いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
太陽を抱いた月、虚構の中に隠された王の疲れる真実
[ブログと]照らすことの世の中老眼鏡照らすということ

'私が大事なこれらは全部私によって危険になる。 私はそれらを守ることができなかった。 守ることができなかっただけでなく彼らのうらめしささえ解けずにいる'

'邸下のせいではありません'

深夜、朝鮮の王イフォンと巫女月が交わす会話は、この前放映終了されたドラマ'根深い木'の台詞をそのまま移しておいたようにします。 当時根深い木でも自身の側近が引き続き死んでいくとすぐに世宗(ハン・ソッキュ扮)が似た話をしたし、これを見守ったソイ(シン・セギョン)もやはり月と全く同じような話で受けたことがあります。

万人の上であり朝鮮全てのものの主人の王は意外に無力な存在でした。 これは派閥勢力政治が猛威を振るった朝鮮末期の王たちだけでなく、朝鮮の相当数王たちが似た心情だった縁ですが、朝鮮の国家体制が王権の一人独裁を牽制するシステムだったので朝鮮の王たちは概して似た無力感を訴えたりしました。

虚構の中朝鮮の王のイフォンもやはり権力高い母方の親戚らに囲まれたままこのような無力感から自由でないですが、これに劣らず疲れる王の日常も伺えます。 まさに極悪の合房手続きだったんですよ。

ss20120211-7.jpg ss20120211-08.jpg


ミリョンある健康を言い訳で中殿との合房をきっぱりと拒否するイフォンに、領議政が取り引きを提案します、額受け巫女(月:ハン・ガイン)が数日の間王の沈殿を守ったのに玉体に利き目がないならば、任務を全うすることが出来ない巫女は国家の保安と安全のために除去されなければなければならないと脅しをかけます。 結局月を保護しようと中殿との併合を受け入れるイフォニン、その併合手続きは苛酷なほど緻密でした。

ドラマでもイフォンは合房を控えて針も打って、薬も飲んで、衣冠もチョンガリ取りまとめて着なければならなかったんですよ。 この過程であらわれた王の太い足の毛を見ていようとするなら彼も同じ人間というものを感じることができると思いますが、王がいつか中殿にした話'あなたの一族は全てのものを得ることになることでもあなたは決して私の心をつかめないこと'といっていた一生の確約を相変らず十分にかむイフォンにはこのような手続きがより一層苛酷に感じられたようです。 このような王の心境は荘厳なバックミュージックと無表情な王の顔を通じて十分に伝えられますね。

記録を見れば、王と中殿の合房は国家の大使として部屋外で尚宮が待機する中で行われるといいます。 ひもを解く行為一つ頭を置く方向さえ外で見守る尚宮の指示により進行されたというとその羞恥心と疲れは到底言葉では言い表せないでしょう、入室時間は深夜12時で関係は夜明けに絶頂を見ろとするからにはこれもまた困惑であることでありもし雪が降ったり稲妻でも打てば合房手続きが中断されたりもしたので、中殿との合房をひたすら好んだ朝鮮の王は珍しかったでしょう。 朝鮮の王たちがこういう理由で中宮殿より後宮殿をより一層訪れたという話はそれで信憑性があります。

ドラマでイフォンが中殿の居所に入るとすぐに入口では尚宮が買った鶏を抱いていました。 これはあるいは合房過程で王の玉体に異常が生じれば鶏の生き血を飲ませようとする目的ですね。 もう王が中殿と対面して、部屋外で尚宮の声が聞こえてきます。 '邸下のオプソン入城観を下ろして下さい' '邸下のオプソン玉帯を解いて下さい'行動一つ一つを指示する太陽抱月の中王の合房は朝鮮の王が遂行しなければならなかった'合房業務'の手続きがよく表われていますね。 話は虚構だがその中には朝鮮の王たちが体験した疲れた人生がそっくり見られます。

ところでイフォンはこのような手続きに破格を加えます。 プラは玉帯は放っておって中殿にに皮肉を飛ばしたね。心をチョンガリすることも合房の重要な義務であるものの二人の間ではみなぎる緊張感が造成される中で、イフォンは突然中殿を過激に抱きしめます。

一生絶対見つめないと念を押した中殿であるものの'月'の安全と危機のための仕方ない現実の前でイフォンは敗北感と無力感に浸る代わりに伝統と手続きの破壊で慰安を得ます。

'良い、中殿のために私が、ひもを一度解くだろう'本来話を聞かない男が魅力的でもあります。

芸能ブログ(http://willism.tistory.com)を運営している。 人の中で生きるが、一緒に疎通しているのかいつも疑わしかった。 直ちに配偶者ともそうであったのか反省する。 それで始めたブログだ。 全部簡単に接して共に共有できることから始まった。 最も近い人との疎通を始めさらに広い疎通ができるのを待ちこがれる。

[メディアス 2012-02-10 09:27:41] 元記事はこちらから

※いくら愛がない、心を渡さない行為だとしても中殿とやっちゃやだーーー;;
別窓 | [太陽抱月]放送中コラム・批評 | コメント:0 | top↑
<<太陽を抱いた月合房“信じられるのはへガクトサ殺だけ!”…妨害成功? | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 太陽を抱いた月キム・スヒョン、フュージョン史劇を実感させたキュートな王>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。