いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
チュ・ウォン、'太陽を抱いた月'合流…3年打席興行狙う
俳優チュ・ウォンがMBC新しい水木ドラマ'太陽を抱いた月'にキャスティングされながらブラウン管とスクリーンを行き来して忙しい歩みを継続している。

'太陽を抱いた月'(脚本チン・スワン. 演出キム・ドフン製作パン・エンターテインメント)は'成均館儒者らの毎日'等を執筆した人気作家チョンウングォルの同名小説を原作にした作品で、朝鮮時代仮想の王イフォンと巫女月の愛を描いた歴史ロマンス物だ。

劇中チュ・ウォンはイフォン(キム・スヒョン扮)より二才多い腹違いの兄であり後嗣がないフォンに代って王位継承序列1順位の陽明君役を担う。

特に陽明君は悲しいが明るい光(陽明)というシノプシス上のキャラクター説明のようにとても魅力的な人物だ。 2年前初めての夫人を失って今はシングルの'自由のからだ'のように名君は悠悠自適風流男児で、表面では虚々実々や内面は五里霧中だ。

王イフォンに後嗣がないので陽明君は自身の意志と関係なしで尊体自体が威嚇的な人物だ。 そうだと見ると偽装術と変装術にとてもたけている。

秘密の部屋に変装に使われるカチェ、衣装、鼻ひげなどがいっぱいで妓生の家の前で妓女の名前を号泣して呼ぶかと思えば巫女集を自分の家出入りするあらゆる奇行を犯す、全体的に神秘に面白味が感じられるキャラクターだ。

特に剣術と風流に堪能な陽明君は後日巫女月を置いて王イフォンと交錯した愛の物語を描いて劇の中心錘役割をすることになる。

チュ・ウォンは昨年'国民ドラマ'隊列に上ったKBS 2TV水木ドラマ'製パン王キム・タック'に続き週末ドラマ'烏鵲橋(オジャッキョ)兄弟ら'で連打席興行記録を書いていきつつある。 ここに'太陽を抱いた月'で3年打席興行という記録達成にも挑戦することになる。

[マイデイリー 2011-11-24 15:36] 元記事はこちらから



※変装したり奇行の数々、どんなキャラなんだ~(笑)。
別窓 | [太陽抱月]キャスト | コメント:0 | top↑
<<チュ・ウォン、MBC '太陽を抱いた月'陽明君役抜てき | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | チュ・ウォン、キム・スヒョン引き続きMBC「太陽を抱いた月」主演確定>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。