いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘太陽を抱いた月’チョン・イル“恋愛スタイル? 早く沸いて早く冷める銀色鍋のようで”
<美男ラーメン屋>から来た女心を揺るがして人気を確認したチョン・イルが“私の恋愛スタイルは銀色鍋のように突然煮立ってとても早く冷める方”としながら明確な自身の恋愛観を公開して目を引いた。

1月2日(月)ソウル、汝矣島63ビルディング別館でMBC水・木ミニシリーズ<太陽を抱いた月>の製作発表会が進行された。 オ・ギョンフンCP(責任プロデューサー)と俳優ハン・ガイン、キム・スヒョン、チョン・イル、キム・ミンで、ユンスン、ナム・ポラ、ソン・ジェヒ、ソン・ジェリムなどが参加して作品に対する話を交わした。

来る4日(水)から放送される<太陽を抱いた月>は婚礼を控えて亡くなった初恋‘ヨヌ’を忘れることができない王‘イフォン’(キム・スヒョン扮)の前に幼い時期の記憶をなくしたという‘ヨヌ’とそっくり似た巫女‘月’(ハン・ガイン扮)が現れて、彼女が‘ヨヌ’であることを識別した‘イフォン’が隠されていた彼女の死に含まれたミステリーを解きほぐして結局愛を完成するという話を描くフュージョン史劇.

前作<美男ラーメン屋>でとんでもない財閥2世を演技して女心をひきつけたチョン・イルは今回の作品でもずば抜けた容貌に自由な魂まで持った王位継承序列1順位の王子で登場する予定だ。 彼は“前作では財閥2世、今回は王族で身分上昇して気分が良い”として“表面ではしらじらしいかも知らないが内面には理性と感性の間で常に自身を秤にかける‘陽明君’の姿に注目してくれ”と話した。

王子の自信は異性観でも現れた。 チョン・イルは“私の恋愛スタイルは銀色鍋のように突然煮立って、別れたらとても早く冷める方”としながら“恋愛観ということが毎年変わる”という率直な話で感嘆の声を上げた。

すでに<帰ってきたイルジメ>を通じてチョン・イルは史劇を経験したことがある。 彼が演技する‘陽明君’もやはり変装術と偽装にたけていた人物に描かれるだけにより発展した演技を期待してみる価値はある。 チョン・イルは“前作と今回の作品全部軽い面も、真剣な面も全部持っているキャラクター”として“史劇であるからひとまず重く描かれるだろうが大きく負担と感じはしない”と話した。

続いて彼は“<帰ってきたイルジメ>でも本当に多くの部分を学べたし、今回の作品も学ぶという考えで臨むこと”としながら“単に同僚先輩らに先に史劇に出演した立場で助言しようとするなら、寒さとの戦いが一番重要だから下着をたくさん来てきた方が良い”と話して一座を爆笑させた。

チョン・イルは<太陽を抱いた月>が今年最初に始める史劇という点と既存には見られなかったフュージョン史劇であることを集中してみてくれとお願いした。 特に彼は“今回のドラマはファンタジーとロマンスが合わされたという点に注目する必要がある”として“劇が展開するほどより一層興味深くなる反面愛に痛く感じる主人公らの姿に視聴者たちが没入できるだろう”と自信を表明した。

一方<太陽を抱いた月>は久しぶりにブラウン管に復帰するハン・ガインと<ドリームハイ>を通じて一気にスターダムに上がったキム・スヒョン、<美男ラーメン屋>で美男財閥人を演技して女心をひきつけたチョン・イル、<童顔美女>で悪役で顔を知らせたキム・ミンソの出演で期待を集める作品.

去る2010年放送されて旋風的な人気を呼んだ<成均館スキャンダル>の原作小説を書いたりもしたチョンウングォル作家の同名小説を脚色したMBC水・木ミニシリーズ<太陽を抱いた月>は悲しいが美しくて、純粋なのでより一層悲壮な二人の男女のつらい愛をブラウン管に表わす予定で来る4日(水)夜9時55分に初放送される。

[ユニオンプレス 2012-01-03 03:34] 元記事はこちらから

ss20120103-10.jpg ss20120103-11.jpg

イルくんたら^^
別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
<<ソン・ジェリム“王を最側近で護衛する武士‘ウン’です” | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | ‘太陽を抱いた月’ハン・ガイン“全身燃やすという覚悟で演技する”>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。