快くそうするとうなずく返事をするようだった。

20111219-8.jpg 20111219-9.jpg 20111219-10.jpg 20111219-11.jpg

各自自身が引き受けた配役に対して説明してくれ。
* イ・ジェフン(以下ジェフン):ギテは戦いが上手で、友人らの間で少しは恐ろしい存在だ。 学校でいわゆるボスだ。 人の前で注目されているのが好きで、自分を無視したり関心を持たない対象を嫌って行動で必ず見せる。 成長痛が激しくて悲しい人物でもある。
* ソ・ジュニョン(以下ジュニョン):前作<吹き上げる突風>では分別がない役を担った。 だが<番人>の、ドンユンはとても分別がはやくついた学生だ。 それで友人がみな幼く見える。 友人らの前で強い振りをする子供で、すでに強いことを越えたと考える友人だ。
* パク・ジョンミン(以下ジョンミン):ヒジュンは小心で固い。 友人らと問題が生じても主導していくスタイルでない。 どんな傷がきた時それを正面突破しないでそのまま自分中に縛っておいて積んでおく。 それで誤解を作って他の友人らと外れる。

三人は互いに初めて見た時印象がどうだったか?
* ジェフン:学校でチョンミンを先に見た。 言葉があまりなくて重量感あるように見えたし恐ろしい印象受けた。 映画のために会ったが、とても物静かで礼儀正しかった。 ジュンヨンはTVで何度か見た。 正しい青年という(のは)印象を受けたが、のように演技してみるから習うことが多くの弟(妹)だった。
* ジュニョン:恐らく二人は私を非常に冷たく見ただろう。 私が顔をたくさん分けるほうだ。 ジェフンが兄は純粋な二十八才青年だった。 可愛いと言うべきか?(笑い)ジョンミンは純粋だというよりそのまま順どんとが同じだった。
* ジョンミン:学校でジェフン兄を初めて見ては堂々としていて活発な人同じだった。 私と違えば親しくなりたがらなくなるが、それでちょっと難しかった。 また会った時はそのようなイメージではなかった。 悩みがとても多かったよ。 俊英は同い年の友人なのに、雰囲気メーカー役割をした。 俊英が入ってきて互いによく練り粉になる感じがした。

完成された映画を初めて見た所感は?
* ジェフン:私たち皆昨年釜山映画祭の時初めて見た。 劇場でエンディング クレジットがみな上がるのにも起きることができなかった。 私たちが映画を撮りながら望んだ結果以上の落ち着いていて重量感ある映画に出てきたよ。 観客が私たちの心を伝達されたようだった。
* ジュニョン:映画を初めて見た時思ったより非常におもしろかった。 映画を作りながらも果たしてこれがおもしろいだろうかと思ったが、とてもおもしろく見た。 あたかも他の人がとっておいた映画同じだった。 私がとったのは行ってしたかったよ。
* ジョンミン:初めての長編で、演技経験もいくらないが、わけもなく迷惑になったことではないだろうか悩みが多かった。 まずぴったり見て監督様に本当に感謝した。 競争部門に上がったが、映画見て可能性を感じた。 賞を受けたい欲が出たよ。

映画の中自身のベスト シーンを選ぶならば?
* ジェフン:ヒジュンと他の友人が目つきをやり取りする姿を報告書その友人を呼んで追及して問い質す場面だ。 一度のロングテイクで撮ったが、私が見ても驚くべきだったよ。 その場面で表出される腹が立って租借も恐ろしく感じられた。
* ジュニョン:ギテがヒジュンを殴っていればドンユンがギテの喉首を捕まえる場面がある。 それが一番印象に残る理由は長く撮ったりもしたしまた、本当に殴るところだったためだ。 感情が高ぶって調節にならなかったよ。 演技にとても没頭した結果であった。
* ジョンミン:ギテに転校行くと話す場面だ。 二つのテークぶりにOKが出たが、瞬間からだで何かフック抜け出す感じがあった。 その気持ちがかなり良かった。 この味に演技するのかしたかった。

<番人>’で得た最も大きい収穫は何か?
* ジェフン:一つのキャラクターで最も長く生きた。 短編はとてもすぐとって惜しかった。 終わってからはキャラクターの余波が長く行った。 一生俳優する人として意味深い作品だ。
* ジュニョン:私は映画よりはドラマをたくさんした。 映画は呼吸が縫ったが、長い呼吸の責任を負うことができるか考えた。 それで緊張もたくさんした。 ところで私を置くことができる機会になった。 私をまた見て回って確認できる機会になってくれた。
* ジョンミン:監督様に会って私が今まで分かってしてきた演技が全部でたらめだったとの事実を知ることになった。 そして人々を得たのも最も大きい収穫だ。 監督、俳優らとすべてのスタッフら. 撮影会場の雰囲気がとても良くて現場が楽しかった。

