いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘太陽抱月’原作-シノプシスみな読んでも後頭部‘予測不可反転展開’
'太陽抱月'があらゆるスポイラーにも絶え間ない反転展開を継続している。

MBC水木ミニシリーズ'太陽を抱いた月'(脚本チン・スワン/演出キム・ドフン)は原作小説を土台にしただけスポイラーも随所に敷かれている作品だ。

原作小説で使われたエピソードがドラマでどのように具現されるかは原作小説ファンたちの最も大きい関心事でいつも比較対象がされてきた。 それだけでなくシノプシスがしばらくインターネットに飛び交ってかなり多くのネチズンがシノプシスを読むこともした。

だが、原作小説にない月(ハン・ガイン扮)の記憶喪失設定で原作小説ファンたちが予測することはできない装置を用意した同時にシノプシスとも変わったドラマ展開を見せて随所に敷かれていたスポイラーを面目を失わせた。

流出したシノプシスでは月が月霊受けで陰月閣に閉じ込められるのではなく月をねたましく思った聖水庁巫女らの計略のためだった。 また、16日14回が放送される前拉致された月が覆面を使った男が覆面を脱ぐ場面で妻用仮面をかぶった皇太子フォン(ヨ・チング扮)を思い出させて記憶を取り戻すというスポイラーも飛び交った。

結果的に月は大王大妃(キム・ヨンエ扮)と生命科学教授ナデギル(キム・ミョングク扮)の計略で陰月閣に閉じ込められたし過去の自身と向き合って記憶を取り戻すことになった。

原作小説とシノプシス、スポイラーに全部接したネチズンは"はるかに緊張感あふれる展開であった","予測不可解でさらに興味深かった","後頭部まともに合ったが完全大満足"等好評を送っている。

とりわけシノプシスでは月が記憶を取り戻す後部分話が出てこなくて今後の展開に対する気がかりなことをより一層育てている。 今後の反転展開により一層関心が集中するのは当然の結果だ。

一方14回では月が記憶を探した同時にフォン(キム・スヒョン扮)が世子嬪の死に黒呪術が関連しているという推測をやり遂げて今後のドラマ展開に緊張感を高めた。

[ニュースエン 2012-02-17 10:33] 元記事はこちらから

ss20120220-6.jpg

※未完の作品でもないのに原作つきドラマをここまで設定変えてくるなんてチャレンジャーだ(爆)。
別窓 | [太陽抱月]原作 | コメント:0 | top↑
<<'太陽抱月'延長否認、インターネットユーザー賛否意見まちまち | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [TV拡大鏡] '太陽抱月'とチン・スワン作家の'運命の出会い'>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。