いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
[インアンドアウト]脚色の力! '太陽抱中月'脚色だけ1年
'原作リメーク成功の核心は脚色!'

いくら良い原作でもリメーク映画やドラマが成功するという保障はない。

SBS '愛している'という人気漫画作家ホ・ヨンマンの同名漫画を億台原作料を与えてドラマに移したが失敗の苦味を見た。 カンプルの漫画人気漫画もやはりぞろぞろ映画化されているけれど'大当たり'はなかった。

時にはドラマや映画が大当たりが出た後原作が新たに光を見る場合もある。 MBC '私の名前はキム・サムスン'でも'コーヒープリンス1号点'などが代表的だ。

結局原作をどれくらい画面によく表わすかがカギであること。 それだけ原作の味を生かしにくいということで、一方では脚色の重要性を呼び覚ます大きな課題だ。

MBC '太陽を抱いた月'(以下太陽抱月)はそのような面で脚色の墓をまともに発揮したという評価だ。

女主人公ホ・ヨヌ(ハン・ガイン)が記憶を忘れたまま巫女月で生きるなど原作と大きく異なったあらすじを展開したが、それでも大きい脈絡で原作を損傷しなかった。 また、あちこちで原作の中場面と大使を映像に移して原作を読んだ後ドラマを見るファンたちの感心をかもし出すこともした。

'太陽抱月'の製作会社のパン・エンターテインメント企画啓発チームのソン・ジンソン次長は"台本を執筆するチン・スワン作家とともに製作会社の企画啓発チームが脚色することだけに1年という時間を過ごした"と明らかにした。

引き続き"2冊で構成された小説を20部作ドラマで作りながら本の中の場面をどの回に配置するべきか会議を繰り返した。 また、文では表現されても映像で作りには難しい大きな課題もあってどの場面、ある内容を極大化するのかを定めるのに多くの時間を入れた"と付け加えた。

ソン次長は"巫女をはじめとしてキャラクターらをビジュアル化するのにも多くの脚色過程が必要だった"とも話した。 彼は"原作が少しは暗くてロマンスに重点を置いたとすればドラマは子役も登場させて、現代版ロマンチック コメディのようにくすぐったい感じも生かそうと努力した。 また、暗くて否定的であることもある巫女というキャラクターをファンタジーの感じを加味して劇的に生かそうとした。 職業が主人公のイメージにマイナスにならないように非常に悩んだ"と説明した。

また、原作と違った展開に対しては"本では主人公が書信だけで愛を育てたのでお互いの顔を分からないまま成人になった。 しかしドラマは'台詞の味'が生きなければならないから主人公が幼い時から会わなければならなかった。 本では文で説明になるが、ドラマは台詞なしで指紋だけで展開が難しいためだ。 それと共に成人になったヨヌがフォン(キム・スヒョン)の顔を調べてみられないように'記憶喪失'の装置を導入した"と付け加えた。

[スポーツソウル 2012-03-06 09:45] 元記事はこちらから

※撮影期間は短くても長く準備してきた作品、笑顔で終映できるといいなあ。。。
別窓 | [太陽抱月]制作関連記事 | コメント:0 | top↑
<<[インアナドアウト]原作市場豊作-活字が踊る。 興行が花が咲く | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ‘太陽抱月’欠放にKBS・SBS,'編成氷上作戦'>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。