いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
MBC,人事委控えてストライキ余波拡散...職務部長12人'大量辞退'
芸能局職務PDらも"キム・ジェチョル社長、現事態解決ためにすべての努力しなければ"

6週目をむかえたMBC労働組合のストライキ余波がますます大きくなっている様相だ。 MBCが5日チェ・イルグ アンカー・キム・セヨン アンカーおよび報道局職務辞退部長3人とキム・ジョングン アナウンサーなど労働組合幹部5人に対する人事委員会を開く中で、MBC内部ではこれに反発する声がますます大きくなっている。

職務さあ12人、"職務辞退してヒラ社員に帰る"

先にMBC <太陽を抱いた月>の、オ・ギョンフンCPを含んで副局長2人と部長10人など総譜織婦長12人が5日午前自分たちの職務を辞退した。

これらは"職務を辞退して"という題名の文を通じて"私たちは今日職務を辞退してヒラ社員に帰る"として"私たちがMBCの職務幹部としての役割を継続してきたことは公営放送MBCを守るためにだったキム・ジェチョル社長と彼が作っておいた会社体制を守るためのものではなかった"と明らかにした。

これらは引き続き"私たちはストライキに参加した社員らの空白を埋めながら会社内の葛藤が調和するように解決されることを期待した"として"しかしキム・ジェチョル社長は工程放送を念願する社員らの忠実な気持ちに答えるどころか不法うんぬんして対話を回避してきて突然現れて告訴と懲戒を押し切っている"と指摘した。

"この時点で私たちは職務幹部の役割を継続することにこれ以上意味を探すことはできない"と強調したこれらは"私たちは職務を辞退してヒラ社員に帰ってキム・ジェチョル社長の退陣を要求する社員らと共にするだろう"として電撃的にストライキに参加するという意思を明らかにした。

MBC労働組合はこれに"これですでに職務を投げた報道部門のキム・セヨン・チェ・イルグ副局長など5人を含めば全17人の職務幹部が職務を辞退してストライキに参加した"として"職務幹部らの大量辞退とストライキ参加はMBC駅史上類例がないことで、キム・ジェチョル体制がもう極に達したことを反証することだ"と評した。

引き続きMBC労働組合は"今日(5日)人事委員会の懲戒結果により職務者らの辞退はずっと続く予定"としながら追加で職務から退くこれらができることだと暗示した。

20120305-3.jpg


芸能局職務PDら"私たちも製作現場離れるほかはない"呼び掛け

このような中で<無限挑戦>の党派争い頃CPなど6人の芸能局職務PDらも"芸能本部職務PDらの呼び掛け"という文を出してキム・ジェチョル社長にストライキ事態解決のための努力を促した。

"ひたすらプログラムだけ考えた芸能PDが皆製作現場を離れた"として話し始めたこれらは"その間私たちの職務PDは後輩らの空白を埋めようと勤めてきた"として"このような努力はひたすら芸能番組の競争力を維持するためであった"と明らかにした。

しかしこれらは"現在14個芸能番組の中で<無限挑戦>、<日夜>、<私たち結婚しました>、<笑ってまた笑って>が4~5週目再部屋なったり火方なった"として"改編を準備中のプログラムらも進行を止めた状態で、編成が予定された<出て行って数2>きて新しいシチュエーションコメディも期日を合わせられるか五里霧中の混沌の中だ"と今の状況を伝えた。

"昨今の状況を見て回る時私たちはみじめさを禁じ得ない"としてキム・ジェチョル社長に"告訴と重い懲戒など強硬対応は状況をさらに悪化させるだけだ"と訴えたこれらは"社長は現在の破局的状況を解決するために労組と即刻対話を含んだすべての努力を傾注しなければならない"として"早く解決できないならばこれに従うすべての責任を負わなければならない"と警告した。

また、これらは"MBCの管理監督機関として放文振(放送文化振興会)はこれ以上傍観せずに現状況を解決するために積極的にでなければならない"として放文振が積極的にストライキ事態を解決しなければなければならないと促した。

最後にこれらは"私たちの切迫して切実な忠実な気持ちが敬遠されるならば芸能職務PDは製作現場を離れるほかはない"として要求が受け入れられない場合、ストライキ参加まで辞さないという意を明らかにした。

一方MBC労働組合は去る1月30日キム・ジェチョル社長の退陣と工程放送回復を要求してストライキに入ってストライキ6週目を迎えた。 このような中でMBCではいったい人材を採用するという公告を掲載してストライキに参加したこれらを大挙人事委員会に回付するなど強硬に対応していて労使間の立場の差は平行線を走っている状況だ。

