いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘太陽を抱いた月’中に‘史劇症候群’導く4要素ある。
MBC水木ドラマ’太陽を抱いた月‘は初放送以後視聴者たちの粘り強い愛を受けている。

地上波放送3社が’身の上’を出した’水木ドラマ戦争’で着実に20%に近い視聴率を記録して話題の中心に立っている。

‘太陽を抱いた月’は‘宮中ファンタジーロマンス’という独特の主題で、’成均館スキャンダル‘原作の’成均館儒者らの毎日`を書いたチョンウングォル作家の作品だ。

ヒット作はストーリーから出る

以前には新しいドラマが始まった時視聴者たちが最も見るのは出演俳優であった。 だが、この頃視聴者たちは違う。 まさに作家が誰なのか、また、ストーリーがどうなのかを見る。

前作’成均館スキャンダル’で見せてくれた硬いストーリーと感動を視聴者たちはよく知っている。 その満足感により新作に対する期待感もまた高まっていること。

特に最近ウェルメイドフュージョン史劇がひきつづき登場しながら史劇に飼い慣らされた視聴者たちの期待心理が硬いながらもドラマチックなストーリーが史劇は難しくてつまらない以前の認識を完全に破ってしまった。

’王女の男‘で’根深い木‘、また’太陽を抱いた月`につながる最新史劇のトレンドを調べれば、’太陽を抱いた月‘の人気集めはもしかしたら当然の結果ということができる。

史劇、’ファクション[Faction]‘が与える面白味

最近史劇は歴史的事実に対する再現よりは作家の想像力が現実になりながら感覚的で興味深い話を作り出している。

ファンタスティックと美しい愛、豪快なアクション、ここに政治的陰謀を加味させてこの頃現代人らの好みにぴったり合うように構成されながらファクションがあたえる無限の想像力が劇に面白味を与えている。

実例として’王女の男‘は癸酉チョンナンを背景に敵同士の首陽大君(スヤンテグン)とキム・ジョンソの子供たちが愛に陥る’朝鮮版ロミオとジュリエット` を作り出したし’根深い木‘はカン・チェユンとソイの成り立つことができない美しい愛で視聴者たちの涙腺を刺激した。

’太陽を抱いた月‘もまた、朝鮮時代仮想の王イフォン皇太子の’宮中ロマンス`で歴史的時代背景を土台に悲しいが美しい純愛的な愛を描いていく予定だ。

ファクションは歴史的事実や実存人物の話に作家の想像力がより増しながらその想像が現実に溶け込むようにさせて劇に興味を加えるようにさせるジャンルだ。 最近人気の下に終わった’王女の男‘と’根深い木‘もファクションだ。

’根深い木‘もまた、歴史的事実と実存人物が登場したりしたが’悪口する世宗‘という想像を超越するキャラクターを誕生させました。

どこかで見たような時代的背景

’太陽を抱いた月‘は’宮廷ロマンス‘という新しい話を持って初回から強烈なファンタジーをお目見えしている。

初回でヨヌとフォンの運命的な初めての出会いが描かれた場面で二人抱いて共に地に落ちる瞬間皇太子の顔を隠してくれた鮮紅色光量産とサフラン色の蝶々、真っ白な花びらが対比されながら夢幻的でファンタスティックな美しい映像美はファンタジー映画を見るような卓越した映像美を見せてくれた。 それこそ愛、ファンタジー、アクションなど劇に面白味をあたえるすべての要素はすべて見せた。

だが最も重要なのは視聴者たちにすでになじんだ時代的背景を持っているということだ。 言い替えてドラマを展開させるための背景知識を説明することに対する負担感が減ったという点が重要だ。

偶然にも’王女の男‘ ’根深い木`に続き’太陽を抱いた月‘の時代的背景がすでに視聴者たちになじんだ朝鮮時代というものだ。 フィクションで作った話を歴史の中に溶けて入るようにして説得力を持つようにするのにこれよりより良い術はないだろう。

‘太陽を抱いた月‘もまた、ファンタジーと宮中ロマンスという興味深い主題を前に出したが視聴者たちが拒否反応なしですぐに受け入れることができた理由中に一つもなじむ時代的背景が視聴者になじみで近づきながら劇に没頭する要因になったと見られる。

ロマンスは人気のキーワード

‘宮中ロマンス‘を考えれば中殿と後宮らの嫉妬と時期、宮中を背景に権力を囲んで繰り広げられる党派戦いを連想することになるが’太陽を抱いた月‘は初恋に純情を捧げる皇太子の胸痛い純愛的な愛に関する話となる。

存在自体が威嚇であることもある陽明(チョン・イル扮)の前でいつも明るく笑う政治世界の冷静さと卑劣さを知らない太陽の皇太子イフォン(キム・スヒョン扮),別のことはみなフォンの方になってもヨヌ(ハン・ガイン扮)ひとりだけ自身のそばにあれば良いと考える悠悠自適、風流男児年でさえぎられた悲しい光陽明。

二つの太陽の愛を一身に受ける月、ヨヌは霧雨という気よりは熱い太陽の下降り注ぐ夕立ちのように清涼で気持ちの良い性格の所有者だ。 優しくて御真性分を持ったようだがそれは見られる姿にすぎない月を夢見る鏡ポギョン(キム・ミンソ扮)。

朝鮮時代宮廷案四人のからまったロマンスをフォーカスでファンタジーとアクションを加味、命をかけた皇太子の初恋を悲しいが美しくて純粋なのでそれだけ悲壮な純愛的な愛を前にどんな形で描いていくのか成り行きが注目される。

[ヘラルド経済 2012-01-12 23:15] 元記事はこちらから

※わたしにとって太陽抱月はまずソンスのチョンウングォル作家様原作ありきの関心、その期待を裏切らないドラマの俳優演技と映像美にダブルでやられたのでハートを射抜かれた傷は深いです(>_<)
別窓 | [太陽抱月]鑑賞ガイド | コメント:0 | top↑
<<太陽を抱いた月、ヨヌの運命を決定する二人工の秘密 | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | 太陽を抱いた月玉の瑕キム・ドフンPD “有難くて恥ずかしいです。”>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。