いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
美男電撃分析、チャン・グンソクVSユ・アインVSソン・ジュンギ
使うほどの若い俳優がないといつも歌を歌った韓国映画界に20代俳優3人衆チャン・グンソク、ユ・アイン、ソン・ジュンギが金星のように現れた。 それにしてもあちこちで三人を比較分析するのに大騒ぎだ。 することならば正しくしよう! <ムービーウィーク>が十種類項目を基準として三人を鋭く解剖した。 これは<ムービーウィーク>が彼らにあたえる主観式成績表だ。

◇チャン・グンソク




身体検査

本当に妙な隈がある。 これは普通女からよく現れる様相なのに、時には明るい子供のようで時にはとてもあくどく見えたりもする。 肉を若干太らせればかなり経た男性美が出てくるが、肉を少しだけ抜いても即座にこの時代が願うバイセクシャルな感じに変身する。 ヘアースタイルによっても雰囲気がさっとさっと変わる。

教科成績

あまりにも持って生まれた。 幼い時本人が願ってカメラ前に立ったほどとか。 持って生まれた適応力と明るい性格も俳優生活に多いに役に立ったようだ。 経歴が硬い演技者らしく正劇とシチュエーションコメディ演技を自由に行き来する。 個人技に期待は緩いキャラクターより、それがどんなジャンルであろうと完ぺきに計算されたキャラクターに会った時内面空白があらわれるようだ。

優秀科目

<美男ですね>(SBS,2009)の黄苔頃. 絶対的な視聴率が高くはなかったが体感視聴率だけはチャン・グンソクの作品中最高であろう。 天才的な実力と潔癖症を持った傲慢なミュージシャンという、ファンタジーに近いキャラクターをチャン・グンソクは土地に取り付くようにした。 歌手劣らない歌実力はキャラクターのリアリティーをさらに生かした。 黄苔頃の魅力で日本列島を揺るがすことも。

幻想の相棒

<美男ですね>の‘コミナム’パク・シネ. 男の振舞いをする典型的な迷惑型女キャラクターだったが、ファンテギョンに会って翼をつけた。 ファンテギョンが圧倒的になごやすぎて突然にコミナムにも同情票と憐憫の情が傾いた。 実際にもパク・シネは‘グンチャン’のファンを自任すると。 最近日本、東京ドームで開かれたチャン・グンソク コンサートにも参加して幻想のデュエット曲をお目見えしたし、彼のファンたちはパク・シネがうらやましくて身をすくみあがらせた。

性格評価

もしかしたら好き嫌いが分かれることもできる性格だ。 エネルギーがあまりにもあふれていつも沸きかえった話題の中心にあるが、沈黙する時は人を緊張するようにさせる。 基本的に明るくて好奇心があふれる。 人を繊細に配慮する能力よりは無関心なようになど一度ポンとたたいて過ぎ去って慰める能力がさらに優れたようだ。 彼とともに作業した俳優ら大部分は‘チャン・グンソク’といえば指を上にあげる。

将来希望

ハリウッドに行ってハリウッド女優と結婚したいという話をしたことがある。 それと共に“ハリウッド女優とみな白人であることは違わないか? なぜそのような偏見を持っているだろう?”として面と向かって責めた。 なので、白人一色のハリウッドで自身の夢を広げるほどの馬鹿力を持った人ならば配偶者で本当に良いという意だった。

既にアジアを制覇したのでハリウッドと行けない必要はなくないかという抱負とともに!

特技事項

とても多い。 ひとまずダンス! 気が向けばどこででも踊る。 自身が‘芸能人’であることを全く意識しないように新宿公園でも授賞式場レッド カーペットでも地団駄を踏んでこの頃ささったシャッフルダンスを踊る。 マーケティングや企画にも関心が多いようだ。 日本アリーナ ツアーの舞台演出も直接構想したと。 退屈なのを敬遠していつも新しいものを探すレーダーを持っている。 ファンたちに見どころを惜しみなく提供したい天生エンターテイナー.

放課後活動

ツイッター. ‘ポクトゥ’とする。 時々明け方だけなれば大量にメンションがあふれるのに丁寧にコメントだけ甘くなくてリツイートでコメントをするほうだ。 ナルシシズムに陥ったような文等が大部分なのにこれが妙な中毒性がある。 そして映画学徒らしくシナリオも書く。 今まで書いたシナリオが十編を越えるというがまもなく卒業作品を撮影する予定だ。 素材も、テーマも、主人公も全部‘チャン・グンソク’だ。

本当に上手にしました

“エネルギーがあふれる。 私もかなりそうする方なのにグンソクは本当に自分の仕事を楽しんだよ。 おかげで撮影会場で気持ちダウンする余裕がなかった。 後背地だけとても大人っぽくて、とても責任感あるように行動する。 ほめることが多くの俳優だ。 この頃チャン・グンソクがうまくいく理由を分かるようだ。” <君はペット>で公演したキム・ハヌル

※チャン・グンソクは‘妖物’だ。 美しくて魅力あって愛を一人占めする方法をあまりにもよく知っているから!

