いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ロマンス史劇、通じたのだ
‘テレビ劇場にまともに通じました。’ ‘ロマンス史劇’が2012年テレビ劇場を強打した。 朝鮮時代仮想の王と秘密に包まれた巫女の愛の物語を描いたMBC ‘太陽を抱いた月’が放送8回ぶりに全国視聴率30%を突破しながらロマンス史劇の不敗神話に関心が集まっている。

伝統史劇の枠組みから抜け出して青春男女の話を現代的な映像美で解きほぐすロマンス史劇は‘成均館スキャンダル’(2010)と‘王女の男’(2011)を経て2012年にはMBC ‘太陽を抱いた月’で絶頂の人気を謳歌している。 このように大韓民国がロマンス史劇に陥った理由は何だろうか。

ss20120130-15.jpg ss20120130-16.jpg


●‘太陽を抱いた月’ 8回ぶりに視聴率30%突破

最近国内史劇は進化を繰り返してきた。 歴史的事実を重視した伝統史劇はフュージョン史劇‘茶母(タモ)’(2003)を基点に一度スタイル変化を経たし、民衆史劇‘チュノ’(2010)を通じて素材の多様化を経験した。 フィクションが加味された最近のロマンス史劇はこうした流れから出てきたことだと見ることができる。 史劇が素材とスタイルの限界を跳び越えながら歴史的想像力を発揮する土台を用意したということだ。

ドラマ評論家のユン・ソクチン忠南大国文科教授は“‘チュノ’を通じて記録されなかった歴史に対する好奇心が大きくなりながら史劇が歴史論争や考証論議で比較的自由だった。”としながら“これはドラマとして史劇の認識転換を持ってきたし、‘太陽を抱いた月’のように虚構に基づいたロマンス史劇に進化することになったこと”と話した。

このようにロマンス史劇の歴史的な豊富な想像力は時代的な装置を通じてドラマのファンタジー的な要素を強調することができる。 ロマンス史劇を好んで見るというある女性視聴者は“史劇は神秘な感じがして、メロも現代劇よりさらに切ない感じがする。”と話した。

ロマンス史劇の最も大きい特徴は既存の史劇で劇の面白味で‘薬味’のように添加されたメロがドラマの核心軸に位置しているということだ。 ユン・ソクチン教授は“時代感覚に遅れをとるという批判で立つ場所を失われた正統メロと陳腐さの代名詞と呼ばれた史劇が会ってシナジー効果を起こしている地点が非常に興味深い。”と話した。

ロマンス史劇はドラマ製作者らにも魅力的な要素がいっぱいだ。 放送関係者たちは現代物に比べて強い過激で老若男女を簡単に没頭するようにさせる吸引力を最も大きい長所に選ぶ。 昨年癸酉チョンナンを背景に二人の男女の切ないロマンスを描いた‘王女の男’を製作したKBSチェ・ジヨンCPは“史劇は王朝の交替、叫びや戦争など政治的な事件を通じて個人の運命がさかさまになるなど劇的な要素が大きくて、その中で善悪の構図が明確だから幅広い視聴層を確保することができる。”と話した。

換言すれば主な障害物がよじれた家族関係や貧富差による葛藤で帰結される現代物と違い史劇は時代的な装置を配置して不便でなく過激を強調することができるという説明だ。 視聴率調査会社AGBニールセン コリアが出した性・年齢別視聴層分析がこれを立証する。 ‘太陽を抱いた月’ 7回放送分の40代女性視聴率が24.2%で最も高かったし、TVよりインターネットがなじむ10代女性視聴率も17.1%に達した。

この頃時代にますます色があせている最高の純真な愛が視聴者たちの郷愁とファンタジーを刺激したという分析もある。 ‘太陽を抱いた月’の製作会社のパン・エンターテインメントのある関係者は“劇序盤子役の部分で10代の荒っぽい初恋に対するかすかな思い出を思い出させたという成人視聴者たちが多い。”と話した。 チェ・ジヨンCPは“2000年代初め・中盤に流行したどん詰まりドラマに対する脱出口または、メロドラマの代案で見ることができる。”としながら“ロマンス史劇は表皮的で刹那的な愛に疲れた現代人らに深くて忍耐する愛の原形を見せるという点で一種のファンタジーを刺激する。”と話した。

●ロマンス史劇相次いだ輸出…韓流新しい中心に

特にロマンス史劇は洗練された映像美と現代的な演出力が後押しされながら若い視聴者たちまでひきつけることができた。 ここに‘美男’俳優が大挙合流してドラマがより一層若くて豪華だった。 パン・エンターテインメントの関係者は“最近ロマンス史劇は衣装、背景などはもちろん全体的な映像美に重点を置いている。”としながら“ファンタジーの範囲内で想像力を刺激する感性的なコードを最大限活用しようとする。”と話した。 チェ・ジヨンCPは“最近高画質(HD)等映像技術が発展しながら韓服の豊富な色感と武術の躍動性を強調するなど史劇の映像美がますます良くなっている。”と付け加えた。

はやい展開と明確なキャラクター、感覚的な撮影と編集など現代的な演出力はロマンス史劇のもう一つの力だ。 ロマンス小説をドラマに移した‘太陽を抱いた月’も企画団界から人物キャラクターを先にたてて、これを後押しするストーリーがついてくる方式に製作の焦点が合わされた。

このように感覚的なロマンス史劇は新しい韓流ドラマの可能性を見せている。 国内のあるドラマ外注製作社の関係者は“以前には海外で無条件‘ロマンチック コメディ’に対する購買意志が強かったが、最近ではロマンスとキャラクターが強調されたフュージョン史劇に対する関心が高まっている。”と話した。 これを反映するように‘王女の男’は海外10ヶ国に販売されたし、‘成均館スキャンダル’の輸出総額も約400万ドルに達したと分かった。

大衆文化評論家チョン・トクヒョン氏は“ロマンス史劇は既存の韓国現代物に食傷ぎみだった韓流ファンらに新しい魅力を与えることができて、ドラマを通じて韓国の歴史はもちろん服飾や食べ物など世界的に私たちの文化を知らせる良い契機になるだろう”と話した。

[ソウル新聞 2012-01-30 03:14] 元記事はこちらから

※わたしが初めて見た韓国史劇は茶母、ヘビメタ系OSTに衣装も台詞も何もかも新鮮で永遠のオンリーワンです(宮とは別腹で~)。
別窓 | [太陽抱月]放送中コラム・批評 | コメント:0 | top↑
<<'太陽抱月'側"ストライキ影響はないはずでありますが延長は…" | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ‘太陽抱月’、中愛の贈り物‘カンザシ’実際金だった!>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。