いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘太陽抱月’チョン・イル、原作と違った反乱起こすだろうか?
陽明(チョン・イル扮)が原作と違った方式の反乱を起こすのかに関心が集められている。

2月15日に放送されたMBC水木ミニシリーズ'太陽を抱いた月'(脚本チン・スワン/演出キム・ドフン、イ・ソンジュン)では陽明とイフォン(キム・スヒョン扮)の葛藤が極に達した姿を見せた。 特にフォンに対する陽明の怒りが大きいだけ"原作と違った陽明の反乱が有りえる"という推測が生い茂る。

二人の葛藤の中心には月(ハン・ガイン扮)がいる。 中殿との合房日フォンに肉を飛ばしたという寃罪をこうむった月を救うために陽明は直接義禁府まで出てきて証言をした。 聖水庁に出入りしたとのことだけでも王族の陽明もやはり'反乱'疑いをかけられることができるが"肉が飛び込んだその時一緒にいた"と話した。

アリバイは立証したが相変らず監獄から出ることができない月のために"君が私を誘惑したのではない、私がお前を誘惑したと話しなさい"として"それで君の罪が軽くなるだろう。 その次は私が処理する"としながら月を解くために努力する姿だった。

それだけでなくフォンを訪ねて行って月を求めるために要請までする。 フォンは陽明の登場に"単なるいやしい巫女を救命することに出るとはお兄さんらしくない"と話して、陽明は"殿下には単なるいやしいその一つを求めることを大切にしてきた。 允許に違って"と話した。

フォンが"王の親戚の名誉は王室の名誉と直結する"と許さないと陽明は"どうせ覆いだけの王子とか允許すれば捨てる準備ができている"と話した。

月に対する切実なチョンをフォンが受け入れていないながらフォンに対する陽明の怒りはより一層大きくなった。 特に"所信が願うすべての人と全てのものを持った殿下、その切実な一つまで許諾されないならば..."と話した最後の独白は反乱まで推測して見ることができる。

原作で陽明の反乱は母方の親戚勢力を清算するためのフォンの作戦の中の一つであった。 だが、両者が今のように分かれている状況ならば原作と同じ仕上げが骨を折られることもできるという意見も台頭している。

陽明が月を得るために反乱まで起こすのか今後展開が視聴者たちの気がかりなことをかもし出している。

[ニュースエン 2012-02-16 08:10] 元記事はこちらから

ss20120216-2.jpg
別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
<<'キム・スヒョン病み'を産む見えない手 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | '太陽抱月' 38.4%自体最高視聴率更新…首都圏は42.9%>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。