いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
古典小説'チョンウチ'今度はドラマ…来年放映予定
チョロクベムメディアは30日朝鮮時代作者未詳、連帯未詳の古典小説'チョンウチ'を素材でドラマを企画中だと明らかにした。

'チョンウチ'は九尾狐の玉を飲み込んで道術を得ることになった主人公チョンウチが暴政と飢謹でドン底に落ちた国民らを救恤する英雄小説だ。 2009年にはカン・ドンウォン主演の同名映画で製作されて600万観客を引き込んで興行追求に成功したことがある。

ドラマ'チョンウチ'は原作に表現された主人公チョンウチのキャラクターを最大限生かしながら詐欺師、山積、妓生と同じ朝鮮時代底辺キャラクターが交わって市場通りの生き生きした話を復元やり遂げるのに焦点を合わせて製作される予定で来年放送を目標にしている。

チョロクベムメディアのキム・スンウク副社長は"数多くの英雄小説があるがその主人公がチョンウチのように愉快で才気溌剌な場合は珍しくてドラマの中新しい英雄キャラクターでお目見えすることになると期待される"と話した。

また"すべての朝鮮男性たちのロマンだったファン・ジニ、ファン・ジニが愛した書画談、情乱丁などチョンウチと同時代を生きた多様な人物らに対する新しい解釈を通じてドラマの面白みを増すだろう"と付け加えた。

[韓国経済 2010-08-30 18:07] 元記事はこちらから

ss20120114-33.jpg

※だは~、とっくに去年の夏記事になってましたね(爆)。
ドンウォンくんの映画とはまた違ったチョンウチを見せてくれそうで誰になるのか楽しみ楽しみ~。


ss20120114-34.jpg
映画ポスター
別窓 | その他の話題 | コメント:0 | top↑
<<MBC ‘太陽を抱いた月’、名品子役ら活躍で連日視聴率高空行進が記事どうだったんですか? | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 若い史劇通した! '太陽抱月'に続き'カクシタル・大風樹・チョンウチ'も待機中>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。