いるぼん本室からダダモレした萌えの集積救済所。キムナムギル、成均館、イジェフンネタ多し~。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
‘ワンドゥギ’ユ・アイン“私の世界、私の演技に押し込まれていて..”(インタビュー①)
卵を破って出たという表現が適当だろうか?

ユ・アインはドラマ‘成均館スキャンダル’コロ・ムンジェシンと映画‘ワンドゥギ’トワンドゥギを通じてスター性が多い20代演技者では得るのが難しい俳優というタイトルを握った。 ここに一緒に演技力まで完ぺき、硬いフィルモグラフィーを積み上げて自身の地位を固めた彼は本当に‘すべて’した。

ユ・アインは映画‘ワンドゥギ’封切り前進行されたニュースエンとインタビューで‘ワンドゥギ’で勝ち取ったものなどを要目条目説明した。 20代俳優がこのように負担になることも大変という気がする頃一回ずつ力強く笑って手早く片づける彼の姿は普段ユ・アインのイメージを判断する単語の中の一つイン‘カササギを’ということを削除してもかまわない性したかった。

ユ・アインはキム・ユンソクと共に‘ワンドゥギ’を導いていく中心軸だ。 メントとメンティの関係を描くが映画はトワン得という人物の成長期を細心に扱う。 彼はトンジュソンセンの手中の下でどのようにすれば抜け出そうかと思う平凡な高校生であるように見えたが分かってみると基礎生活受給者でまた、分かってみるとフィリピン ママとコプチュ パパの間で生まれた混血児だ。

“ワントップだとあえて話してもかまわないでしょうか?”といたずらに尋ねたところユ・アインは“ワントップ? そのような恐ろしいお言葉を..”としながらさっと笑った。 もちろん‘トンジュソンセン’キム・ユンソクを抜いておいて‘ワンドゥギ’を説明することはできない。 だが、高校生ワン得人が感じる心理と完全な成長期だけおいてみてもユ・アインの魅力は200%発揮される。

“かかることなしでよく読まれるシナリオがぴったり目に映りました。 常によく読まれる台本があるのにその時は読みながら私がすでにキャラクターに移入されていましたよ。 絵が描かれてそのように読んだらこれは私の消して。(笑い)運が良くキャスティングになってそうしたが‘ワンドゥギ’という私が待った適切な時期に私を訪ねてきてくれたようで前後測らないでぶらさがったし撮影する時もワンドゥギで生きたことのようです。 私がワンドゥギを望んでいました。”‘ワンドゥギ’でキム・ユンソクとユ・アインの呼吸は男女他人同士関係を離れて想像以上だ。 とてもかなり以前から分かってきたように二人のどうのこうのは‘ワンドゥギ’の活躍素だ。 キャラクター自体がところが演技面でも絶対押されない感じる。 かえって大胆に見えるユ・アインは大先輩とともにする作業が少しは負担にならなかったのだろうか?

“’ワンドゥギ’という私が選手の振りをしてしなければならない映画でした。 私はまだ選手ではないが(笑い)常に演技はパートナーと同等しなければならなくなり得るということだと考えますね。 当然大先輩とともにするから負担はなったが演技する時だけはひたすらワンドゥギの姿で‘私はワンドゥギ’という考えだけ頭の中に思い出させましたよ。 演技は戦いではないからしょげるというのは話にならないようです。 意見をやり取りすることが自然でまた、当然の現場であったし私はその現場中にあったから。 意見があるのに後輩なので話にもならなくてそのような場合はなかったです。”キム・ユンソクに対して“他の人々が難しく見るということだけで恐ろしい方ではない”と話したユ・アインは今回の映画を撮って言葉どおり思う存分遊んだ。 現場自体が走りまわる運動場を作る感じだったと。 ‘思う存分遊んでみろ’するのでそのように遊んでしまった。

“作品を見る目が一層広くなりました。 キム・ユンソク先輩は本来作品をひと目で見る方でそのような姿を見ながら‘私の演技するが上手で良いのではないね’という考えましたよ。 計算した演技でなく俳優として本能的に可能でなければならない態度らに対してたくさんひらきました。 私の世界にだけいて、国は俳優の演技の中にだけ押し込まれていてもう少し広い視野を持つようになったのが今回の映画を撮影しながら最も大きく習うことになった点です。 率直に俳優自ら自分の演技に客観化されることは容易ではないでしょう。 誰でも同じこと起こりそうです。”

[ニュースエン 2011-11-05 08:58] 元記事はこちらから

ss20111105-1.jpg ss20111105-2.jpg ss20111105-3.jpg

※出かける支度中なんで省略~。
別窓 | [ユアイン:映画]ワンドゥギ | コメント:0 | top↑
<<ユ・アイン“反抗児イメージ悪いと? 良いことをどうして”(インタビュー②) | いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 | チャン・グンソク-ユ・アイン、虚勢で大勢で'新アイコン'>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いるぼん別館☆韓国ドラマ「太陽を抱く月」トキメキ資料室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。