いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
'太陽を抱いた月'が投げかける教訓
一生カヤ琴を抱いて暮らしたがカヤ琴を離す理由は色々だ。 観客がある所であればどこでも訪ねて行って離す時もあって、胸一方にしこりができてカヤ琴を離す場合もある。 最近ではTVドラマの興味に取ってカヤ琴を離した。

MBC TVで送りだすドラマ‘太陽を抱いた月’は朝鮮時代を背景に仮想の王イフォンと秘密に包まれた額受け巫女月の切ない愛の物語を描いた宮中ロマンスだ。 愛と権力を取り戻すために苛酷な運命に対抗する王と、あらゆる不正を日常行う母方の親戚勢力に対抗して没落した家せいで生き残ろうと巫女に変身した月が登場する。 

ドラマがおもしろい理由はまず‘太陽を抱いた月’というモットゥロジン題名を挙げたい。 また、好奇心ぎっしり埋まった目で見詰めるようにさせるラブ ストーリーがある。 これと共に独創的であり魅力的なキャラクター、硬い考証でにじみでる感動、吸引力あって興味深いストーリー展開で出てくる面白味が交わって多様な観客層を確保した。

おりしも‘太陽を抱いた月’の撮影地が住む所の近所にあって一走りで訪ねて行った。 伝統茶と伝統衣装記念品を販売する‘モンユヒャン’という喫茶店があるのに唯一1番と5番テーブルに座るというお客さんが列をつくっている。 理由を尋ねるとドラマの中の王役割を受け持っている演技者キム・スヒョンが1番と5番テーブルで茶を吟味して台本練習をするという返事が帰ってきた。

ドラマの人気に力づけられて香港、日本などで劇中王キム・スヒョンに会いに毎週こちらを探す外国人がいるという話も聞こえる。 日本、東京では‘太陽を抱いた月’が韓国と同時にTV電波に乗っているというとマスメディアの力は真に驚くべきであるだけだ。 それこそ韓流熱風で全世界が揺れるこの頃‘太陽を抱いた月’も韓国の大衆音楽(K-POP),映画とともに一ヶ所を堂々と占めていることだ。

成功した人99%が失敗した経験を誇らしく思うという話を聞いた。 そしてしばしば謙虚の美徳と、他人の話を丁寧に聞く聴衆の美徳を失敗と成功をつなぐ必要輪が挙げられる。

有名な財閥家の先代会長は後継者選定理由で傾聴の徳性を挙げたというエピソードが伝えられる。 彼は長男は頭が良くて、次男は活動的という長所を分かったが後継者で前に出さなかった。 しかし三番目の息子は聞くが上手だという理由、また謙虚だという理由で成功の可能性を読んで後継者として掲げていたという。

‘太陽を抱いた月’の原作者チョンウングォル作家は‘謙虚な政治’を話展開の底辺に敷いている。 "国の根本である民が最も高い場所に" "民の憂いを抱えた者が王の座に""学問と人格を備えた自己管理の地位に"。‘すべての万物がなければならない所定の位置にあるように作ること’が仮想の王イフォンが持った政治哲学という分析だ。

政治は他でもない正置ではないだろうか。 全てのものが所定の位置にあることだ。 太陽と月が本来の位置にあるように私たちの社会の構成の一人一人も各自がしなければならないことをまともに探して熱心にやり遂げるならば私たちの社会は調和がとれるという考えをしてみる。

総選挙が近づいている。 一方で連日胸苦しいニュースが溢れでている。 私たちの社会が調和がとれた世の中に走って行くことを祈って12行カヤ琴をまた離す。

[イーデイリー 2012-02-24 06:00] 元記事はこちらから

※謙虚たれ。。。

日本ペンも撮影地訪れてるんですね~。日本でも同時にTV電波ってPCとかアプリでリアル視聴ってことですよね(爆)。早く日本語字幕で観たいなあ。

別窓 | [太陽抱月]放送中コラム・批評 | コメント:0 | top↑
<<撮影会場には温かい人情があふれる | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ‘太陽抱月’すさまじい宮中残酷史が大韓民国を泣かせた>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。