映画を見せたいただ1人を挙げるならば?
* ジェフン:お父さんに見せてさしあげたい。 本来は奇態がお父さんとあう場面があった。 因果関係のために監督様と上の終わりに入れたが、結局表わすことはした。 その場面を撮りながら私もお父さんとの関係がそうでなかったか考えた。
* ジョニョン:私にイ・サンヒョンという友人が一ついる。 幼いころから仕事を始めたからなのかこちら従事者の友人のほかは唯一の友人だ。 中学校の時から友人なのに今は日本に留学に行っている。 今後もこの友人だけは失いたくない。 後ほどDVDで見ることができるだろう。
* ジョンミン:パク・ウォンサン先輩. この先輩のために演技を始めた。 漠然と演技をしたいという考えを持つようにさせた張本人だ。 学生時代偶然に雪岳山で会ったが、極端の人々とおもしろく遊ぶのを見てその生活が楽しく見えて演技をしてみたいと感じた。

演技者の夢はいつから持ったか?
* ジェフン:幼稚園の時?(笑い)人々の前で歌を歌って踊ってそうした。 祭りがあればお手の物自慢出て行って。 そんなことが自然だった。 拍手受けるのが好きだった。 高等学校3学年の時真剣に私がしたいことは演技ではないだろうか悩んだ。
* ジュニョン:いわゆる路上キャスティングになった。 そのようにしてミュージックビデオを撮影したが、とてもおもしろくてこれ一度してみようか? したかった。 <ピーターパンの公式>に出演して<四捨五入3>’で初めての主演も引き受けながら演技と認められる本物俳優になりたかった。
* ジョンミン:私は勉強を非常に上手だった。 だが、全校1等の生活は常に全く同じだった。 そのような中休暇に行って極端の人々に会った。 大人たちが酒飲みながら馬鹿騒ぎするのを初めて見た。(笑い)私もあのように遊びたいという考えに演技がしたかった。

生涯初めての演技の記憶はどうなのか?
* ジェフン:演技学院を通ってそこおられる先生の劇団により行った。 そして初めての作品で主人公を引き受けた。 だが、私の演技が良くなかったのか公演3週前に主演を奪われて端役を引き受けた。 それが私には衝撃だった。 家にきてどんなに佗びしく泣いたのか。(笑い)
* ジュニョン:路上キャスティングになってとったチョ・ソンモの<悲しい恋歌>ミュージックビデオであった。 走れと言うなら走ってそのままさせ次第大使に従うといった。 子を2泊3日睡眠も眠らせないで撮影をさせることであった。 ご飯も与えなくて話だ。
* ジョンミン:学校先輩作品に駄々をこねて参加した。 言葉がない主人公役だった。 4月に蔚珍降りて行って撮影をするが、とても寒くて大変だった。 軍隊行って百日休暇出てきてDVDで見たが、モニターを壊したかったよ。(笑い)演技を殴って片づけなければならないが、もっとしなければならないが悩んだ。

将来似ていたい俳優は誰か?
* ジェフン:直ちに思い出す人はイ・ビョンホン先輩だ。 <インフルエンス>というデジタル作品を共に撮った。 有名な俳優と演技したのが初めてなのでとてもときめいて珍しかった。 イ・ビョンホン先輩が現場をどのように対してまた準備するのか見守りながら私もあのようになりたいという気がした。
* ジョニョン:チャ・インピョ先輩とパク・シニャン先輩. お二人様演技スタイルが大いに違うが、チャ・インピョ先輩には強靭だということが感じられた。 反面パク・シニャン先輩は演技される時みな置いてしまったよ。 リハーサルもしなくて、それで円紙出て演技すればまた違ったよ。
* チョン・ミン:本当に究極的なロールモデルはクリント・イーストウッドだ。 演技をするために映画課入って演出勉強から始めたが、いつかは映画演出もしてみたい。 わが国にはまだクリント・イーストウッドのような俳優がなくてより一層そうなりたい。

前にどんな俳優になりたいのか?
* ジェフン:予想を破る俳優になればおもしろいようだ。 次の作品や演技を見せた時同じ人が合うか? したいように多彩な姿を見せたい。 一貫した姿で記憶されないならば俳優として価値があるようだ。
* ジュニョン:そのまま俳優になりたい。 この作品とあの作品を比較できなくて、この俳優はあの俳優と比較できないと考える。 また、芸能人でない演技者で生きたい。 心だけ合えばお金一銭受けないで演技することもできる。
* ジョンミン:人々がたくさん見にきてくれることができる俳優、人々が見たい俳優になりたい。 一つまたある。 最近ヨーロッパ旅行に行って演劇を見たが、俳優としてその国のどんな文化的な水準を高めてくれることができる役割をすれば良いと考えた。

[マックスムービー 2011-02-23 16:44] 元記事はこちらから

もいちど見直したくなるなあ。。。ヤバイヤバイヤバイ!
お風呂入ってアタマ切り替えてきます~。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | top↑
<<[インタビュー]イ・ジェフン-ソ・ジュニョン-パク・ジョンミン、スクリーン守る番人を任せようとする | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 自身も分からなかったヤヌスの顔を表わす「番人」イ・ジェフン>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。