◇ユ・アイン



身体検査

下手すると見違える。 <結婚できない男>(KBS2,2009)に建築事務所末っ子職員に出てきた時だけでもとてもあどけなくて小さく見えたが、何年間にがっしりした社内ができた。 181センチメートルの大きい身長、薄黒い皮膚、にょきっとした鼻、濃厚な眉毛のような顔付きも一役買うが、何よりユ・アイン自らそっけなくて経た粋を楽しむ感じだ。 同じ年頃男芸能人らのように、かなりの女頬打ちするようにやわらかくてなめらかな美貌を飾るのを別に好きではないようだというだろうか。

教科成績

人物の内心が見えるように演技する。 何もないふりをしても内心震えているのが見えて、へらへらしていても中にかたい芯が打ち込まれているのが感じられる。 それは役割を計算するのでなく気持ちで感じる時可能なことだ。 そのような感性こそ持って生まれることだ。

優秀科目

<成均館スキャンダル>(KBS2,2010)のコロ。 最終回で最高視聴率14.3%をとった。 アウトサイダー青春の孤独な魅力でその間の弱いイメージを一度に飛ばした。 頭からつま先まで粋をちらちらと漂ったものを奥義服を脱いだ彼は直ちにみすぼらしくて不遇な青春の服を着た。 <ワンドゥギ>で主人公ワンドゥギを演じて安らかで豊かな演技を披露したこと。 去る11月27日まで476万観客が屈しない青春ワンドゥギを応援した。

幻想の相棒

<ワンドゥギ>でドンジュ先生を演技したキム・ユンソク。 ワンドゥギとドンジュは瞬時見れば互いに生きられなくふるまうようだが分かってみれば俗情がこのように深くなれないサイダー. ‘トンジュ’先生が口癖のように“こいつ、トワンドゥギ!”と呼べば嫌いで死にそうだというような表情できちんと見て回るワンドゥギの顔. 愛情と憎しみをさしつさされつする呼吸がなかなか気立てが優しくない。

性格評価

キム・ユンソクはユ・アインに対して話しながら‘飛仙形跡思考’という表現を使った。 正確だ。 ユ・アインは明るい‘直線’の人間でない。 彼は人生全体を疑って、反問して、染み入って、すぐ全く予想できない突破口を捜し出す。 だから考えが深くて、行動はのろい。 だが、それだけ自身の選択を丈夫に信頼する。 彼の飛仙形跡思考に波長を合わせることさえできるならば、近ごろめったに見ない‘まじめな人’を発見することになること。

将来希望

今から10年、20年が流れた時必ず自分生活を送る俳優になりたいんだ。 “たびたび俳優ユ・アインと人間ユ・アインを分離して考えることができない時もある。 だが、必ず他人に露出しない普通の人生、私の生活を送ることだ。”

特技事項

文を書く知恵がある。 一人で浮気心敵してしまうには惜しいほどだ。 考えに秩序があり感性も豊富だ。 コラムニストで活動すれば終わらせると思うが、今からでも<ムービーウィーク>にしてはいけないだろうか?

放課後活動

ユ・アインのツイッターを見ていれば彼がどれくらい考えが確固たるの人なのか感がくる。 人々表情見なくて自分の意見を明確に明らかにする。 最近ではFTA問題で対立した政界に向かって‘何のための保守で何のための進歩か’で厳しい忠告を与えることもした。

本当に上手にしました

“年齢に比べて中深くて大人っぽい。 話はぷつんと投げるようでもイェリコ優しい胸の内が感じられた。 幼い友人がおしゃれしないで演技することができる。 持って生まれたようだ。 撮影しながら‘私がもしこの友人をのがしたらどうするところだったか!’と何度も考えた。” <ワンドゥギ>を演出したイハン監督