次は職務辞退者12人と芸能局職務PD 6人が各々発表した文だ。


職務を辞退して

私たちは今日職務を辞退してヒラ社員に帰る。

私たちがMBCの職務幹部としての役割を継続してきたことは公営放送MBCを守るためにだったキム・ジェチョル社長と彼が作っておいた会社体制を守るためのものではなかった。

私たちはストライキに参加した社員らの空白を埋めながら会社内の葛藤が調和するように解決されることを期待した。 しかしキム・ジェチョル社長は工程放送を念願する社員らの忠実な気持ちに答えるどころか不法うんぬんして対話を回避してきて突然現れて告訴と懲戒を押し切っている。

キム・ジェチョル社長は職務を辞退した報道局幹部とアンカーまで人事委員会に回付するとキジャ会長を解雇した。 これはMBC会社創業以来51年の間ただ一度も無かったことだ。

この時点で私たちは職務幹部の役割を継続することにこれ以上意味を探すことはできない。

私たちは職務を辞退してヒラ社員に帰ってキム・ジェチョル社長の退陣を要求する社員らと共にするだろう。

2012.3.5

グローバル事業国グローバル事業1部長パク・ヒョンサム/編成国編成コンテンツ部長イ・ソンテ/時事教養局時事教養4部長ホ・テジョン/外注製作国外注製作1部長前杯菌/ドラマ1国ドラマ2部長オ・ギョンフン/デジタル技術国TV送出部長ハン・サンギル/経営支援国副局長チャン・ヘヨン/経営支援国人材開発部長前庭数/広告国副局長旧自重/広告国メディアマーケティング部長イ・シヨン/ソウル京仁支社製作事業部長ホン・ヒョクキ/クリエーティブセンターコンテンツ開発2部長イ・ボヨン


芸能本部職務PDらの呼び掛け

ストライキが二ヵ月目に入り込んだ。 ひたすらプログラムだけ考えた芸能PDが皆製作現場を離れた。 自身の焼身とも同じプログラムを下ろして離れた後輩らの痛みと真心を私たちはよく知っている。 その間私たちの職務PDは後輩らの空白を埋めようと勤めてきた。 難しい条件の中でも主要芸能番組らを欠放させるまいと努力してきた。

このような努力はひたすら芸能番組の競争力を維持するためであった。 芸能番組は常に視聴率の最前線に立っている。 一度落ちた競争力を回復しようとするなら何倍の努力と時間が必要だ。 現在14個芸能番組の中で<無限挑戦>、<日夜>、<私たち結婚しました>、<笑ってまた笑って>が4~5週目再部屋なったり火方なった。 改編を準備中のプログラムらも進行を止めた状態で、編成が予定された<出て行って数2>きて新しいシチュエーションコメディも期日を合わせられるか五里霧中の混沌の中だ。

このような昨今の状況を見て回る時私たちはみじめさを禁じ得ない。 社長は今の非常事態を解決するために何をしているのか? 告訴と重い懲戒など強硬対応は状況をさらに悪化させるだけだ。

これに私たちの芸能職務PDは切実に訴える。

-社長は現在の破局的状況を解決するために労組と即刻対話をフォーハム一丁でも努力を傾注しなければならない。 早く解決できないならばこれに従うすべての責任を負わなければならない。

- MBCの管理監督機関として放文振はこれ以上傍観せずに現状況を解決するために積極的にでなければならない。

-私たちの切迫して切実な忠実な気持ちが敬遠されるならば芸能職務PDは製作現場を離れるほかはない。

2012.3.5.

芸能1副局長パン・ソングン/芸能2副局長兼企画製作1部長キム・ジョンウク/芸能1部長クォン、ソク/芸能2部長嘲戯陣/芸能3部長党派争い頃/芸能企画製作2部長イ・ミンホ


[オーマイニュース 2012-03-05 09:52] 元記事はこちらから

20120305-2.jpg

※みんな本気だ(>_<) もうこうなったら報道のない視聴者、そして世間をお騒がせしたことへの責任も含め社長は退陣するほかないのではなんて・・・。

また今日もタイムオーバー、ドンホくん、RUNくん話題も明日に持ち越しで今日はここまで~。
別窓 | [太陽抱月]関連記事(要整理) | コメント:0 | top↑
<<'太陽抱月'放映終了1週延期..国民ドラマが止まった(総合) | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | '番人'の静かな力、封切り1周年記念行事'義理光って'>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。