いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
[TV拡大鏡] '太陽抱月'とチン・スワン作家の'運命の出会い'
'根深い木'のキム・ヨンヒョン作家'千日の約束'のキム・スヒョン作家、'製パン王キム・タック'のカン・ウンギョン作家…. いわゆる'スター作家'と呼ばれるこれらは名前だけで作品に対する期待を高める。

作家の名声は作品との相性から始まる。 その相性は誰が、どのように作るのか。 製作会社放送局など多様な斡旋者などの打ち合わせは一般的な場合だ。 気が合うPDとコンビで作品を準備したりもする。 ドラマぐらいドラマチックな'運命のような出会い'もある。

最近スター作家隊列に合流したMBC水木ミニシリーズ'太陽を抱いた月'(監督キム・ドフン)のチン・スワン作家がこのような場合だ。 '太陽を抱いた月'は同名の小説を原作にした作品。 製作会社のパンエンターテインメントが原作をかつて購買、所属作家のチン・スワンとの出会いを実現させた。

当時原作を一番最初に読んだある関係者はチン・スワン作家と'太陽を抱いた月'の初めての出会いを運命だと表現した。 この関係者は最近スポーツ韓国に"小説を読みながら'、この作品だ'という戦慄と共に'、チン・スワン作家だ'という鳥肌が立った"として笑った。 引き続き"ちょうどチン作家が準備している作品がなかったという点もタイミングに合った"と付け加えた。

チン作家が'太陽を抱いた月'と合ったまた他の契機は彼だけの感受性も作用した。 チン作家は前作'京城スキャンダル' 'ワンダフル ライフ'などで男のキャラクター表現法とエピソードを創造する力を認められた。 ファンタジー史劇を標ぼうした'太陽を抱いた月'に似合った作家であった計算だ。

チン作家の感覚が発揮された代表的な場面は劇中王イフォン(キム・スヒョン)と護衛武士ウン(ソン・ジェリム)が山中に位置した巫女月(ハン・ガイン)の石家荘に立ち寄った時であった。 劇中盤部に電波に乗ったこの場面は原作の初めてのページを飾る。

原作ではこの場面を叙情的に描写した。 ドラマでは逆に流れた。 感情は多様だったし登場人物の行動は躍動的だった。 月からヨヌの感じを消すことが出来ないフォンは彼女の手首をつかんで引いた。 名のない彼女を月と呼んで切ないということを加えた。

パンエンターテインメントのある関係者は16日スポーツ韓国と電話通話で"チン・スワン作家は事件と事件の連結の輪を劇的に脚色する能力がある"として"水が流れるように穏やかな小説をしこしこするように感情が混ざったいくつかのエピソードで極大化させている"と説明した。

[スポーツ韓国 2012-02-20 06:00:38] 元記事はこちらから

※ここまで視聴率上がりファンを熱狂させるのは原作の力ばかりでなくチンスワン作家先生のおかげさまでもあるだろう。もっ韓で特集組まれるときには原作エピソードを大胆に脚色したチン作家先生のロングインタビューをお頼申します!
別窓 | [太陽抱月]制作関連記事 | コメント:0 | top↑
<<‘太陽抱月’原作-シノプシスみな読んでも後頭部‘予測不可反転展開’ | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | '太陽抱月'キム・スヒョンぐらい演技しやすいと思うか>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。