※ユ・アインは‘放浪者’だ。 多くの同じ年頃俳優が彼の自由な道を慕うが、彼の終着地がどこか計ることができないから。 誰も分からない。 まだ彼さえも。

◇ソン・ジュンギ



身体検査

大学に行く前には誰でも想像するが、実際に行けば絶対会うことはできない‘イケメン先輩’の完全体. 細いことも太くもない顔の表情のおかげで一層顔色がやや白く綺麗な印象だ。 細かいほくろ一つないきれいな皮膚は女優らほおを鋭く振って残るほど。 ‘白玉のような皮膚’という話はソン・ジュンギにだけ許諾する方法でも推進しなければならない態勢だ。 断定したヘアと衣装がよく似合うが、一回ぐらいイメージ変身するのも悪くない時点だ。

教科成績

基本技が立派だ。 一人で飛ぶ演技を披露する時より全般的な調和を重視する時本人がより一層引き立って見えるということを知っているおかげだ。 出演分量や比重など大きく気を遣わないで役割の魅力度を几帳面に見回した後作品を選択する審美眼が良い。 2008年デビュー以後長くない時間の間安定した演技力を構築できた理由だ。

優秀科目

当たり前のようにふてぶてしい<成均館スキャンダル>(KBS2)のク・ヨンハも抜群だ。 しかしただ4回出演だけでテレビ劇場に‘ソン・ジュンギ熱風’を起こした<根強い木>(SBS)があまりにも強力だ。 苦悩する若い二度を演技したソン・ジュンギは爆発しそうな感情を中にしずめる容易ではない内面演技を消化した。 そして非常に硬い演技力を整えた演技者であることを視聴者たちに刻印させた。

幻想の相棒

一般的なロマンス演技も悪くないけれどなぜか平凡な印象だ。 代わりに男演技者らといる時その魅力がより一層引き立って見える。 ‘美男軍団コルリョン上中1人’という致命的なハンディキャップを抱いても引き立って見えた<サンファジョム>(2008)での存在感を見よ. 何といっても<成均館スキャンダル>コロ(ユ・アイン)とのスキャンダルが圧巻だ。 これは2010年KBS演技大賞‘ベスト カップル賞’が証明する。

性格評価

いわゆる‘FMスタイル’だ。 どんな質問をしても模範答案に近い賢い返事を出して、スタッフや業界関係者たちに行儀よくして礼儀正しいことで有名だ。 とうとうたるスター意識を整えた演技者とみるより近い知人から受ける身近さが漂う。 ‘スター病’かかる間なしで比較的遅れた年齢にデビューしたのが一役買うように。

将来希望

俳優として特定ポジションを持つことにはたやすくは関心ない。 一方向でイメージが固まるのを警戒するようだ。 まだ多くの冒険を試みなかった彼としては近い期間内に成し遂げたい希望やはり次第素朴な水準. ソン・ジュンギは国内放送会社と各種映画祭の主演男優賞を狙う。 “大衆の愛ぐらい”でも業界関係者たちの認定やはり重要だと考えるためだ。

特技事項

それとなくギャグ欲が多い。 多少気性が短期で何でも熱心にしてこそ気がすむ性格であることは数ヶ月間身を置いた<日曜日が良い-ランニングマン>(SBS)を通じて明らかになった。 しかし瞬発力より準備された姿勢が引き立って見えるコント式の芸能スタイルがさらに合うようだ。 全国の姉らを寝不足にさせた<ギャグ コンサート>(KBS2) ‘生活の発見’コーナーで時針急に離して見せた演技は期待以上だった。

放課後活動

演技の他に特別な活動で目につかないというのがかえって特異事項. ショーMC部門に野心を育てているように見られるがまだ本格的に検証する程ではない。 独特の履歴ならば皮膚管理ノウハウ書籍を出版したという点。 化粧品モデルにも活動中のところ誰でも認める‘肌ハンサム’という点を十分生かした活動だ。 長所の極大化、戦略が良い。

本当に上手にしました

“ソン・ジュンギは分析する俳優だ。 欲も多くてあまりにもしようと思うのが多い。 調整が必要なほどだ。 瞬間集中力も卓越して現場でびっくりする時が多かった。 そのためにコンジン場面らも多い。 ズボン踊りに手を入れてあちこちかくのはシナリオにもない場面だ。” <塵集めてロマンス>を演出したキム・ジョンファン監督

※ソン・チュンギは‘ホヤ’だ。 平凡なように物静かにペースを維持して‘ごつんと’と一発に味を出すことができる。

[MOVIE WEEK 2011-12-06 10:24] 元記事はこちらから

※ソンスコンビやるなあ^^
別窓 | [ユアイン]その他話題 | コメント:0 | top↑
<<チョン・イル、'太陽を抱いた月'合流?…"現在の肯定的検討中" | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | チュウォン下車、韓国ドラマ問題点そのまま表して>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。