いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘太陽抱月’イ・ウォングン“ヨ・チング、年だけ持ってなるのが違う”(インタビュー②)
(インタビュー①に続き)

言葉がないチャグォルナム、朝鮮最高の雲剣キムジェウンを脱いで向き合ったイ・ウォングンは風変わりな感じだ。 183cm大きい身長と小さい顔、モデル出身らしい比率。笑う時と無表情な時さっと変わるイメージまで史劇よりは少女漫画側容貌だ。 何よりキムジェウンと違いよく笑って暖かいイメージが強かった。

イ・ウォングンがインタビューで最もたくさんした話は'良い方々'と'感謝'であった。 "人見知りの激しい性格で初めてだと見ると作品をすることになったと連絡を受けた時気持ちは良いながらも心配が押し寄せた。 現場という所が新人らに冷たくて冷酷な方々もたびたびおられるという言葉を入って恐れもでた"と第一歩を踏み出した当時心境を明らかにした。

彼は"実際に'太陽を抱いた月'の現場はとても良い方々だけおられた。 とても感謝するように分からないのは一つずつ打ったことするように知らせられた。 監督様と1,2時間ずつ話を交わしたのに今では私はたくさん知っておられる。 私は雰囲気の良くない現場に行くとしょげるスタイルだとおっしゃったがそのためか私の勇気を与えられようと暖かく用意されるのが感じられた。 とても感謝する"と話した。

人見知りする性格は初めて現場適応する時も容易ではなくした。 イ・ウォングンは"ミンホやシワン兄、スタッフの方が人気多かったかと尋ねているのに本当に人気がなかった。 静かな方で先に近付いて似合うことができなかったりもする。 一度つきあえば長引いて良く過ごすのに親しくなるのに時間が多少かかる。 それで初めには現場でも大変だった"と打ち明けた。

イ・ウォングンは"他の子役が親しくなった時も私はちょっとどのように話しかけるかも知れなくて臆していたがシワン兄が紹介して繋いてくれた。 撮影会場で親しくなるのをちょっと心配したのに兄の助けをたくさん受けた。 本当に有難かった"と話した。

引き続き"親しくなってから撮影シーンに対して話する時もそうで似合って気楽に近付くことができたようだ。 事実私が年だけ多いことで友人がみな先輩らだ。 ミンホと撮影する時はミンホがキャラクター捉えることやハプを合わせるのにたくさん助けた"と付け加えた。

ヨ・チングに対してイ・ウォングンは"幼いが経験が多いからなのか確かに成熟したよ。 それは年だけ持ってなるのではない。 考えが成熟してみるから生活でもそれがにじみ出る。 大人たちに対する態度もとても礼儀正しくて演技も優れている。 いたずら心ある姿はチングの年齢にぴったり迎える姿だが世子の謹厳な姿は基本的なマインドと成熟さがあってより一層光ったようだ"と話した。

イ・ウォングンは"撮影がない時も行ってみたりしたが他の友人らの演技を見ながら本当にたくさん学んだ。 出た撮影会場で学んでくるというのがあまりにも感謝する。 学ぶことがとても多くてとてもおもしろくてそれが楽しい。 成長するという気がして演技を見れば感歎詞も出てくる。 現場で見る楽しみが大きかった"と幼い先輩たちの演技をほめた。

演劇を見ながら演技に対する情熱を育てたし偶然に名刺を渡した今の所属会社関係者と同じ釜の飯を食べることになって視聴率と話題全部大当たりのドラマを通じて派手にデビューした。 イ・ウォングンはしかし"今は調べてみないで下さったら良いだろう。 私が実力がもう少し兼ね備えた後に発展した姿でまたお目にかかりたい"と話した。

[ニュースエン 2012-01-18 17:03:08] 元記事はこちらから

ss20120118-6.jpg ss20120118-7.jpg

※デビュー作、一生忘れられませんな;;

5話泣きすぎてアタマ痛い;;
別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
<<‘太陽を抱いた月’ヨ・チング、キム・ユジョン訃報の便りに‘暴風嗚咽’ | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ‘太陽抱月’イ・ウォングン“チャグォルナム? 子供一人も勝てない実力”(インタビュー①)>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。