いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
太陽抱月陽明は王になれない? 朝鮮王朝庶子コンプレックス
陽明は本当に王になれなかったのだろうか?

人気の下に放送中であるMBC '太陽を抱いた月'のまた他の男主人公陽明(チョン・イル扮)は王のイフォン(キム・スヒョン扮)と月(ハン・ガイン扮)を置いて三角関係に陥った人物。ドラマでイフォンの腹違いの兄で王位序列1順位署長者だ。 陽明はイフォンより兄だが王になることにはならなかった。 庶子という身分が最も大きく作用した。 果たして朝鮮時代庶子は王になれなかったのだろうか。

朝鮮王朝を調べれば庶子または、庶子出身が王になった事例が少なくない。 適正者がないという理由で、国家非常事態という理由で庶子が世子で冊封されて王になった場合だ。 だが、庶子出身の王たちは'庶子コンプレックス'に手に負えながったとのことが多い学者らの研究だ。

壬辰倭乱を体験した先祖は一部学者らから'庶子コンプレックス'が最も激しかったという評価を受けている人物だ。 先祖はおじいさん中宗の庶子のトクングンの3番目に息子だ。 明宗が後嗣なしに崩ずるとすぐに王位に上がった。 だが、先祖は庶子コンプレックスは後継者選定にどぎまぎする姿で最も多く見ることができる。

先祖は適正者に対する欲が深かったと分かった。 だが、先祖は適正者を産めないまま后妃実子の息子だけを得た。 臨海君、光海君、シン・ソングンなどがこれらだ。 跡継ぎ冊封が遅れた理由もこういう適正者の不在がある理由になったという分析もある。 先祖の後継者は光海君に帰った。 壬辰倭乱が勃発して非常時のために跡継ぎを冊封しなければならないという臣下らの要求が激しいながら二番目光海君が跡継ぎになった。

問題は年老いて産んだ子詠唱大君の誕生だった。 一歩遅れて幼い仁穆大妃を通じて適正者が誕生したのだ。 跡継ぎはすでに光海君だったが光海君が庶子という理由で詠唱大軍が王外継承最優先者に浮び上がった。 光海君と詠唱大軍の跡継ぎ争奪戦は東人と西人の権力争いに広まった。

先祖は突然崩じた。 これに対して毒殺説まで出てきた。 先祖は大臣たちに"詠唱大君をお願いする"という最後の遺言を残した。 死ぬ瞬間までも王位争いの火種を残したのだ。

後に続いた光海君も庶子出身だ。 さらにおもしろい大きな課題は適正者の詠唱大君があったのにかかわらず庶子として王に上がったという点だ。 もちろん壬辰倭乱と突然先祖の崩御が最も大きい理由になった。 庶子という身分は光海君を最後まで困らせた。 光海君が兄弟らの臨海君、詠唱大軍などを殺した理由もこのような庶子身分による王権威嚇のためだった。 結局光海君は兄弟らを殺したという理由でソインらによって追放されるに至る。

もう一つの庶子出身代表的な王は英祖だ。 英祖のお父さんの粛宗は王妃エピソードが最も派手な(?) 人物だ。 インヒョン王侯チャン・ヒビン、チェ・スクウィーンなど多くの話を残した。 これは後代にそっくり伝えられた。 チャン・ヒビン実子警鐘が在位4年ぶりに死ぬとすぐに王世弟であった英祖が即位する。 英祖のお母さんのスクウィーン チェ氏に対しては詳しく知らされたことがないが無修理で口窮したという説が有力だ。 英祖は女官中でも最も低い身分の無修理出身の王子だったのだ。

直接的な言及はないが庶子コンプレックスは英祖もやはり困らせた跡がたくさん見える。 英祖在位ずっと提起された軽躁毒殺説がこれを代弁してくれる。

[ニュースエン 2012-02-13 10:38:55] 元記事はこちらから

ss20120213-5.jpg

※自動翻訳妙ですが記事捕獲~。
別窓 | [太陽抱月]放送中コラム・批評 | コメント:0 | top↑
<<‘太陽抱く月’ ‘光の影’ 5分遅く視聴者訪ねてくる..なぜ? | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | [TV老眼鏡] '太陽を抱いた月'イフォンは燕山君をモデルでしたか?>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。