いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'ストライキ'中は'太陽抱月'...こういう'額受け'ならば喜んで!
[取材手帳]ドラマ製作関係者の涙ぐんだ嘆き..."子供を取っておく心情だが…"

"正しいのなら私の全部を歩いても守るつもりです。 正しくないのなら全部を得ても捨てるつもりです。"

MBC <太陽を抱いた月> 18回に出てきた話です。 初恋ホ・ヨヌ(ハン・ガイン扮)の偽りの死とからまった真実と向き合ったイフォン(キム・スヒョン扮)はお父さんの成鳥大王(アン・ネサン扮)がそうしたように秘密を覆うか、真実を明らかにすることかを置いて葛藤に陥ります。

その時フォンの決定を助けたのは彼の幼い日でした。 記憶の中の幼い自身(ヨ・チング扮)はお父さんに上のような話で'政治'の意味を力説します。 そしてヨヌをまた彼女がなければならない席で変えておくことに決心したんです。

ss20120306-1.jpg


'視聴者との約束'という価値、こわれてしまったが…

<太陽を抱いた月>のこの場面が浮び上がったのは、このドラマを演出するキム・ドフンPDがMBC労働組合のストライキに参加することにしたという報せに接した時でした。

フォンの心痛い決定が持ってくる結果は本来今週放送される予定でした。 ところで<太陽を抱いた月>の欠放の可能性が表面化しながら視聴者たちはこれを見守れなくなりました。 結末をただ2回控えて、まだ撮影もまだ終わらせられなかった状態でキム・ドフンPDを筆頭とした製作スタッフがストライキに参加するということはプログラム製作に大きな支障をきたすことということは火を見るように明らかな事実でないですか。

ストライキに参加することにしたことはキム・ドフンPDだけでありません。 週末MBCドラマの責任を負っている<武神>の、キム・ジンミンPDと<神々の晩餐>の、イ・ドンユンPDが現場をしばらく離れることにしました。 連続ドラマ<今日と同じようにせよ>の、キム・テジンPDもストライキに参加します。 関係者たちの話によればこれらドラマやはり1~2回ほどは放送されることができても、その後に欠放される可能性が大きいといいます。

<武神>と<神々の晩餐>は偶然にもMBCストライキが始まる頃に初放送されました。 製作発表会当時取材陣はこれらにストライキに参加するのかを取り除かないで尋ねたし、二人のPD全部"個人的な判断を離れて視聴者との約束を破ることはできない"として撮影に専念すると明らかにしました。 '視聴者との約束'。 ドラマPDがそんなに重要だと考えたこの'約束'の価値は、結局破られてしまったもようです。

ドラマPDらの呼び掛け"やむを得ずドラマ作っている現実"

だが、むやみにこれらの誤りだと恨むことができましょうか。 ドラマ局PDが先月27日声明でも訴えたように、ドラマは"ストライキで製作が中断されれば、今後ストライキが終了して復帰してプログラムを再開することが事実上不可能"になる可能性も大きいです。

これは俳優らの日程や後続作放送など数多くの計画が放映終了時期に合わせてあらかじめ組まれているためです。 実際にキム・スヒョンやチョン・イルなど<太陽を抱いた月>の主要出演陣は放映終了後たまっていた広告と画報撮影が予定されているといいます。 ハン・ガインもやはり映画<建築学概論>の封切り日程を消化しなければなりません。 <太陽を抱いた月>の後続作の<ザ・キング・トゥ・ハーツ>はすでに14日初放送を予告した状態です。

また、たとえ代替人材が投入されてドラマ放送が続くとしても、それがどれくらい演出者の意図と符合しているかは分かりません。 緊急に放送が製作されるだけにその質がどれくらい優れるかも保障できません。 このためにいくつかのPDは記者に"ストライキ中にやむを得ずドラマを作っているPDらの心情を扱ってくれ"と伝えたりもしました。

それで、これらは先月27日声明を出したりもしました。 職務を持っている人を除いてドラマ局に所属した51人のPD中50人が名前を上げました。 MBCが先月2月二度主要日刊紙広告を通じて<光と影>と<太陽を抱いた月>等ドラマの成果を言及してMBC労働組合のストライキを批判したことに正面から反論したのです。

声明でこれらは"現在のストライキ中であるのに放映中のドラマがMBCの公正性を取り戻すストライキの動力を落とそうとする見せ掛けの形に利用される現実に怒って合わせて深い責任感を感じる"として"問題はこのような業務の特殊性を悪用してあたかもドラマ構成員が今回のストライキの名分を否定してストライキに参加しない勢力で売り渡そうとするところにある"と指摘しました。

そして5日、ドラマ局夜通し総会が開かれました。 MBC労働組合は6日報道資料を通じて"企画と製作に長期間が必要なドラマの特性上、現場製作中のドラマPDらのストライキ参加は非常に異例的だ"として"去る2010年MBCの39日ストライキ期間にもドラマは全部正常に放映されたことがある"とその意義を伝えました。 本当に、'類例ない事態'が広がったのです。

私たちはこの'ドラマ'のどんな結末を見ることになるだろうか

この史上初の事態に送って、ある現場関係者は"子供を取っておく心情と同じだ"と吐露しました。 自分たちの手で一つ一つ作ってきたドラマを、そしてそのドラマを撮影する現場を離れなければならない心境を端的に表現する言葉でした。 その短い話中に、本当に遠くて長いため息が混ざっていました。

どうしようが、今はすべての状況は彼らの手を離れました。 これらは苦心の末に痛恨の決定を下したことで、その後でどのようなことが広がるかは誰も予測できません。 欠放になろうが、スペシャル放送で代替されようが結局<太陽を抱いた月>等MBCの主要ドラマは今回の事態の'額受け'になりました。

何が正しくて誤っているかは生半可に判断できないかもしれません。 しかし先立って言及した幼いフォンの話のように、これらは自身が信じている'正しいこと'と'正しくないこと'の基準を通じて"全部を歩いても守って、全部を得ても捨てる"決断を下したと見られます。 私たちはこの'ドラマ'のハッピーエンドを見ることができましょうか。

[オーマイニュース 2012-03-06 13:27] 元記事はこちらから

※みんな一丸となってここまで作り上げてきた太陽抱月の現場を離れることはキムPDが一番つらいはず。それでもいまは闘う時なのね(>_<)
別窓 | [太陽抱月]制作関連記事 | コメント:0 | top↑
<<[単独]'太陽抱月'キム・ドフンPD,撮影会場時限付き復帰…放送可否は不透明 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | '太陽抱月'放映終了1週延期..国民ドラマが止まった(総合)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。